スポンサーリンク

スカーレット第18話ネタバレ感想!雄太郎は歌手なの?

連続ドラマ

10月19日、NHK連続テレビ小説「スカーレット」の第18話が放送されました。
 
 
期待より少ない給料に、喜美子はがっかり。元女中の大久保に1人前と認められなければ、見習い扱いに。喜美子は日中働き、夜な夜な内職を続け、枕を投げ飛ばしてストレスを発散する。
 
 
喜美子はある日、新聞記者のちや子の取材を手伝うため、下着ショーに行くことに。女中の仕事は休みをもらい、とっておきのオシャレで出かけると、立ち寄ったちや子の職場で予想外の出会いが訪れる。
 
 
この記事では、10月19日放送の第18話のネタバレ感想について、お伝えいたします。
 
 

スポンサーリンク

前回までのあらすじ

喜美子は、徐々に仕事にも慣れ、多少は時間の余裕もできた。
 
そこで貴美子の得意な絵を用い、荒木荘の小物や名札を装飾した。
 
ところが、大久保に空いた時間があるならストッキングの繕いをしろと命じられる。
 
理不尽な大久保の要求に、喜美子はひそかに枕を仮想大久保として柔道技で投げ飛ばすのが日課となった。
 
 
 
あるとき、さだに呼ばれ、喜美子は大阪初日に行った懐かしい下着会社に行った。
 
そこでは、ショーの準備で大忙しだった。
 
喜美子は、さだに初めての給料を渡される。
 
しかし、その金額は貴美子が思ったより少なかった。
 
大久保の手を借りずにひとり立ちしたら、正式な給料にする、とさだに言われてしまった。
 
喜美子はがっかりとして荒木荘に帰った。
 
その日の貴美子の柔道の日課は、荒れに荒れた。
 
 
【前回のあらすじ】第17話ネタバレ感想!給料は1000円だった!

スポンサーリンク

スカーレット第18話のネタバレあらすじ

常治は、家の前で郵便配達の姿を見た。
 
急いで自宅に戻ると、いつもは夕飯に誘う運び人たちを帰した。
 
常治は、家族全員を集めた。
 
といっても、常治の他にはマツ、直子、百合子の総勢4人だったが。
 
常治は、喜美子が大阪へ行ったあとの妹たちの苦労をねぎらった。
 
そして貴美子の話になった時、常治は声をつまらせた。
 
マツが話を継いで、喜美子が初めての給料をまるごと送ってくれた、と話す。
 
皆が封筒に注目し、常治が封を切る。
 
まず貴美子からの手紙を取り出す。
 
それをマツが直子たちにも見せる。
 
それから、常治が千円札を取り出す。
 
一枚しかない!
 
常治は何回も封筒の中を調べた。
 
マツと顔を見合わせる。
 
 
 
ストッキングの出来が遅いと叱られ、喜美子はまた枕に柔道技をかけた。
 
そして、ストッキングを並べていたとき、玄関の戸を開ける音がした。
 
ちや子が帰ってきたのだ。
 
喜美子が作ったご飯を食べながら、ちや子は貴美子の給料が、あまりに少ないことに驚いた。
 
喜美子は、多くもらえたら、買いたいものがあったと言った。
 
ちや子に口紅を贈りたかったのだ。
 
さだの会社でメイクの講師が、口紅を塗ると元気になると言っていたから。
 
ちや子は、喜美子の気づかいを知った。
 
そして、切り絵を貼った茶筒と、コーヒーの無料券のことを思い出した。
 
ちや子は、きれいな茶筒をペン立てに使おうとしていたが、礼を言えずじまいだった。
 
その贈り主が喜美子かどうか、確信がなかったのだ。
 
ちや子も、記者がひとり辞めてしまった事情を説明した。
 
その記者は、他の新聞社から好待遇の条件を出されて辞めていったということだった。
 
 
 
翌日、喜美子は陽子たちが作ってくれた洋服を着てみて悩んでいた。
 
そこへ、ちや子が呼びにきた。
 
ふたりで下着ショーを見に行くことにしていたのだ。
 
喜美子が悩んでいたのは、その洋服にあう靴を持っていなかったからだ。
 
喜美子が着替えると言ったが、ちや子が自分の靴を貸してくれた。
 
ちや子は、新聞社でみてもらうから、喜美子の信楽焼きの陶片を持ってくるように言った。
 
 
 
大阪の雑踏のなかをふたりで歩きながら、ちや子は自分の勤める新聞社について説明した。
 
ちや子が編集局のドアをあけたとたん、丸めた紙が飛んできてちや子の頭に当たった。
 
中では、言い争いをしていた。
 
先輩の記者が後輩に記事のダメ出しをしていたのだ。
 
喜美子が、仕事の癖を出してその丸めた紙を拾いだした。
 
ゴミだと思って。
 
ちや子が、焼き物に詳しそうな上席の記者に、喜美子の陶片を見てもらう。
 
平田というその記者は、大学の先生に見てもらうから、預からせてほしいと言った。
 
喜美子は、平田の机の上の湯のみを見て、洗ってもいいかと聞いた。
 
つい汚れているのが気になったのだ。
 
喜美子は他の記者の分まで洗って、おまけに掃除までして編集局をでた。
 
ちや子は、申し訳ないと謝罪した。
 
 
 
下着ショーの会場では、本番前の緊張感がただよっていた。
 
ちや子がさだに取材している。
 
いよいよ、ショーが始まった。
 
さだが観客にむかい、洋装におけるブラジャーの重要性を説明した。
 
観客は魅了され、盛大な拍手で盛り上がった。
 
喜美子も満面の笑みだった。
 
 
 
喜美子とちや子は約束した通り、帰りに歌声喫茶に寄った。
 
ちや子はすぐに記事を書き上げ、カウンターの隅の電話で社に連絡を入れた。
 
テーブルにひとり残された貴美子に、マスターがコーヒーを運んできて、喜美子に店では歌も歌えると言った。
 
その通り、男性の歌が聞こえてきた。
 
なんと、雄太郎だった!
 
そして、ちや子も飛んできて、新聞社が高給で貴美子を雇いたいと言っている、と伝えた。
 
 
【次回のあらすじ】第19話ネタバレ感想!きみちゃんは新聞社で仕事体験

スポンサーリンク

スカーレット第18話の感想

喜美子、大阪でもとうとう認められる?
 
新聞社からスカウトされるなんて、すごいですね。
 
すこしの時間で認めてもらえるなんて。
 
これで大久保から解放される。
 
私はそう思うのですが、多分貴美子は苦しい道を選ぶのでしょうね。
 
 
 
常治は、なぜ最初にさだと給料の話をしなかったのでしょうか?
 
給料が出てからあせるなんて、それでふたりも雇い続けられるんですかね。
 
大阪から逃げてきて、何の反省もないのですか?
 
もし、喜美子の最初の給料をあてにしていたとすれば、自業自得の結果になるでしょう。
 
 
 
さて貴美子、新聞社に入る入らないは別にして、心強い友達ができましたね、
 
どちらも会話があちこち飛んで、それでも成立しているのが面白いですね。
 
それと、雄太郎、歌手を目指しているのでしょうか?
 
いずれにしても今後、喜美子と住人とのかかわり合いは、目が離せません。
 
それと、信楽の家族とのかかわり合いも。

スポンサーリンク

スカーレットを見逃した!見逃し配信を視聴する方法

スカーレットを第1話から最新話までリアルタイムで見たいと思っていたのに、見逃してしまった方もいるのではないでしょうか。
 
 
朝という時間帯は忙しい人も多く、見忘れてしまうこともあると思います。
 
 
でも、安心してください!
 
 
スカーレットを見逃してしまった方のために、見逃し配信を視聴する方法について、まとめたので、見てみてください。
 
 


 
 
再放送やダイジェスト放送などもあるので、見逃した場合は、参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました