スポンサーリンク

リベンジガールのラスト結末は?ネタバレあらすじと感想

邦画

「リベンジガール」は、「ヒロイン失格」などの桐谷美玲さんがヒロインを演じる恋愛コメディー。
 
 
東大首席でミスキャンパスグランプリに選ばれながら性格ブスのヒロインが、失恋をきっかけに総理大臣を目指して奮闘していきます。
 
 
この記事では、「リベンジガール」のネタバレあらすじと結末、感想について、お伝えいたします。

スポンサーリンク

ネタバレあらすじ


宝石美輝は、東大を首席で卒業し、ミスキャンパス・グランプリにも選ばれた完璧な女性です。しかしミスキャンパス受賞後のスピーチでは「当然の結果だと思います」と発言するなど、自意識過剰なところがあり、同性からは嫌われています。

美輝が交際しているのは、政治家の御曹司、斎藤裕雅。婚約もそろそろと思っていた美輝でしたが、裕雅にとって美輝は、ただの遊んでいる女の1人でしかありませんでした。プライドの高い彼女にとって、自分が女遊びの1人に過ぎないという事実は屈辱的で、失恋のどん底を味わいます。

そして、美輝は政治秘書の門脇俊也に「総理大臣にでもなってみろ。そうでもなければ、あいつには勝てない。」と言われたことから、総理大臣になって裕雅を見返そうと決意するのでした。

美輝は、敏腕秘書の如月凪子と、凪子の教え子で、どんな新人候補も選挙戦で勝たせるという、政治秘書・門脇俊也の力を借りて政治家を目指します。俊也は、わがままで自分勝手な美輝の面倒など見たくないと言いますが、凪子には逆らえず、無理やり美輝の秘書をやらされることになりました。

俊也の厳しい指導に反発する美輝。二人はお互いに相手のことが大嫌いな存在でした。そんな中、美輝が新人政治家候補として立候補することが決まり、俊也は美輝の選挙参謀を務めることになります。

初めは選挙ビラを受け取ってくれる人も、演説を聞いてくれる人も全くいませんでした。しかしそれでも美輝は熱心に活動を続け、次第に支持者から声援を受けるようになっていきます。美耀は政治活動を通して、成長していました。以前は他人のことや政治にまったく興味なかった美輝でしたが、いつしか周りの人や応援してくれている人のために動くようになっていました。

また、俊也に対して嫌悪感を抱いていた美輝でしたが、次第に恋心が芽生え始めます。気付けば、裕雅へのリベンジの気持ちは無くなっていました。

そんなある時、裕雅は美輝の支持率を下げようとネガティブキャンペーンを行い、その卑劣な行動に怒りを覚えた美輝は、彼の事務所に乗り込みます。裕雅はそこでもなお美輝に酷い言葉を浴びせかけ、美輝は思わず彼に手をあげてしまいそうになります。しかしその瞬間、俊也が美輝の代わりに裕雅を殴ってしまうのでした。

俊也は責任を感じ、美輝の秘書を辞職します。有能な秘書である俊也を失った美輝は自分を責めますが、今自分にできることは勝つことしかないと、選挙戦の遊説に力を入れます。しかし、美輝の心には、いつも俊也ことが思い浮かんでいるのでした。

スポンサーリンク

ラスト結末


そしてついに選挙戦最終日の朝を迎えます。美輝は応援に駆けつけてくれた人々を前に、最後の挨拶をします。すると、美輝は後悔をしないようにと、有権者に向け真実を話し始めました。「初めは失恋のリベンジで選挙戦に出馬したこと」、また「相手候補の裕雅と交際していたこと」を正直に語ります。

聴衆の中には、裏切られたと文句を言う人もいました。しかし、その中でも応援の声をあげてくれた人がいました。初めて支持者になってくれた高齢者ホームのおばあさんや、子どもたちです。美輝の正直な演説に、いつしかその場には拍手が起こっていました。

その時、美輝は選挙カーの上から俊也を見かけたような気がします。選挙カーから駆け下りると、聴衆の中を割って俊也を探し始めました。美輝にとってこの選挙戦はリベンジから始まったはずでしたが、いつも優しく見守ってくれた俊也は彼女にとって、かけがえのない存在になっていました。

そしてついに、俊也を見つけ出します。美輝は俊也に「私のそばにいつもいなさい!」と言いました。彼女を見つめ、「こんな選挙初めてだ」と呟く俊也。すると、美輝は「私を誰だと思ってるの、宝石美輝よ!」と言って、二人は唇を重ねます。

聴衆は驚きつつも、歓声をあげて二人を祝福します。その時、街頭のスクリーンに開票速報が流れました。トップ当選したのは、なんと宝石美輝です。

美輝の選挙事務所は歓喜に沸いていました。選挙本部長の凪子は、祝福の握手を美輝に求めます。しかし美輝は、総理大臣になる日まで取っておくと言って、凪子との最初の約束守る志を示すのでした。

スポンサーリンク

感想


始めは自己中心的で、人の気持ちを考えることのできない人間だった宝石美輝に、「嫌な女だな」という感想を抱きながら見ていました。しかし、選挙を通して人間的に成長しいく姿を見ていくうちに、気づけば彼女を応援してしまっていました。

最後の演説のシーンで、おばあちゃんや子供たちが美輝にエールを送るシーンは感動的です。美輝がひたむきに努力している姿は、かわいいのはもちろん、とても好感が持てました。

この映画では、新人若手俳優が多く出演しており、その中でも門脇俊也を演じた鈴木伸之は、美輝を側で見守るイケメン秘書として注目を集めました。鈴木伸之は、LDH JAPANに所属し、劇団EXILEとして俳優で活躍しています。彼のかっこいい仕草の数々に、映画を見た人からは黄色い歓声が上がっています。ぜひ注目してみてくださいね。

『リベンジガールgirl』は、キュンキュンしたい女性に特におすすめの映画です!ぜひご覧ください!

タイトルとURLをコピーしました