スポンサーリンク

映画「IT1(イット)2017」は実話?ペニーワイズのモデルや元ネタの事件は?

洋画

映画「IT(イット)2017」は、世界中でも話題沸し、日本中のド肝を抜いてホラー映画歴代No.1のメガヒット作品。
 
 
世界中の読者にトラウマを植え付けたホラー小説の大家、スティーヴン・キングの最恐小説の映画化。
 
 
この記事では、映画「IT(イット)2017」は実話なのかやペニーワイズのモデルや元ネタの事件について、お伝えいたします。

スポンサーリンク

映画「IT(イット)2017」の簡単なあらすじ


ある日、少年ジョージーは兄のビルに紙の船を作ってもらいますが、船は側溝へと流されてしまいます。ジョージーが船を取ろうと側溝に手を伸ばすと、そこにはペニー・ワイズと名乗るピエロの姿をした不気味な男がいるのでした。ペニー・ワイズは、側溝に伸びるジョージーの手を噛みちぎると、そのまま側溝の中へ引きずり込み、ジョージーは失踪してしまいます。
 
 
兄のビルは、学校の仲間と共にペニー・ワイズを倒そうと計画します。しかし、ペニー・ワイズは子供たちが抱える恐怖心に漬け込み、彼らを連れ去ろうとします。ビル達は、自分の恐怖を克服し、ペニー・ワイズを倒すことができるのでしょうか。そして、ジョージーの行方とは…。

スポンサーリンク

映画「IT(イット)2017」は実話?元ネタの事件とは


映画「IT(イット)2017」では、ペニー・ワイズが27年の周期で、子供たちを連れ去り、殺害していくという痛ましい事件を描いていました。この事件が実話を元にしているとしたら、とても怖くないですか?
 
 
実は、ある事件がこの作品を作る際の元ネタになっているようなのです。その事件とは、「ある狂気的な殺人鬼が、1972年〜1978年の6年間に、33人のも未成年者に性的暴行・拷問をした後に殺害していた」という非常に残虐なものでした。そして被害にあった未成年者は、全員が男の子でした。
 
 
「IT(イット)2017」では、ペニー・ワイズに連れ去られる最初の犠牲者として、男の子のジョージーが描かれています。この映画の描き方は、実際の事件を彷彿とさせますよね。

スポンサーリンク

ペニーワイズのモデルは?


この未成年男児殺害事件を起こしたのは、ジョン・ゲイシーという男でした。この男は、「IT(イット)2017」のペニー・ワイズのモデルになったと言われています。
 
 
ジョン・ゲイシーは、1942年3月17日、アメリカ・イリノイ州に誕生しています。彼は、アルコール依存症の父親から虐待を受けて育ちました。父親は、幼いジョン・ゲイシーに体罰を与えたり、ひどい言葉を浴びせたりと、肉体的・精神的苦痛を与えてきたのでした。
 
 
このような生活環境が、ジョン・ゲイシーをサイコパスに育てたと言われています。また彼の父親は、ジョン・ゲイシーに対して「お前はホモになる」というような罵声を浴びせることもありました。
 
 
ジョン・ゲイシーが、33人の男児を殺害した際にしていた格好は「ピエロ」でした。ジョン・ゲイシーの見た目は、ペニー・ワイズを生み出す際のインスピレーションとなったに違いありません。
 
 
ピエロの格好をしていた理由ですが、ジョン・ゲイシーは男の子を探すために、ピエロを装い福祉のパーティーに参加していました。そこで男の子を見つけると、「一緒にポルノ見ない?」と自宅に誘っていたようです。その後、男の子たちは手錠を腕につけられて暴行された後、殺害されています。
 
 
「こんな残虐なことができる人が世の中にいるのか?」と疑いたくなるほど痛ましい犯行ですよね。ペニー・ワイズも残虐なサイコパスと感じましたが、ジョン・ゲイシーはペニー・ワイズを超す狂人でした。この人物が実在していたとは、本当に驚きです。

スポンサーリンク

元ネタの結末は?


「IT(イット)2017」のモデルになったのは、非常に残酷な事件であったことが分かりました。では、この事件は一体どのような結末を迎えたのでしょうか?
 
 
ジョン・ジェイシーは、男の子たちを自宅に連れ込んで犯行に及んでいましたが、そのうち「ジョン・ゲイシーの家に行くと男の子が失踪する」というタレコミが警察の耳に入るようになりました。そこで警察は、ジョン・ゲイシーの自宅を調べることになります。
 
 
彼の自宅には多くの死体が埋められており、とてつもない異臭を放っていたようです。その後、ジョン・ゲイシーは警察に逮捕されています。そして1994年5月10日、ジョン・ゲイシーは薬物注射による死刑が執行され、その生涯に幕を閉じることとなりました。

スポンサーリンク

感想

映画「IT(イット)2017」が、このような残虐な事件をモデルにしているとは衝撃的ですよね。この事件を調べてから映画を見ると、より一層映画の内容が怖く思える気がします。
 
 
映画では、27年おきに現れる人間ではない謎の存在として、ペニー・ワイズが描かれていました。個人的には、ペニー・ワイズが「人間」として描かれていなくて良かったなと思いました。ペニー・ワイズがもしも本物の人間として描かれていたら、この映画に対してもっとトラウマレベルのリアルな恐怖を感じていた気がします。
 
 
この記事では、映画「IT(イット)2017」の元ネタになった事件について紹介しました。映画の元ネタを調べてみると、意外と恐ろしい事実が出てくるものですね。
 
 
まだ、「IT(イット)2017」を見たことのない方は、ぜひこの事件ことを踏まえながら、映画の恐怖を感じてみてくださいね!
 
 

スポンサーリンク

「IT(イット)2017」前作のフル動画を無料視聴する方法

「IT(イット)2017」の動画を無料視聴したいという方に朗報です。
 
 
「IT(イット)2017」は、動画配信サービス「U-NEXT」フル動画を視聴することができます。
 
 

 
 
また、「U-NEXT」は、31日間以内の無料キャンペーンを行っているので、この機会に、お試ししてみてください。
 
 
▼今すぐ「IT(イット)2017」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

U-NEXTが31日間以内無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「IT(イット)2017」前作の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はU-NEXTのサイトでご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました