スポンサーリンク

Diner ダイナー(映画)のオオバカナコ役は誰?玉城ティナは全裸のウェイトレス

新作映画

映画「Diner ダイナー」が2019年7月5日に公開されます。

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画です。

原作は平山夢明氏による小説で、第28回日本冒険小説教会大賞、第13回大藪春彦生を受賞した作品。

映画「Diner ダイナー」では、殺し屋ばかりのキャストですが、唯一の一般人役が「オオバカナコ」です。

主演のボンベロ役は、俳優の藤原竜也さんですが、重要な役柄の「オオバカナコ」のキャストは誰なんでしょうか?

この記事では、映画「ダイナー」のオオバカナコ役は誰なのかについて、お伝えいたします。

スポンサーリンク

ダイナーのあらすじ

そこは、店主も客も、全員殺し屋のダイナー(食堂)

主演・ボンベロ(藤原竜也)は、殺し屋専門の食堂「キャンティーン」の店長でシェフ。元殺し屋ですが、天才的な料理の腕を持っており、お客さんの好みを覚えていて、完璧な料理を提供していきます。

しかし、お客さんは殺し屋なので、気性が激しく、殺すか、殺されるかの日々

オオバカナコは、ほんの出来心で怪しいサイトのバイトに手を出し、一瞬で普通の生活から転落、ボンベロに買われて、キャンティーンのウェイトレスになります。

ダイナーで、店主のボンベロに出会い、「ここは、殺し屋専用のダイナーだ。皿の置き方一つで消されることもある」の言葉通り、次々と凶悪な殺し屋たちが現れます。

キャンティーンに訪れる殺し屋たちのとの怖いエピソードやボンベロとのやり取り、そして、極限状態の日常に放り込まれてしまったカナコが命を懸けていく衝撃のサスペンスストーリーです。

スポンサーリンク

ダイナーのキャスト

映画「ダイナー」のキャストはこのようになっています。

映画『Diner ダイナー』特報【HD】2019年7月5日(金)公開


・ボンベロ:藤原竜也
・スキン:窪田正孝
・キッド:本郷奏多
・ブロ:武田真治
・カウボーイ:斎藤工
・ディーディー:佐藤江梨子
・ブタ男:金子ノブアキ
・マテバ:小栗旬
・マリア:土屋アンナ
・無礼図(ブレイズ):真矢ミキ
・コフィ(キャンティーンのオーナー):奥田瑛二

窪田正孝さんが演じるスキンは、ダイナーに集まり、顔じゅう傷だらけの孤高の殺し屋。本郷奏多さん演じるキッドは、見た目は子供のような姿をしているサイコキラー。実は、中年ですが、大金と時間をかけて、子供の容姿を手に入れています。

キッドは、ボンベロの愛犬・菊千代を半殺しにして、カナコを誘拐します。

スポンサーリンク

ダイナーのオオバカナコ役は誰?

オオバカナコはどこにでもいるごく普通の一般人、事務用品会社に勤める25歳のOLで、月給14万円、セレブ生活に憧れるも、平凡な日々を過ごしていました。

そして、仕事が長続きせず、自堕落な生活を送っていた。

ある日、ネットを見ていたら、高額なアルバイト募集を目にします。その仕事とは、なんと運転するだけで1日30万円もらえるというもの。

普通は怪しんで応募しないわけですが、カナコはこれに応募してしまいます。そして、その瞬間から、彼女の悪夢は始まります。

1日30万円の雇い主はある事件を起こし、組織に捕まり、カナコも同様に捕まってしまいます。

捕まった後、壮絶な拷問があり、人身売買にかけられます。そして、カナコは、ボンベロがシェフをしているキャンティーンのオーナー・コフィに買い取られます。カナコは働くか死ぬかを選ぶしかない状態となり、キャンティーンで働くこととなります。

キャンティーンでの仕事は、普通のウェイトレスとは少し違い、あくまでボンベロの命令に従うだけで自分の考えや意見を言うことは許されません。

お客さんは殺し屋のみなので、お客さんに殺される可能性もあるというわけです。もし、お客さんに殺されそうになっても、「ボンベロは助けない」という約束となっています。

過去にも何人かウェイトレスがいましたが、客に殺されるか、ボンベロに殺されるか、そのどちらかだったと言います。

店内には死体たちがゴロゴロと転がっていた。カナコの命がけのウェイトレス生活が始まります。

カナコは、組織に捕まったとき、DDとともに裸にされています。

裸にされるということから、カナコのキャストに注目が集まっていました。「ダイナー」は蜷川実花監督の作品で、蜷川実花監督のといえば、過去に沢尻エリカさんが過激なシーンをして、話題を集めたこともあり、今回も過激なシーンがあるのではと話題になっています。

カナコ役を演じるのは、女優の玉城ティナさん。

スポンサーリンク

玉城ティナのプロフィールや出演作品は?


<プロフィール>
名前:玉城ティナ(たましろ ティナ)
年齢:21歳
出身地:沖縄県
血液型:O型
身長:164 cm
職業:女優、ファッションモデル、アイドル
事務所:Dine and indy

玉城ティナさんは、父はアメリカ人で母は日本人のハーフの女優さんです。

部活着で友達と家の近くを歩いていた時に事務所の社長にスカウトされ、芸能界デビューします。

2012年7月、「ミスiD(アイドル)2013」で「ミスiD2013グランプリ」を受賞し、雑誌「ViVi」2012年10月号から専属モデルとなり、2014年8月号で初の単独表紙を飾りました。

女優としては、ドラマデビューは、2014年1月スタートの「ダークシステム 恋の王座決定戦」で、映画デビューは、2015年6月27日公開の「天の茶助」でした。

「ViVi」の専属モデルは、2018年で卒業し、2019年2月号のviviで専属モデルとして最後の表紙を飾りました。

玉城ティナさんは、グリコや資生堂、リクナビNEXTなどのCMにも出演しています。

玉城ティナさんのCM動画を集めて見ました。

・オフィススイーツ大作戦/グリコDororich(ドロリッチ)のCM

玉城ティナ出演・オフィススイーツ大作戦/グリコDororich(ドロリッチ)CM

・資生堂のCM

【玉城ティナ】 資生堂 CM

・リクナビNEXTのCM

【リクナビNEXT】玉城ティナ「転職で、ネクスト。」歌&ダンス編B
スポンサーリンク

まとめ

映画「ダイナー」のオオバカナコ役は誰なのかについて、お伝えしました。

オオバカナコ役を演じるのは、女優の玉城ティナさんで、原作では、全裸のウェイトレスのシーンがあるため、どこまで映画で再現されるのか注目が集まります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

では。


■オススメの動画配信サービス■


<FODプレミアム>

・シャーロック
・まだ結婚できない男
・モトカレマニア
・リカ
・あいのり

などが1か月間無料視聴できます


<Paravi>

・グランメゾン東京
・4分間のマリーゴールド
・G線上のあなたと私
・水曜日のダウンタウン
・パパジャニWEST

などが30日間無料で視聴できます


<U-NEXT>

・名もなき復讐者 ZEGEN
・おっさんずラブ
・娼年
・LDK
・アベンジャーズ/エンドゲーム

などが31日間無料視聴できます


新作映画
スポンサーリンク
ムビチャンをフォローする
ムビチャン
タイトルとURLをコピーしました