スポンサーリンク

よこがお(映画)のラストと結末は?ネタバレあらすじと感想も

邦画

2019年7月26日公開 「よこがお」

2016年の「淵に立つ」でカンヌ映画祭で審査員賞を受賞した深田晃司監督作品です。
同作に出演した筒井真理子を主演に、日本・フランスの共同制作でヒューマンサスペンスによる作品を作りあげました。

今回はこの「よこがお」について、あらすじとネタバレについて解説していきます。

スポンサーリンク

主要キャスト


主演である筒井真理子他、演技力に高い評価を得ている俳優陣が揃っています。

白川市子・リサ 筒井真理子

物語のヒロインである市子は訪問介護士として評判の良い女性。婚約も控えておりささやかな幸せを感じていた。
お得意の訪問先である大石家からは親しみを持てる彼女のことを慕う家族も居た程でした。
しかし、ある事件をきっかけに平凡な人生が徐々に変わっていく。。。

大石基子 市川実日子

社会に馴染めず家に引きこもり気味の女性。市子と出会い次第に打ち解けていく。そして、いつの間にか市子に特別な感情を抱くようになる。

米田和道 池松壮亮

町の美容師。基子の妹であるサキの恋人。ある日リサと名乗る女性と職場の美容院で担当することに。次第にリサと親しくなる。

その他キャスト

戸塚健二 吹越満
鈴木辰男 須藤蓮
大石サキ 小川未裕

スポンサーリンク

あらすじ


介護士として真面目に働く市子。その人柄と仕事ぶりで周りからも信頼が高い。訪問先である大石家もお得意様のひとりでした。
市子は介護士としての仕事だけでなく、二人の娘の勉強の面倒も見るようになります。
家族とも打ち解ける市子。中でも長女の基子とは友情が芽生えていました。
引きこもり気味である基子は市子へ友情とは違う、特別な感情を抱いていきます。

次女のサキとも仲良くなった市子は、介護士になる目標を持つようになった基子と喫茶店で学習するようになります。
ある日、勉強している市子・基子・サキの元に市子の甥である辰男が資料を持って現れます。
市子に懐いている二人は甥である辰男のことも自然に受け入れます。

そんな時、夜中にサキが突如行方不明になります。
介護士として、また親しい間柄として大石家の人達に寄り添い励ます市子。
そしてサキが行方不明になり、なんも手がかりも出なかった時サキが発見されました。
目立った外傷もなく、無事に保護されたサキ。
しかし、誘拐したのは市子の甥である辰男だということが判明します。
事件の加害者がわかった市子。しかし市子は胸の内に秘密を秘め大石家へと通います。
小さいほころびで自分の秘密が後に大きな出来事となることを知る由もなく。

スポンサーリンク

ネタバレ


誘拐した犯人が辰男だということを知る市子。
辰男を知る身近な人間・基子へと真実を伝える市子でしたが、基子は私が黙っていれば問題ないと市子を安心させます。
市子へ特別な感情を抱く彼女は、妹に起きたことよりも市子と秘密を共有できたことに喜びを感じます。

しかし、市子に婚約者がいることを知った基子は嫉妬し、辰男の件を世間に暴露していきます。
そして、そのしわ寄せはとうとう市子に向かいます。

黙っていた市子へ間接的な加害者と認識し、信頼関係を壊された大石家は彼女と縁を切りました。
仕事も辞め婚約者とも破談になった市子は精神を病んでいきます。

「ささやかな復讐劇」と題したこの映画の真骨頂である復讐がここから始まっていきます。

サキの恋人の存在を知った市子は、偽名リサと名乗り和道へ近づきます。
最初は美容師と客の間柄だった二人は積極的なリサに和道は個人的に会うようになります。

デートを重ねる二人。そして遂には肉体関係までも持ってしまいます。
復讐としてリサは基子へ事後の自分の裸体写真を和道の携帯からメールするのでした。

スポンサーリンク

感想・まとめ


原作がなく、主演である筒井真理子という女優に惹かれた深田監督が脚本を担当しています。
今作では女の「よこがお」・「ささやかな復讐」をテーマに描かれています。

よこがおには人間の2面性や、相対的な部分が表現されていたのではと感じています。
また、ささやかな復讐ということで、本心からの憎しみに変わりきれない曖昧なものを表現されていたところが
映像として素晴らしいと思います。

物語の中にこの2つのテーマが見え隠れする部分があります。
そして深田監督はこの物語を市子の2面性を同時に進行させる演出をとっています。
つまり、介護士として働く信頼と真面目な市子。美容師の男に近づき、女という武器を使って翻弄するリサ。
同じ人物を映画という世界観を使って、全く別人のように演出しているのです。
世界観の中に散りばめられた、「音楽・背景・配色」によって同時系列かのように表現されていました。

この映画の感想は「気持ち悪い」でした。
それは人間の本性である醜い部分を、ほんのり匂わせる監督初め俳優の表現によるものだと感じました。

また、主演である筒井真理子の表現力によってもこの映画が成り立つのだとも思います。
ぜひ、映画をご覧になって描かれている人間の本質を見抜いてみてはいかがでしょうか。


■オススメの動画配信サービス■


<FODプレミアム>

・シャーロック
・まだ結婚できない男
・モトカレマニア
・リカ
・あいのり

などが1か月間無料視聴できます


<Paravi>

・グランメゾン東京
・4分間のマリーゴールド
・G線上のあなたと私
・水曜日のダウンタウン
・パパジャニWEST

などが30日間無料で視聴できます


<U-NEXT>

・名もなき復讐者 ZEGEN
・おっさんずラブ
・娼年
・LDK
・アベンジャーズ/エンドゲーム

などが31日間無料視聴できます


邦画
スポンサーリンク
user4をフォローする
ムビチャン
タイトルとURLをコピーしました