スポンサーリンク

三度目の殺人(映画)の咲江(広瀬すず)の足の怪我は嘘?犯人は誰?

邦画

映画「三度目の殺人」は、2017年9月9日公開された是枝裕和監督のオリジナル脚本による法廷サスペンス映画。
 
 
死刑が確実視されている殺人犯の弁護を引き受けた弁護士が、犯人と交流するうちに動機に疑念を抱くようになり、真実を知ろうとするさまを描くストーリー。
 
 
今回は、「三度目の殺人」の咲江(広瀬すず)の足の怪我は嘘なのかについて、考えてみました。
 
 
この記事では、咲江(広瀬すず)の足の怪我は嘘なのかや犯人は誰なのかについて、お伝えいたします。

スポンサーリンク

咲江役とは?

広瀬すず演じる山口咲江は、殺された山口光男の高校生の娘です。彼女は足が悪く、いつも足を引きずって歩いています。加害者・三隅(役所広司)のアパートに通っていたことから、咲江の存在が明らかとなり、弁護士・重盛(福山雅治)たちに調査されることとなります。
 
 
新人弁護・川島の調査によると、咲江の足が不自由なのは、生まれつきだったようです。しかし、本人は「子供のころ、工場の屋根から飛び降りてけがをした」と周囲の人に伝えています。その後重盛が、「嘘をついている」と咲江に言うシーンがありますが、咲江は「嘘じゃない」と話しました。
 
 
咲江は1回目の公判の後、重盛の事務所を訪れます。そこで彼女は「父親から性的虐待を受けていたこと」、また三隅との関係について話しました。咲江は、三隅は自分を守るために父親の光男を殺したと思っており、自分が法廷で真実を話すことで三隅を助けたい、と重盛に伝えるのでした。
 
 
しかし重盛たちは咲江を守るために、法廷で彼女に真実を話させることはありませんでした。咲江は三隅をかばうような発言をしますが、結局三隅は裁かれることになります。

スポンサーリンク

咲江(広瀬すず)の足の怪我は嘘?

咲江の足の怪我については、2つの意見がありそれぞれ食い違っていました。川島の調査によると、「生まれつき足が不自由」とのことでしたが、一方で、咲江は「子供のころ、工場の屋根から飛び降りてけがをした」と主張しています。一体どちらの話が正しいのでしょうか?
 
 
まず「生まれつき」という川島の調査結果を考えてみます。新人弁護士の川島は、喫茶店でこの調査結果を重盛に伝えていますが、これはどこから得た情報なのでしょうか?咲江の母親?それとも咲江の幼い頃を知る人物でしょうか?
 
 
咲江の母親・美津江は、咲江を生まれた時から知っている唯一の人物であるため、川島が美津江にコンタクトをとったと考えるのは自然のことだと思います。しかし、後に三隅は「自分は美津江に頼まれて、保険金目当てで光男を殺した」と週刊誌にリークしていることから、美津江の発言が真実であったかは分かりません。
 
 
時系列的には、咲江を調べていたのはその一件が起こる前で、それまでは美津江はただの遺族であり、ノーマークだったため、川島が美津江に咲江の足について話を聞いていたと考えてもおかしくはありません。そうすると、「生まれつき」という話の信ぴょう性は低いです。
 
 
次に咲江の話を元に考えてみます。咲江の「工場の屋根から飛び降りて…」という発言は、自らの意思で飛び降りたという風に聞こえます。そうなると、「何故」というのがポイントになってきますが、理由については語られていません。しかし、咲江が父親から性的虐待を受けていたという話から、これが原因の可能性が高いです。
 
 
また、わざわざ「工場」と言っているのも気になるポイントです。父親の光男は食品加工会社の社長であり、工場も持っていました。このことから、咲江は工場で父親から性的虐待を受けており、そこから逃げようとして、工場の屋根から飛び降りたのではないかと考えられます。
 
 
そうすると、咲江の話は筋が通っており、真実の可能性が高いと考えられます。しかし一つ引っかかるのは、「咲江がけがを負ったのは、14歳より後」という点です。咲江が性的虐待を受け始めたのは、彼女が14歳の時からであると作品内で語られています。
 
 
しかし、14歳まで足に障害がなかったとすれば、弁護士側は咲江の幼い頃を知る人物とコンタクトを取るなどして、すぐに事実関係が分かるはずです。弁護士側がこの件についてどこまで調査をしたのかは謎ですが、咲江の発言が100%正しいとも言い切れません。

スポンサーリンク

犯人は誰?

物語は、「三隅は犯人ではなかった」という展開で締めくくられていますが、真犯人が誰であったのか、結局のところ分からずに終わっています。映画を見た人からは「咲江ではないか?」という声が上がっているため、咲江が犯人と考えられる理由を考えてみました。
 
 
性的虐待を受けており、父親に恨みをもっていた咲江には、父親を殺す充分な動機がありました。また、三隅は咲江をかばうために、自分がやったと供述したと考えられます。
 
 
ここで映画のタイトルと、ポスターに注目してみたいと思います。タイトルは『三度目の殺人』。これは、三回の殺人があったということを意味していますよね。また映画のポスターには、血のついた「三隅」「咲江」が写っています。これは、三人が殺人の犯人であるということを意味していると考えられます。
 
 
三隅は、過去に殺人を犯していることから、一人目の殺人者であると分かります。では、重盛と咲江は何故でしょうか?ここで咲江を真犯人と考えてみましょう。そうすると、咲江は父親を殺した殺人者であり、また重盛も、咲江を守るために罪のない三隅を死刑にした殺人者であると考えることができます。このことから、真犯人は咲江なのではないかというのが個人的な推測です。
 
 
しかし、「三隅が本当に殺したのでは?」という声もあり、本当のところは分かりません。皆さんも映画を見ながら、誰が犯人なのか考えてみてくださいね!
 
 

スポンサーリンク

三度目の殺人のフル動画を無料視聴する方法

映画「三度目の殺人」を見逃してしまった方に朗報です。
 
 
「三度目の殺人」は、動画配信サービス「U-NEXT」動画を視聴することができます。
 
 


 
 
「U-NEXT」は、31日間以内の無料キャンペーンを行っているので、この機会に、お試ししてみてください。
 
 
▼今すぐ「三度目の殺人」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

U-NEXTが31日間以内無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「三度目の殺人」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はU-NEXTのサイトでご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました