スポンサーリンク

ブラック校則(ドラマ)3話の見逃し動画の無料視聴方法!ネタバレあらすじと感想も

連続ドラマ

ドラマ「ブラック校則」は、ある高校に通うふたりの男子高校生が「男女は1メートル以上離れる」「授業中のトイレは男子1分以内、女子3分以内」「ペットボトルの持ち込み禁止」など生徒にとっては理不尽な「ブラック校則」に立ち向かう姿を描くドラマ。
 
 
今回は、「ブラック校則」第3話のネタバレあらすじと感想、見逃し動画を無料視聴する方法とについて、お伝えいたします。
 
 

▼今すぐ「ブラック校則」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

今ならhuluは2週間無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「ブラック校則」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はhuluのサイトでご確認ください。
スポンサーリンク

「ブラック校則」1話から最新話までのネタバレと感想

「ブラック校則」1話から最新話までのネタバレあらすじと感想はこちらです。
 
 

スポンサーリンク

ブラック校則3話のネタバレあらすじ

タピオカ

 希央が創楽と初めて話したとき、希央はいつものようにスクラップ工場で、暇をもてあましていた。

クラスのなかでも空気のような存在の創楽からすれば、かなり勇気を振り絞って希央に話しかけた。話しかけられた希央は、創楽の名前すら知らなかった。

 それでも、創楽は希央に校則についてのことを話し始めるのだった。

希央に、いまは妥協して髪を黒く染めて、学校に来るべき。そのうちおれたちが校則は変えてみせるから、一緒に卒業しようと、必死に創楽は学校に来るよう希央を説得するのだった。

 やがて多少打ち解けたのか、創楽は希央とタピオカを飲みながら、自分のことを語りだす。

創楽は、幼稚園のころから、何かと一人ぼっちになる恐怖におびえていた。そして、創楽は、奇数と偶数に特別な思い入れがあった。

なぜかというと、二人組になるように言われたときも、3人の班を作ろうとしても、結局創楽はいつも余ってしまったからだ。そんなことを悩んでいるうち、創楽は、完全数を発見したことまで、希央に説明する。

 そんな創楽の身の上話も、希央には何も響いてないように見えた。

ホルモンパン

 ある日、創楽は中弥のバイト先であるパン屋「ドネ」にいた。中弥が作った新しいパンを試食してもらうためだった。その名も「ホルモンパン」という。創楽はそのパンを大絶賛し、様子をみた店長が、その発売を決定する。なんともユルイ店長だ。

そのあと、ひょんなことから創楽は店長と二人でビリヤードに出かける。

ビリヤードをしながら、創楽が店長にバイト先での中弥のことなど聞き始めた。すると、親友であり、中学のときからずっと一緒だった中弥のことなのに、ほとんど知らないことばかりだった。

バイトを始めたのは、中弥の父親が過労死で亡くなってからということ、母親からは父親のように過労死するんじゃないかって心配されていること、そしてバイト代は家にいれているということなどである。

 そんな中弥にとってある事件が起こってしまう。それは学校で禁止されているバイトをしていることが何者かによって、学校にバレてしまったのだった。

生徒指導室に呼ばれ、教師たちに問い詰められる中弥。「やってません」としらを切りとおす。最後には「今日確認に店に行くから、それでバイトしていたら退学でも問題ないか?」と言われしまう。

ブロッコリー

 ここで中弥は一計を案じる。この退学の危機を回避するためである。もちろん、創楽の協力あってのことだが。

まず、中弥は少しずつクラスの中でも存在が認知されはじめていると言って、創楽の警戒心を解きほぐす。そして、「逆ハロウィン」というものを自ら生み出し、創楽に信じ込ませる。

これまで何もかも受け身に回っていた行動を能動的に何かを与える側に回るべきだ、と創楽をその気にさせる。中弥はタイミングをみて、今日バイト先で逆ハロウィンやるから来て、と約束させたのだった。

続いて、中弥はかねてからメンバーになっていた「コーツ高校レジスタンス部」のサイトにデマの書き込みをするのだった。

 そして、その日の放課後、案の定バイト先に現れた国語教師の大多和。計画通りに行動に移した中弥は次のように説明を始める。

「この店に今日、強盗が来る可能性がある。爆弾をもっているかもしれない。危険だから、先生は逃げてください。ぼくはここで従業員の格好をして、見張っていますから。」

と言いながら、中弥は先程の書き込みを見せたところで、店の外が騒がしくなる。

見ると、顔も髪も体も緑色をした、創楽が奇声を発しながら、なにやら手に持って店に入ってくる。あまりのショッキングな風貌と言動に、思わず恐怖を覚えた大多和は、店の中を逃げ惑う。ここぞとばかりに中弥は、創楽を外に連れ出してしまう。

こうして、謎の怪人「ブロッコリーさん」の働きにより、事なきを得た中弥であった。

スポンサーリンク

ブラック校則3話の感想

 創楽や中弥の周りには、校則を押し付ける「悪い大人」と対象的に「良い大人」も毎回登場して、その人物も実にコミカルに、そして魅力的に描かれていて面白い。

 例えば、今回の「良い大人」の代表は、パン屋の店長である。

店長だから、経営とか人件費とか考えなければならないところ、「忙しいのイヤだから」とか「あいついると面白いから」とか、子供みたいなことを言う。

かと思えば「あいつ分け隔てない」としながらも「誰とでも仲良いようなフリして誰とも仲良くない感じ」と中弥の印象をいうあたり、ちゃんと人を見るチカラがある人物だとわかる。

さらに、実はビリヤードはすごく上手いのに、自分が左利きということを創楽に隠して、ビリヤードが初めてという創楽と右利きのように振る舞うなど、決して見栄を張って気取ることのない、大人の優しさみたいなものも見受けられた。

 もちろん、突き詰めていけば、実際はあり得ないことであるかもしれない。高校生をバイトとして、雇うと学校と揉めたりして、何かと面倒だから現実的ではないだろう。

だが、創楽たちは理不尽なブラック校則によって、自由を奪われてしまったなかで、彼のような「良い大人」たちが、厳しい社会の中で生き抜いている姿は、さぞかし頼もしく思えるだろう。

スポンサーリンク

ブラック校則の見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ「ブラック校則」を見たいという方に朗報です。
 
 
「ブラック校則」は、動画配信サービス「Hulu(フール―)」第1話から最新話までの動画をフル視聴することができます。
 
 


 
 
「Hulu」は、今なら、2週間の無料キャンペーンを行っているので、この機会に、お試ししてみてください。
 
 
▼今すぐ「ブラック校則」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

今ならhuluは2週間無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「ブラック校則」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はhuluのサイトでご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました