スポンサーリンク

スカーレット第22話ネタバレ感想!大久保は神様だった‥

連続ドラマ

10月24日、NHK連続テレビ小説「スカーレット」の第22話が放送されました。
 
 
信楽の実家が空き巣被害にあった知らせが喜美子に届く。父・常治が喜美子の給料を前借りするため大阪に向かっていると聞き、喜美子は動揺。女中の先輩・大久保を交え、常治と久しぶりの親子の再会を果たすが、そこには緊張感が漂う。常治と喜美子は給料の前借りをどちらが切り出すか、大久保に隠れて押しつけ合っていると、大久保から思いも寄らぬ事実が明かされる。
 
 
この記事では、10月24日放送の第22話のネタバレ感想について、お伝えいたします。
 
 

スポンサーリンク

前回までのあらすじ

喜美子は、初心にかえることにした。
 
“意地と誇り”
 
好条件の新聞社を諦めて、引き続き女中を極める道を選んだ。
 
荒木荘の住人たちも、喜美子を応援しながらも、喜美子が残ってくれることを喜んだ。
 
 
 
しかし、喜美子の実家は大変なことが起こっていた。
 
運び人たちが姿を消し、家には泥棒が入っていた。
 
今まで稼いだお金や、喜美子の仕送り、直子のバイト代まですべて盗まれてしまった。
 
 
 
喜美子は、信作と直子からの電話で、常治が自分の給料の前借りをしに大阪に向かっていることを知った。
 
・・・おりしも、さだは東京へ出張中だった。
 
 
【前回のあらすじ】第21話ネタバレ感想!きみちゃんの家に空き巣!?

スポンサーリンク

スカーレット第22話のネタバレあらすじ

常治がくる!
 
この大阪へ、荒木荘へ。
 
喜美子は朝からそのことばかり考え、大久保から叱られてばかりいた。
 
荷物配達の声がかかり、大久保が取りに行った。
 
絨毯のしみ抜きをしながらも、喜美子は実家の心配をした。
 
そして、常治がどう話すのかということも。
 
大久保が荷物を受け取ると配達人のうしろに見慣れない男が立っていた。
 
玄関まで入ってくると、男は挨拶した。
 
両手にカブを持って。
 
 
 
・・・常治が居間に入ると、喜美子が絨毯のしみ抜きをしていた。
 
しみ抜きを終えた貴美子が道具を持って立ち上がると、常治が自分を見ていることに気付いた。
 
常治は、無言で気まずそうな顔をして居間に入り、スツールに腰かけた。
 
そわそわとして、せき払いをした。
 
喜美子に何か言って欲しそうだった。
 
身振りで、喜美子に前借りをしろと催促していたのだ。
 
喜美子は、身振りで自分からは話せないと返した。
 
そこへ、大久保がカブを持って居間に戻ってきた。
 
大久保が、常治が仕事で大阪に来たのに、わざわざカブを持ってきてくれた、と貴美子に言った。
 
常治は居心地悪そうだった。
 
大久保がお茶をいれようと台所に入った。
 
常治との沈黙にたえきれず、喜美子が代わりにお茶をいれに行った。
 
 
 
喜美子は、大久保をテーブルに着かせた。
 
そして、さだが上京中であること、大久保がすべて仕切っていることを常治に話した。
 
そのうえで大久保に話があると父が言っている、と言い常治を席に着かせた。
 
そして貴美子はお茶の準備を始めた。
 
 
 
常治が、喜美子の・・・と言いあとが続かない。
 
大久保が、喜美子はがんばっている、と常治に伝えた。
 
どういう風のふきまわしか、大久保が貴美子をほめちぎる。
 
まだ不足している部分はあるが、大久保は満足しているとのことだった。
 
お茶を運んできた貴美子は目を丸くして驚き、常治も照れくさそうにした。
 
大久保は、給料が安いのに、愚痴もいわずに働いていると賞賛する。
 
そして、自分は夏には娘夫婦のところへ行き引退するから、それまでに全部貴美子に教え込みたいと言った。
 
 
 
大久保は、喜美子も驚愕する事実を告げた。
 
ストッキングの繕いは、実は内職だったと言うのだ。
 
喜美子に歩合制でお金が入るということだ。
 
女中の仕事は、給料がなかなか上がらないので、大久保も昔からやっていた、とのことだ。
 
つまり、大久保は、喜美子の給料の不足分を補うために、ストッキングの繕いをさせていたとのことだった。
 
大久保は、喜美子の繕いもほめた。
 
常治が恐縮した。
 
・・・まだ前借りの件は言い出せない。
 
言い出す隙をあたえず、大久保は貴美子に何足繕ったか聞く。
 
喜美子は128足繕っていた。
 
大久保は言った。
 
代金が入ったので、一足12円払うと。
 
喜美子も常治も目を丸くした。
 
大久保が目の前で、お金を数えだす。
 
こうして、給料の前借りの話はしないですんだ。
 
 
 
喜美子は、常治を送りに通りまで言った。
 
建物のかげで、喜美子はストッキング代をまるごと常治に渡そうとした。
 
常治は、やせ我慢して半分でいいと言ったが、喜美子はもっと持って行ってもいいと言い、常治もそうした。
 
常治は、喜美子に言いなれないお世辞を言い、喜美子が説教し始めると、常治はうるさそうに背を向けた。
 
喜美子が父の背中に呼びかけると、常治はもっともらえると思ったのか飛んできた。
 
しかし、喜美子は常治に3年は戻らずに修行すると宣言した。
 
常治は売り言葉に買い言葉で、帰ってこなくていいと言って立ち去った。
 
 
 
喜美子は荒木荘に元気に戻ってきた。
 
貴美子の声を背中で聞き、大久保はなぜかうれしそうだった。
 
喜美子は、常治に言ったあの決意を大久保に伝えた。
 
そして喜美子と大久保、ふたりは無邪気に柔道の真似事をし、心を通わせ合った。
 
 
【次回のあらすじ】第23話ネタバレ感想!大久保さんがいない!

スポンサーリンク

スカーレット第22話の感想

大久保、神様のようです。
 
泣けてきました。
 
きっと、喜美子も、とりわけ常治も。
 
大久保は、たぶん予測していたのでしょう。
 
さだから、喜美子の実家が困窮していると聞いて。
 
そして、喜美子が働きぶりを見て続きそうだからと、理由も言わずにストッキングの繕いをさせたのでしょう。
 
たぶん新聞社の話も、どこからか聞いていたのではないでしょうか。
 
常治が来たときには、大久保の心の準備は整っていたのではないかと思います。
 
常治が土下座をするほど困っているなら、1000円では足りず前借りをしに来るだろうと。
 
 
 
私は、常治の顔もつぶさず、喜美子にみじめな思いをさせずにすませた大久保のファンになってしまいました。
 
どうか、喜美子を明るい未来へ導いてくださるように・・・
 
 
 
常治も・・・いや常治はまたやらかすでしょう。
 
残念ながら。

スポンサーリンク

スカーレットを見逃した!見逃し配信を視聴する方法

スカーレットを第1話から最新話までリアルタイムで見たいと思っていたのに、見逃してしまった方もいるのではないでしょうか。
 
 
朝という時間帯は忙しい人も多く、見忘れてしまうこともあると思います。
 
 
でも、安心してください!
 
 
スカーレットを見逃してしまった方のために、見逃し配信を視聴する方法について、まとめたので、見てみてください。
 
 

 
 
再放送やダイジェスト放送などもあるので、見逃した場合は、参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました