スポンサーリンク

億男(映画)は実話?原作小説と映画の違いは?名言も

邦画

映画「億男」は、「世界から猫が消えたなら」の原作者で知られる川村元気氏の小説を、「ハゲタカ」シリーズなどの大友啓史監督が映画化。宝くじで3億円を当てた男が、真の幸せを探し求める姿を描くストーリー。
 
 
佐藤健さんが主演で、主人公の親友に高橋一生さん、そのほか、藤原竜也さん、北村一輝さん、沢尻エリカさん、池田エライザさんが出演しています。
 
 
映画「億男」は原作があるようですが、実話なんでしょうか?
 
 
この記事では、映画「億男」は実話なのかや原作と映画の違いについて、お伝えいたします。

スポンサーリンク

億男の簡単なあらすじ


一男(佐藤健)は、兄の借金の肩代わりをしたことにより、妻と別居し、家族がバラバラになってしまった可哀想な男です。仕事をかけもちしてただ借金を返すためだけの生活を送っていた一男ですが、ある日3億円の宝くじが当たります。
 
 
一男は3億円の正しい使い道を知ろうと、大学時代の親友で、現在は大富豪の九十九(高橋一生)に会いに行きます。九十九は大学を中退していましたが、その後「バイカム」という会社を設立し、大成功を収めていました。
 
 
久しぶりの再会に喜んだ一男でしたが、その日すっかり酒に酔い、次の日目を覚ましてみると、3億円と九十九の姿は消えてしまっているのでした。
 
 
3億円を盗まれ九十九を探すことになった一男は、彼の昔の友達を辿っていきます。そして一男は次第に、家族や友情、またお金や幸せについて考えるようになります。
 
 

スポンサーリンク

億男は実話?


結論から言うと、このストーリーは実話ではありません。また一男のモデルとなった実在する人物もいません。しかし、作品内に登場する大富豪の話など、一部は「実際にあった出来事」をモデルにしています。
 
 
『億男』を製作するにあたって、この物語を作った川村元気は、120人もの富裕層に取材をしました。作品の中には、取材をした人物がモデルになったキャラクターも出てきているようです。そういった人物が映画内で話している内容や、お金に対する悩みなどは、実際の大富豪の実体験なだけあってとてもリアルです。
 
 
金持ちの心情や、金持ちだからこその悩みなどを描いた本作は、実際大富豪からも共感の声が上がっており、どうやら金持ちからの評判も良いようですね。普段ふつうに生活している人達からみても、この作品は金持ちの生活を覗いているような気になれて、興味深く、面白いです。

スポンサーリンク

億男に原作はある?

実は、映画『億男』には原作があります。元の作品となっているのは、小説家・川村元気の長編小説『億男』です。元々雑誌『BRUTUS』に連載されていた作品でしたが、その後2014年にマガジンハウスから刊行されることになりました。2015年には、第12回本屋大賞の第10位に入賞しています。
 
 
そんな本作の生みの親・川村元気は、小説家として、2012年『世界から猫が消えたなら』や、2016年『四月になれば彼女は』などの小説を執筆しています。また、川村は映画プロデューサーとしても有名であり、2005年『電車男』や、2008年『陰日向に咲く』、2010年『告白』など幅広いジャンルの作品を企画してきました。他にも絵本を出版するなど、多岐にわたって活躍しています。

スポンサーリンク

映画と原作との違いは?


原作の小説と映画のストーリーで、違う部分はあるのでしょうか?基本的にストーリー展開や登場人物の名前などは同じですが、2つの作品では所々違う部分も見られました。では、どこが違うのかいくつか紹介していきます。
 
 
・団地で質素な生活を送る十和子
 
 
映画では、一男が九十九を探していく過程で一番初めに訪ねる人物として、「百瀬」が登場します。しかし、原作では「十和子」が初めに会う人物です。十和子は、九十九が立ち上げた会社で広報IR担当をしていましたが、その後は団地で質素な暮らしを送っています。しかし彼女は、家の壁に12億円を隠し持っているのでした。
 
 
映画では十和子の旦那は登場しませんが、原作だと旦那が登場しています。十和子の旦那は、一男に「実はお金の存在を知っている。知らないふりをし続けることが、僕の愛し方だ。」と伝えています。十和子は、彼と出会って「お金で買える愛と、買えない愛の違い」を知ったのでした。
 
 
・原作にはない登場人物「あきら」
 
 
映画『億男』には、原作には出てこないキャラクターが登場します。それは、池田エライザ演じる「あきら」です。彼女は、男を「億男」と「雑魚」という2つに分け、持っているお金で付き合いを決めている女性として描かれています。また、失踪した3億円のために、一男に協力しています。
 
 
・お金にまつわる「名言」
 
 
原作では、お金に関する哲学が多く書かれており、著名人の名言も登場します。これらは小説ならではのものとなっており、映画では触れられていません。小説の中に登場する名言を、いくつか紹介します。
 
 
「人生に必要なもの。それは勇気と想像力と、ほんの少しのお金さ」byチャップリン
 
 
「うまくお金を使うことは、それを稼ぐのと同じくらい難しい」byビル・ゲイツ
 
 
「富は海の水に似ている。それを飲めば飲むほど喉が渇いていく」byショーペンハウアー
 
 
小説の方が、映画よりもお金に関する語録が多く、小説ではありますが、同時にビジネス本でもあるというような印象を受けます。これを読めば、「お金を稼ぐノウハウ」が学べそうです。
 
 
原作と映画の2つを比較してみると、原作にしかない部分、また映画だけにしか登場しないキャラクターなど、原作の小説と映画では違う部分がいくつか見られました。ぜひ、皆さんも2つの作品を見比べてみてください!

スポンサーリンク

億男のフル動画を無料視聴する方法

映画「億男」のノーカット動画を見たいという方に朗報です。
 
 
「億男」は、動画配信サービス「U-NEXT」動画を視聴することができます。
 
 


 
 
「U-NEXT」は、31日間以内の無料キャンペーンを行っているので、この機会に、お試ししてみてください。
 
 
▼今すぐ「億男」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

U-NEXTが31日間以内無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「億男」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はU-NEXTのサイトでご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました