スポンサーリンク

「トスカーナの幸せレシピ」のネタバレあらすじとラスト結末!感想も

”人生は何度でもやり直せる!”って教えてくれる映画は数多くあります。くさくさしている元一流シェフにそれを教えてくれるのは、アスペルガー症候群の青年です。

いつしか友情を育んでいく二人のバディ・ムービーです。交わるはずのなかった二人が”料理”を通じて心を通わせていきます。

人って、出会うべくして出会うものなんだなって、理由があるんだなって思いました。

イタリア映画らしく風景が美しくて、時間がゆったりと流れていると感じます。さぁ身を任せてみましょう。

スポンサーリンク

トスカーナの幸せレシピのネタバレあらすじ


元一流シェフのアルトゥーロ(ヴィニーチョ・マルキオーニ)が刑務所から出所しました。迎えに来る人もいないし、家に帰ってもひとりでした。彼は一流料理店で腕を磨いてレストランを成功させましたが、もともと少々気性が荒っぽく、トラブルを起こしてしまうことが以前からもありました。

社会奉仕活動を命じられたアルトゥーロは”サン・ドナート園”という自立支援施設で、アスペルガー症候群の若者たちに料理を教えることになりました。

その特性が目立つ目立たないの差はありますが全員がアスペルガー症候群です。アルトゥーロは、普段通りに口が悪く、怒りっぽく、初日からなんともぎくしゃくした雰囲気が漂います。

生徒の中に”絶対舌感”を持つグイド(ルイジ・フェデーレ)という青年がいて、少し味見をしただけで食材やスパイスをすべて言い当てられるのです。これにはアルトゥーロも驚きです。

グイドは料理が好きで、料理人として自立したいと思っています。両親がいないので祖父母に育てられたグイドの自立は、施設で働く支援者アンナ(ヴァレリア・ソラリーノ)をはじめ、みんなの願いでもあります。

その第一歩として”若手料理人コンテスト”に出場することになり、アルトゥーロと二人で、開催地のトスカーナまでの旅が始まります。

アルトゥーロにとっても、再起をかけた大事な仕事が舞い込み日程が重なりますが、決勝まで進むことはないだろうと高を括って出発しました。

グイドは「コンテストで優勝すれば賞金がもらえて、車が買えて、恋人ができる」とハイテンションです(これは祖父母を安心させたいための、本人の切実な願いでした)。

グイドに振り回されながら、アルトゥーロは自身の身の振り方に悩んだり、自分を陥れた昔の仲間に再会し再び怒りを感じたり、アンナとの距離を縮めたり・・・

次第に絆を深めていく二人は、夢に近づくことができるのか。才能のすべてをかけた大勝負に挑みます。

スポンサーリンク

トスカーナの幸せレシピのラスト結末


決勝戦に進めることになったグイド。

審査員長は、アルトゥーロから地位も名誉も奪った男で、アルトゥーロにとっても因縁の対決のようなものです。

しかしアルトゥーロも仕事に向かわなくてはならないので、決勝戦を見届けることができません。落ち着かないグイド。それでも「頑張ってね」と応援します。

アルトゥーロの支えなしで戦えるでしょうか。

いいえ。それはアルトゥーロにとっても同じでした。車を飛ばして戻ってきました。気になって気になって、自分の仕事どころではありませんでした。

”ティンバッロ”というイタリアでは定番のパスタ料理が最後の課題です。レシピはその地方によってさまざまというこの料理ですが、課題では仕上げにココアをふりかけるよう指示がありました(審査員長の悪趣味です)。

グイドはかけません。

理由は「先生ならかけないから」。

すべての食材を使いきらなかったグイドは優勝を逃しました。それでも晴れ晴れとした表情をしています。食べてみたら味では決して負けていませんでしたし。

グイドにとっては、この結果で十分です。

ラストで、アルトゥーロの師匠チェルソ(アレサンドロ・ヘイベル)がお店をオープンさせています。スタッフは”サン・ドナート園”の若者たちです。みんな生き生きとしていて笑顔です。

アンナが「グイドのおじいさんが倒れた」と伝えにきました。

いまのグイドなら、乗り越えられることでしょう。

スポンサーリンク

トスカーナの幸せレシピの感想


この映画はアスペルガー症候群=自閉スペクトラム症を障害として描いていません。

グイドは対人関係に不器用で、こだわりが非常に強く、思ったままを言葉にします。良くも悪くも純粋で、他人にどう見られるかには考えが及びません。

これ、アルトゥーロも同じです。共通点のない二人、なんかじゃなくて、二人はよく似ているのです。

アルトゥーロが衝動を抑えられずに人を殴ることはもちろん正しくありませんが、そこにある理由は嘘と裏切りでした。そういうまっすぐさがとてもよく似ているのです。

1番大好きなシーンは、二次審査を通過して疲れて早めに眠ったグイドを部屋に残して、アルトゥーロとアンナが二人で食事をし、恋の予感を感じさせたあと(ありがちな展開だけどすごく良かった)、グイドの姿が消えていることが分かり、ふたり大慌てで探すシーンです。

このときグイドは勝手にアルトゥーロの(唐辛子プリントの)Tシャツを着て、恋心を抱いた女の子に会いに行っていました。その日、アルトゥーロに「服がダサい」と言われたからです。

アルトゥーロにきっと男としての憧れも抱くようになっていたのだと思います。そしてそのことに気づいたアルトゥーロも嬉しそうな顔をして。グイド初めてのアプローチは性急過ぎてもちろんうまくいきませんが、二人が共犯者のようで、親友のようで、ほほえましかったです。

料理の映画というわけでもなく、障害を描く映画でもなく、ポジティブに生きよう!と思わせてくれる素晴らしい映画でした。

「フルパワー!!(合言葉です。力強く叫んでください)」

タイトルとURLをコピーしました