スポンサーリンク

スカーレット第28話ネタバレ感想!ジョージ富士川(西川貴教)が初登場

連続ドラマ

10月31日、NHK連続テレビ小説「スカーレット」の第28話が放送されました。
 
 
圭介は恋人に押し切られて、荒木荘を出ることになる。喜美子は他の住人たちと共に、笑顔で圭介を送り出す。喜美子は圭介がいくなった事実を忘れるかのように仕事に没頭し、涙ながら初恋に別れを告げる。失恋した喜美子は、ジョージ富士川という芸術家のサイン会でまさかの再会。
 
 
この記事では、10月31日放送の第28話のネタバレ感想について、お伝えいたします。
 
 

スポンサーリンク

前回までのあらすじ

圭介の恋愛は何の支障もなく進むと思われた。
 
貴美子も、あき子やその父親とも世間話をする仲になった。
 
しかし圭介があまりに荒木荘の話ばかりするため、あき子は引っ越しをするよう圭介に頼んだ。
 
特に貴美子に対してあき子が嫉妬心を燃やし、圭介のまえで喜美子を蔑んだ。
 
圭介は、そんなあき子を強い口調でとがめた。
 
その言葉に傷ついたあき子は、喫茶店をとびだした。
 
追いかけた圭介は、路地で泣いているあき子を思わず抱きしめてしまった。
 
 
 
圭介は貴美子に引っ越しすることを告げた。
 
貴美子が問い詰めたら、理由はあき子の言葉に従うためだった。
 
圭介は、情に流されまいと来週にはもう出ていくことにした。
 
あき子もその父親も、荒木荘の前を通ることはなくなった。
 
 
【前回のあらすじ】スカーレット第27話ネタバレ感想!圭介は引っ越しを決意

スポンサーリンク

スカーレット第28話のネタバレあらすじ

圭介が、荒木壮の門前で引っ越しの挨拶をしている。
 
見送っているのは、さだと雄太郎のふたりきりだった。
 
圭介は、まずさだに急に引っ越しを決めたことを謝罪した。
 
さだは冗談で怒ったふりをした。
 
しかし、近くだから好きな時に訪ねてきてほしいとも言った。
 
圭介は、雄太郎に映画のオーディションの結果が出たら知らせてほしいと頼んだ。
 
雄太郎も、冗談で圭介のほうから聞きに来いと言い、笑った。
 
そして、雄太郎はちや子が圭介が来ても家に入れないと怒っていたとも伝えた。
 
その言葉に圭介はたじろいだが、ちや子にも感謝の気持ちを伝えてほしいと雄太郎に言った。
 
さだは、家の中にいる貴美子に声をかけた。
 
貴美子が手に何かを持って出てくる。
 
それは、圭介が好物だったおはぎだった。
 
しかし、圭介は感謝はしたが辞退した。
 
きっとあき子に気を使っているのだろう。
 
そして、貴美子にはおはぎを自分で食べて、との言葉くらいしかかけずに去って行った。
 
 
 
貴美子は台所で片づけをしながらも、どうしても浮かんでくる圭介からの優しい言葉の数々をはらいのけられずにいた。
 
貴美子は、圭介がおいしいといってくれたおはぎをじっと見つめた。
 
そして、楊枝でひとくち食べてみた。
 
様々な圭介との思い出がよみがえってくる。
 
ひとくちひとくち食べるたびに、あの頃のことが・・・
 
いつしか、貴美子の目からは涙があふれてくる。
 
”妹”
 
そして、別れの挨拶。
 
そこまで思いだしたときには、貴美子の感情がせきをきったようにあふれてくる。
 
丸めた背中が哀しく切なかった・・・
 
 
 
やがて年末が近づき、荒木荘でも年越しの準備をするため、大久保が手伝いに来ていた。
 
大久保は、煮豆の味をみて、さだが差し出した帳簿を確認する。
 
さだは、貴美子の仕事ぶりに合格点をつけた。
 
しかし、大久保はそうしたくはなかった。
 
大久保は、さだにこう言う。
 
貴美子に合格点をつけてしまったら、出て行ってしまうと。
 
大久保は貴美子と別れたくないのだ。
 
 
 
そこへ、貴美子が帰って来た、
 
道々、子供たちにもわかるほど上機嫌だった。
 
貴美子は大きな挨拶をして玄関を入ってきた。
 
台所のふたりのところにも顔を出した。
 
大久保は相変わらず貴美子に厳しいことを言う。
 
今日は、貴美子が学校を見に行っていたのだ。
 
どうやら貴美子が目をつけたのは荒木荘と両立できそうなところだった。
 
荒木荘の仕事を続けると聞き、さだが喜んだ。
 
それまで背中ごしに貴美子を叱りつけてきた大久保の顔も緩んだ。
 
しかし、振り返った大久保は懸命に喜びを隠し、仏頂面に戻った。
 
荒木荘を出た帰り道、大久保はやっと笑顔になり、足どりも軽くなった。
 
 
 
ちや子に学校の話をしたところ、そこにはジョージ富士川という著名な芸術家が在籍しているという。
 
記念のサイン会があるので、ちや子は貴美子にぜひ行くように勧めた。
 
貴美子は、同じ「じょーじ」という名前でも父親とは大違いだと言った。
 
そして、父親は大反対するに決まっているとちや子に愚痴った。
 
ただ、貴美子はさだに着付けを教わっていたおかげで、授業料はなんとか支払えそうだった。
 
そこへ、雄太郎がギターを持って帰って来た。
 
働いている喫茶店のマスターにもらったということだった。
 
雄太郎は映画のオーディションに落ちたというのに能天気だった。
 
あくまで俳優を目指すと言う。
 
ちや子は、常治のことは心配せずに自分の夢を追いかけたほうが良いと貴美子にアドバイスした。
 
 
 
荒木荘に来客があった。
 
新聞社で貴美子の陶片を調査に出してくれたあの平田だった。
 
平田は、知り合いの娘を荒木荘へと紹介してくれたのだ。
 
事前に連絡を受けていたとはいえ、貴美子は懐かしい平田の顔をみて笑顔を見せた。
 
ちや子が出てきて、案内役を買って出た。
 
ふたりは物干し台に出た。
 
平田はちや子とに話があって来たのだ。
 
今の社の現状は厳しいので、もし良い転職先があるなら、考えておいたほうが良いと忠告に来たのだった。
 
しかし、ちや子はどこまでも平田についていくつもりだった。
 
 
 
貴美子は、ジョージ富士川のサイン会に行った。
 
そこには、これぞ抽象とも言うべきオブジェが展示してあった。
 
そのオブジェをくいいるるように見つめる外国人がいた。
 
横から見たり、下から見たり、さまざまな角度からそれを見ていた。
 
貴美子もその外国人のとなりで真似をした。
 
そこへ、ジョージ富士川が現れた。
 
 
【次回のあらすじ】スカーレット第29話ネタバレ感想!草間流柔道さんとの再会

スポンサーリンク

スカーレット第28話の感想

圭介は最後まで残酷でしたね。
 
貴美子がどんな思いでおはぎを作ったのか、理解をしようとはしませんでした。
 
私は、真心こめておはぎを作った貴美子の気持ちを思うと胸がつぶれそうです。
 
さようなら、圭介。
 
ちや子の言う通り二度と戻ってきてほしくないです。
 
 
 
ただ、喜美子が新生活をはじめられそうで、うれしいです。
 
国際人で、大阪人で、金髪の師匠と?
 
 
 
荒木荘にも住人が増えそうで楽しみですね。

スポンサーリンク

スカーレットを見逃した!見逃し配信を視聴する方法

スカーレットを第1話から最新話までリアルタイムで見たいと思っていたのに、見逃してしまった方もいるのではないでしょうか。
 
 
朝という時間帯は忙しい人も多く、見忘れてしまうこともあると思います。
 
 
でも、安心してください!
 
 
スカーレットを見逃してしまった方のために、見逃し配信を視聴する方法について、まとめたので、見てみてください。
 
 

 
 
再放送やダイジェスト放送などもあるので、見逃した場合は、参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました