スポンサーリンク

イエスタデイ(映画)のラスト結末は?ネタバレあらすじと感想も

洋画

ビートルズのいない世界を想像できますか?
 
 
この映画で無くなったものはビートルズだけじゃなくて、びっくりするようなものが多数無くなっているのですが・・・
 
 
発想が非常にユニークですよね。あなたならどう生きますか?
 
 
”イエスタデイ”を自分のものにしてしまいますか??

スポンサーリンク

イエスタデイのネタバレあらすじ


音楽で有名になりたいジャック(ヒメーシュ・パテル)は、幼なじみで親友のエリー(リリー・ジェームズ)の長年の応援もむなしく、いよいよ夢を諦めようとしていました。
 
 
路上で、クラブで、フェスで演奏するも、聴いてくれるのは友人だけ。
 
 
そんなある日、世界規模の大停電が発生しました。2000年問題のようなもの?
 
 
たった12秒。でも、世界中で。
 
 
その真っ暗闇の中でバスにはねられたジャックは、昏睡から覚めると、「面白い顔になった」とエリーに笑われます。
 
 
今度こそ本当に失うものもなくなったぞと思っていたジャックですが、エリーから新しいギターをプレゼントされます。美しいギターです。
 
 
このギターに合う曲をと、ビートルズの”イエスタデイ”を歌うと・・・
 
 
「ビートルズ?」「それ誰?」
 
 
ネットで検索しても全くヒットしません。これはいったいどういうことでしょう。世界中で、史上最も有名なビートルズに何があったのか。ビートルズを知っているのは世界中でジャックだけなのでしょうか。
 
 
記憶を頼りにビートルズの曲を演奏してみるも、やはり今まで通り。優れた楽曲のはずなのに人々に響かないのは、やはり問題は自分にあるのだなと落ち込むジャック。
 
 
しかし少しずつ、耳を傾ける人が増えてきます。そしてエド・シーラン(本人出演)がツアーの前座をしてほしいと依頼してきました。
 
 
恐る恐るだったジャックも次第に自信をもって、次々と、素晴らしい楽曲であることが保証されているビートルズの曲を発表していきます。自作の曲として。
 
 
ついにメジャーデビューが決まり、夢を叶えたかと思えるジャックですが・・・

スポンサーリンク

イエスタデイのラスト結末


やはり当然ですが迷いは生じます。これで良いのだろうか。
 
 
世の人々を騙しているのです。そして何より、敬愛するビートルズを裏切っているようなものですから。
 
 
ビートルズを覚えている人が二人、楽屋に訪ねてきました。批難される、捕まると思ったものの、二人は「感謝している」と言います。
 
 
「ビートルズの音楽を残してくれてありがとう」
 
 
「この世からビートルズの曲がなくなるなんて寂しすぎる」と。
 
 
ひとまずほっとするも、やはりこのまま突き進んでよいものか迷います。
 
 
有名になったジャックの元から、エリーは離れていきました。エリーがいたからここまで前を向いていられたことに、離れてみてやっと気がつきました。
 
 
迷ったとき力になるかもと、楽屋で手渡されたメモを頼りに会いにいった人はなんと、ジョン・レノン。40歳で暗殺されることなく、78歳まで幸せに穏やかに年老いたジョン・レノンです。
 
 
愛する人と穏やかに暮らす人生がなによりなんだと悟ります。
 
 
エド・シーランにお願いをして、彼のコンサートのラストに時間をもらいました。数曲を披露してからの告白タイムです。
 
 
ファンをはじめ、関わったすべての人に謝ります。自分が作った曲ではなかったこと、ビートルズというバンドの曲なんだと。世界中のすべての人が無料ですべての曲をダウンロードできますと。
 
 
そして最後にエリーへのメッセージです。”All Need Is Love”(愛こそすべて)
 
 
二人は結婚して、めでたしめでたし。

スポンサーリンク

イエスタデイの感想


”イエスタデイ”という曲はおそらく何らかの形で、数フレーズだけでも、多くの人が耳にしたことがある曲でしょう。国も世代も超えて、親しまれ愛されるビートルズです。
 
 
ポール・マッカートニー自身、この曲は最高傑作だと感じているそうです。曲を書き上げたとき、知らないうちに誰かの曲を盗んでしまったか、それとも夢かと思ったそうです。
 
 
個人的には映画のストーリーとも見事にマッチして、”ヘルプ”が良かったなと思います。ジャックの助けて感が滑稽なほどリアルでした。
 
 
ダニー・ボイル監督と製作のリチャード・カーティス、二人からビートルズへのラブレターなんだそうです。
 
 
213曲もある楽曲の中からどの曲をこの映画に使うか、全アルバムから掘り起こし、熟考を重ねたそうです。苦労もあるけれど、きっと楽しい作業だったのではないでしょうか。
 
 
収録しておいた演奏に口パクで合わせる方法ではなく、あくまでもライブ・レコーディングにこだわりました。随所に、ビートルズファンにはたまらない仕掛けも施されているようです。
 
 
この映画がビートルズ入門になってもいいですね。ぜひぜひ本人の演奏を聴いてみてください。ビートルズはさまざまな”愛”を歌っています。(”愛”という言葉の多さは聖書以上だそうです)
 
 
それからこの映画では、ほかにもこの世界から消えてしまったものが幾つかあります。その発想は本当にユニークです。個人的に、それがないとちょっと困るなというものがありました。でも、最初から無いんですもんね。仕方ありませんね。

タイトルとURLをコピーしました