スポンサーリンク

スカーレット第44話ネタバレ感想!照子が結婚して、かわいい

連続ドラマ

11月19日、NHK連続テレビ小説「スカーレット」の第44話が放送されました。
 
 
喜美子は悪戦苦闘の末、新デザインを描き上げる。師匠の深野のお墨付きをもらい、喜美子は早速、社長にプレゼンすべく事務所へ向かう。途中で役場勤めの信作と出くわし、信作を伴い事務所に入る。喜美子が本題を切り出す前に、信作が火まつりの話題で盛り上がり、新婚の照子も登場。
 
 
この記事では、11月19日放送の第44話のネタバレ感想について、お伝えいたします。
 
 

スポンサーリンク

前回までのあらすじ

修行を始めてから2年半後の冬、喜美子はとうとう親方から絵付けを許された。
 
それは、親方が貴美子を一人前と認め、給料をもらえるということを意味していた。
 
家族、とりわけ常治は大喜びだった。
 
酒場で親方に、貴美子は途中で逃げ出すような娘ではないと断言しただけに、喜びもひとしおだった。
 
 
 
年が明けて季節も夏になると、会社も新作を発表する時期になった。
 
親方は新作の火鉢の図柄を弟子たちに見せた。
 
そして、喜美子にも意匠図を描いてみないかと持ちかけた。
 
一番、二番の弟子たちは、前の年番頭から失格と言われ懲りてしまったのだ。
 
貴美子もそれを知っていたため躊躇したが、親方が何度でも挑戦しつづけろと励まし、喜美子も図柄を描いてみることにした。
 
貴美子は、一日中図柄を考えていたが、親方の言葉にヒントを得て、喜美子がこれまで関わった人々のことを思い出した。
 
その人たちが喜んでくれるのはどんな図柄なのか考え抜き、図柄を描いてみた。
 
 

スポンサーリンク

スカーレット第44話のネタバレあらすじ

出来上がった貴美子の意匠図を見た親方の反応は、喜美子には良いのか悪いのか見当もつかなかった。
 
しかし、親方が駄目だとはいわなかったので貴美子は社長にその意匠図を見せに行った。
 
貴美子が、すうっと息を吐いて事務所に入ろうとしたとき、喜美子に声をかける者がいた。
 
信作だった。
 
貴美子が用があるのは、信作ではなく新作のほうだった。
 
気軽に話しかける信作の口を、貴美子の手がふさいだ。
 
しかし、信作は貴美子の気持ちを知らずにはしゃいでいた。
 
貴美子もつられてはしゃいでしまった。
 
どうやら信作は、役所の観光課に勤めていて仕事で来たらしい。
 
大声で話していると、番頭が事務所から出てきて他でやってくれと言う。
 
 
 
出鼻をくじかれた貴美子は、おずおずと事務所に入る。
 
貴美子が社長に話しかける。
 
一枚の紙をもっているので、親方からは聞いていると社長は言ったが、興味はなさそうだった。
 
そこへ、信作が入って来た。
 
貴美子はまだ意匠図を渡せずにいた。
 
相変わらず、間の悪い奴だ。
 
もう少し待てないのか。
 
案の定、社長の興味は信作に向いてしまった。
 
昨日の飲み会からの話と、信作の持ってきた企画の話になった。
 
信作の企画書は番頭に渡された。
 
そして、喜美子の意匠図も番頭の書類の上に無造作に積まれた。
 
社長がフカ先生に頼まれたというから、仕方なく受け取った格好だ。
 
番頭は、ため息をついた。
 
貴美子は、今年採用されなくても、毎年持ってくると言った。
 
その図柄を考えること自体が楽しいからと社長に伝えた。
 
そのとき、となりの社長室にいた男が振り返った。
 
照子の婿だった。
 
貴美子も信作もすでに知っていた。
 
新年会は常治がよく行く酒場で、照子がふたりに不満をもらしていた。
 
見合いの相手が嫌いだったのだ。
 
非常に頭の良い男らしく、照子の両親が結婚を決めてしまったとのことだった。
 
そう言うと、照子はビールを一気飲みしたのだ。
 
 
 
ふたりがそのときのことを思い出していると、照子がフルーツを持って事務所に入ってきた。
 
照子は似合わない愛想笑いを浮かべてふたりの前を通ると、社長室の婿の前のテーブルに、なんと片膝をついて婿にそれを奨めた。
 
ふたりはまた、酒場で悪態をついていた照子の豹変に目を丸くした。
 
婿に一緒に食べないか、と声をかけられたふたりは、一緒に逃げ出した。
 
そして、事務所を出たとたん爆笑した。
 
照子が追いかけてきた。
 
誰もいない食堂に入り、ふたりは照子をからかった。
 
信作が照子に、下から目線でも話せるんだ、とからかうと照子は信作が彼女と別れたことを持ち出して逆襲する。
 
照子は貴美子には男性経験が無いと言って反撃。
 
貴美子は、照子が婿の敏春を好きになったとズバリ言う。
 
照子は、酒場とはうって変わって婿の自慢をする。
 
各地の陶芸にも詳しく、あの富士川のことも知っていた。
 
しかし照子は、信作が照子の亡くなった兄の話をすると、遠い目をした。
 
照子は、母に言われて婿に料理も作っていた。
 
お嬢様そだちなのに、照子なりに家事をこなしていたのだ。
 
 
 
いっぽう敏春は、帳簿を見て社長と番頭に、このままでは信金から貸付けを受けられないと言う。
 
社長は、先代からの付き合いだから大丈夫だと言う。
 
そして、世相の移ろいくらい心得ているとも言う。
 
番頭が、親方を見出したのは他ならぬ社長だと言い添える。
 
しかし敏春は、もう親方の時代ではないのでは、と疑問を投げかけた。
 
しかし社長は相手にせず、立ち去った。
 
敏春は、先ほどの貴美子の話を思い出し、番頭の机に残された意匠図を見てみた。
 
 
 
信作が貴美子に両親が離婚の危機にあると言う。
 
実際、店先で陽子が忠信を追いかけ回している。
 
人目もはばからず。
 
 

スポンサーリンク

スカーレット第44話の感想

ビックリ!
 
結婚したのは、照子だったのですね。
 
信作ではなく。
 
しかも、なかなかの良妻?みたいで、やりたいことが見つかり良かったですね。
 
ただ、まだ兄のことが忘れられないのですね。
 
信作も、そんなんだから、彼女にふられちゃうんでしょうね。
 
間が悪いうえに、ちゃらいから。
 
貴美子も絵付師として一人前になったし三人三様、しっかりと自分の人生を歩き始めたようです。
 
 
 
それにしても喜美子のあの図柄は、伝統文様に加えバラをデコライズするとは斬新ですね。
 
敏春はどう評価するでしょうか?
 
楽しみです。

スポンサーリンク

スカーレットを見逃した!見逃し配信を視聴する方法

スカーレットを第1話から最新話までリアルタイムで見たいと思っていたのに、見逃してしまった方もいるのではないでしょうか。
 
 
朝という時間帯は忙しい人も多く、見忘れてしまうこともあると思います。
 
 
でも、安心してください!
 
 
スカーレットを見逃してしまった方のために、見逃し配信を視聴する方法について、まとめたので、見てみてください。
 
 

 
 
再放送やダイジェスト放送などもあるので、見逃した場合は、参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました