スポンサーリンク

スカーレット第31話ネタバレ感想!常治が最低でクズすぎる!

連続ドラマ

11月4日、NHK連続テレビ小説「スカーレット」の第31話が放送されました。
 
 
喜美子のもとに、信楽の父・常治から母のマツが倒れたという連絡が入る。大阪で働く喜美子は慌てて実家に戻ることに。道中、幼なじみの信作が女子高生に囲まれるところに出くわすも、真相わからぬまますれ違う。実家に着くと、マツの倒れた話は常治の嘘だと判明。しかし、実際マツの体調が芳しくなく、思春期の直子の反発を受けての苦肉の策だった。
 
 
この記事では、11月4日放送の第31話のネタバレ感想について、お伝えいたします。
 
 

スポンサーリンク

前回までのあらすじ

思いがけなく宗一郎と再会した貴美子は、宗一郎の妻が生きていて、近所で食堂を営んでいることを知った。
 
妻は、宗一郎と約束したにもかかわらず、他の男性と・・・
 
貴美子は宗一郎のなかに未練があるのを感じとり、食事の約束をたてに取り、強引にその店に連れ出した。
 
 
 
宗一郎の妻は、その店で配膳をしていて、一緒に暮らしている男は厨房を担当していた。
 
いつになく険しい顔をした宗一郎を貴美子が心配した。
 
宗一郎が店に入る前に物騒なことを言っていたからだ。
 
しかし、喜美子が食べ終わると、宗一郎は何もせず店を出た。
 
宗一郎が見ていた新聞の下には、署名済みの離婚届と幸せを祈るメモが残されていた。
 
貴美子には知られないように、そっと。
 
 
 
宗一郎は帰り際、自分は仕事で大阪に来ていて、住居は東京だと言い貴美子に名刺を渡した。
 
貴美子も便りを出すと言い、“柔道の礼”をして、笑顔で別れた。
 
荒木荘に帰った貴美子に、マツが倒れたという電話がはいった。
 
常治からだった。
 
 
【前回のあらすじ】スカーレット第30話ネタバレ感想!マツが病気で倒れる?

スポンサーリンク

スカーレット第31話のネタバレあらすじ

母が倒れた!
 
貴美子は体の弱いマツを気づかい、翌朝信楽へ帰ることにした。
 
マツの容体について、常治は何も話してくれなかった。
 
貴美子は、お守り代わりの陶片に、母の無事を祈った。
 
荒木荘には、大久保が駆け付けてくれた。
 
貴美子が出かけようとすると、雄太郎が電話をしている。
 
前の晩、ちや子が帰ってこなかった事を心配して、雄太郎が新聞社に電話をかけていたのだ。
 
しかし、社の連中は誰も知らないと言い、一方的に電話を切った。
 
貴美子が心配したが、汽車の時間が迫っていた。
 
さだも、連絡がないのは初めてだと言った。
 
大久保が貴美子に、ここは自分に任せろと言い、貴美子を送り出した。
 
 
 
実家では、マツがぴんぴんして肉じゃがを作っていた。
 
肉は入っていないが。
 
常治が急いで布団を敷いて、マツを寝かしつけようとしていた。
 
料理の途中なのに。
 
お玉を持ったままで。
 
そこへ、百合子が帰って来る。
 
マツが出迎えようとしたが、常治が強引に寝かせた。
 
 
 
貴美子がたぬきの像の前を通りかかると、女学生が騒いでいるのが見えた。
 
何事かと目をやると、信作が自転車で下って来る。
 
しかも、恰好をつけて。
 
信作は騒いでいる女学生に文句を言ったが、恋文はしっかり受け取った。
 
女学生が去ったあと、信作は決めポーズの練習をしていた。
 
文句を言いつつも、内心うれしかったのだ。
 
一部始終を見ていた貴美子にさえも、キザなセリフを吐く信作を放っておいて、貴美子は家路を急いだ。
 
マツが倒れたのだ。
 
おかしなやつに構っているひまなどない。
 
 
 
家の前には三輪のトラックが止まっていた。
 
トラックには、カワハラ運送とまで書いてある!
 
貴美子が、どうしたのかとそのトラックを見ていると、直子が声をかけてきた。
 
久しぶりに見た直子は、すっかり背が高くなっていた。
 
直子は、マツが倒れたと聞いて驚いた。
 
貴美子が急いで家の中に入り、直子も続いた。
 
百合子が貴美子に抱きついた。
 
貴美子は、百合子にマツの居所を聞いた。
 
奥の部屋だと言うから、喜美子が入ろうとすると、常治がそこから出てきた。
 
ふすまを閉め、身振りで座れと指図する。
 
常治にマツの容体を聞こうとすると、まず話があると言う。
 
貴美子が常治に挨拶をすると、直子は立ったまま固まっている。
 
直子は常治に座れと言われて、反抗的な顔つきをしたが、喜美子に声をかけられて、仕方なく座った。
 
常治に背を向けて。
 
常治と直子が口論を始める。
 
貴美子が仲裁に入り、マツに会うより重大な話とは何かを常治に聞く。
 
すると、常治がとんでもない話を始めた。
 
貴美子が荒木荘の仕事を辞めて信楽に帰ってこいというのだ。
 
常治はもう、さだにも電報を打ってあると話す。
 
訳も分からず、貴美子は反発する。
 
直子のせいだと常治は言う。
 
奥の部屋で聞いていたマツは、喜美子の話を聞かず話を終わらせる状況にいたたまれず、ふすまを開け常治を責める。
 
お玉を持ったままで。
 
貴美子は、マツが無事と知り喜んだ。
 
 
 
結局、理由がはっきりしないまま、家に飲み仲間が集まり宴会が始まった。
 
常治は、いつも通り酔っ払い、自分が貴美子を呼んだくせに、突然戻ってきたとみんなに言う。
 
陽子がそろそろお開きにしようと忠信にささやき、忠信も飲み仲間を促して引き上げた。
 
常治は酔いつぶれて茶の間で寝てしまった。
 
マツは常治に毛布をかけてやり、喜美子は手早く洗い物を済ませようとしていた。
 
マツとふたりきりになった貴美子は、明日荒木荘に帰ると告げた。
 
きちんと話のできる唯一の家族に、事情を聞いた。
 
肉じゃがに肉の入っていないわけを。
 
常治の仕事は順調なのかを。
 
トラックはどうしたのかを。
 
毎月の貴美子からの仕送りをどうしたのかを。
 
マツからも、答えは得られなかった・・・
 
 
【次回のあらすじ】スカーレット第32話ネタバレ感想!薬代が支払えないのはなぜ?

スポンサーリンク

スカーレット第31話の感想

常治、またやらかしましたね。
 
きっと、先々の見通しも立たないまま、トラックを買ってしまったのでしょう?
 
それで肉も買えないほどに貧乏になったのでしょう。
 
トラックを売ればいいじゃないですか。
 
いつか借金取りが言った通り、身の丈に合った生活をすれば良いのに。
 
大阪から夜逃げしても、懲りないのですね。
 
直子のせいと言っているけど、常治は親でしょう?
 
貴美子にばかり無理難題を言うくせに、直子をちゃんとしつけられないで、また貴美子に頼るのですか。
 
情けない。
 
しかも、マツが倒れたなんて嘘をついて。
 
 
 
そもそも、喜美子は信楽で仕事が見つからないから大阪に行ったわけですよね。
 
貴美子の仕送りで足りないのに、肉も買えないのに、信楽でそれ以上の仕事先が見つかるわけがないです。
 
マツの顔を見ると、直子にも事情がありそうですが、喜美子はきちんと仕送りしているのですから、大阪へ戻りなさい。
 
何と言おうと明朝一番で。
 
でも、喜美子はできないでしょうね。
 
 
 
・・・ちや子も、どうしたんでしょうか。
 
無事であって欲しい。

スポンサーリンク

スカーレットを見逃した!見逃し配信を視聴する方法

スカーレットを第1話から最新話までリアルタイムで見たいと思っていたのに、見逃してしまった方もいるのではないでしょうか。
 
 
朝という時間帯は忙しい人も多く、見忘れてしまうこともあると思います。
 
 
でも、安心してください!
 
 
スカーレットを見逃してしまった方のために、見逃し配信を視聴する方法について、まとめたので、見てみてください。
 
 

 
 
再放送やダイジェスト放送などもあるので、見逃した場合は、参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました