スポンサーリンク

三度目の殺人のラスト結末は?ネタバレあらすじと感想も

邦画

映画「三度目の殺人」は、死刑が確実視されている殺人犯の弁護を引き受けた弁護士が、犯人と交流するうちに動機に疑念を抱くようになり、真実を知ろうとするさまを描く法廷サスペンス映画。
 
 
主演は、福山雅治さんで、役所広司さん、広瀬すずさん、斉藤由貴さん、吉田鋼太郎さんが出演しています。
 
 
この記事では、映画「三度目の殺人」のラスト結末とネタバレあらすじ、感想をお伝えいたします。

スポンサーリンク

ネタバレあらすじ


弁護士の重盛朋章(福山雅治)は、被告人・三隅高司(役所広司)の弁護を担当することになりました。容疑は強盗殺人と遺体損壊です。三隅は自分をクビにした食品加工会社の社長・山中光男を殺害し、現金数十万円が入った財布を盗むと、遺体にガソリンをかけ火をつけた罪に問われていました。
 
 
当時、三隅は仮釈放中の身であり、彼は30年前に2人の借金取りの命を奪う事件を起こしていました。そんな三隅は今回の事件で間違いなく「死刑」を求刑される身です。重盛は、依頼人の三隅をなんとか現状維持の無期刑にしようと考えていました。
 
 
重盛は人情のない冷酷な弁護士で、彼にとって真実はどうでもよく、依頼人の刑をいかに軽くできるかが全てでした。一方の三隅は、犯行を自白し罪を認めているものの、証言がコロコロと変わり、つかみどころのない人間です。
 
 
ある日、三隅はこれまでの証言とはまったく違う真相を、勝手に週刊誌に話してしまいます。それは、山中の命を奪ったのは保険金目当てであり、殺害は山中の妻・美津江から依頼されたというものでした。
 
 
重盛は、もしそれが事実であれば、主犯は美津江ということになり、三隅の刑は軽くなるかもしれないと考えますが、証拠はなにもありません。重盛は事実関係を調査するために、三隅が以前住んでいたアパートへと向かいます。
 
 
すると、部屋は不自然な程きれいに片付けられていました。また、大家から「足に障害がある女子高生が遊びに来ていた。よく笑う子だった」という話を聞かされ、いっそう謎は深まります。重盛は、少女の正体は被害者の高校生の娘・山中咲江なのではないかと考えました。
 
 
また、きれいに整理整頓された部屋の状況から、三隅は始めから捕まるつもりで身辺整理をしていたのではないかと重盛は推測します。
 
 
しかし三隅にそのことを話すと、「分かってないなあ、重盛さんは」とはぐらかされてしまうのでした。そして結局、真実は分からないまま、裁判が始まります。
 
 
裁判が終わると、咲江が重盛を訪ねてきました。咲江は「三隅が父親を殺したのは自分のためだ」と衝撃の告白をします。そして、それを法廷で証言したいと言いました。
 
 
実は咲江は被害者で父親の山中光男から性的暴行を受けており、三隅はそんな咲江を守る為に山中を殺したと言うのです。三隅には30年前の殺人事件の当時、6歳だった娘がいました。重盛は、三隅は咲江に自分の娘の姿を重ねていたのかもしれないと考えます。
 
 
重盛は三隅と面会し、「あなたは咲江さんを救うために、彼女の父親を手にかけた。彼女の殺意をあなたが忖度した。」と語りかけます。するといきなり三隅が笑いだしました。そして、「あの娘、そんなこと言ってんですか?嘘ですよ、そんな話」と返すのでした。しかし重盛は、三隅は咲江を守ろうとしていると確信を得ます。
 
 
誤魔化そうとする三隅に詰め寄る重盛。そしてついに、「偽装のことで…」と、三隅は真実を話し始めます。
 
 
山中の会社は赤字続きであり、三隅は美津江から頼まれて、食品偽装を行なっていたのでした。三隅は続けて衝撃の告白をします。それは、「自分は山口を殺していない」というものでした。
 
 
検事や前の弁護士に「認めれば死刑にならない」と言われた三隅は、「工場で人の弱みにつけこんで生きているより、刑務所のほうが、嘘つかずにすむ」と考え、嘘の発言をしていたのです。それはまさしく「法廷戦略」でした。
 
 
三隅は目に涙をためて、「信じてくれますか…?」と重盛に問います。重盛は混乱していました。何が真実で、何が嘘なのか、もはや彼には分かりません。しかし、咲江を守ろうとしていることは、確かなように感じました。
 
 
三隅は、咲江が犯人だと疑われないように、また咲江が法廷で暴行されたことを話して傷つかないようにと、全力を尽くしているように見えます。同じく娘を持つ重盛には、三隅の気持ちがわかる気がしたのでした。
 
 
重盛は裁判で「無実」を主張することに決めます。「真実がどうであれ裁判に勝てればいい」と考える重盛の姿は、もうどこにもありませんでした。

スポンサーリンク

ラスト結末


そうして裁判が始まります。重盛は「法廷で暴行のことを明かさないように」と咲江を説得し、咲江は真実こそ言わないものの、三隅をかばうような発言をします。そして三隅は容疑を否認しました。その発言に会場は荒れます。
 
 
検察側、弁護側、裁判長で話し合いが行われ、裁判長は両サイドに目配せし、裁判をこのまま続行することを選択しました。それはまさしく「訴訟経済」でした。裁判にともなう時間や資金は、効率的に使われなければならないと考えている一同にとって、真実は大切ではありませんでした。
 
 
結局、三隅は「死刑」の判決を受けます。葛藤する重盛の手を取り、「ありがとうございました」と一礼して去って行く三隅。
 
 
三隅も、咲江も、美津江も、検察官も、裁判長も、重盛も、裁判では全員が嘘をついていました。しかし、裁かれたのは、殺人を否認している三隅ただ一人。
 
 
重盛は愕然としていました。結局重盛も三隅同様、咲江を守るために重盛の命を奪った一人だったのです。

スポンサーリンク

感想


誰しもが殺人の犯人であったというような結末の描かれ方が衝撃的でした。全ての真実が明らかになるわけではないので、映画を見た後には、考えさせられることが多くある作品になっています。
 
 
後味が悪いという感想もあるようですが、観客に結末やキャラクターの心理を考えさせるという監督の意向が面白いです。ぜひ皆さんも見てみてください!
 
 

スポンサーリンク

三度目の殺人のフル動画を無料視聴する方法

映画「三度目の殺人」を見逃してしまった方に朗報です。
 
 
「三度目の殺人」は、動画配信サービス「U-NEXT」動画を視聴することができます。
 
 


 
 
「U-NEXT」は、31日間以内の無料キャンペーンを行っているので、この機会に、お試ししてみてください。
 
 
▼今すぐ「三度目の殺人」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

U-NEXTが31日間以内無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「三度目の殺人」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はU-NEXTのサイトでご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました