スポンサーリンク

億男(映画)のラスト結末ネタバレ!あらすじと感想も

邦画

映画「億男」は、「世界から猫が消えたなら」の原作者で知られる川村元気氏の小説を、「ハゲタカ」シリーズなどの大友啓史監督が映画化。宝くじで3億円を当てた男が、真の幸せを探し求める姿を描くストーリー。
 
 
佐藤健さんが主演で、主人公の親友に高橋一生さん、そのほか、藤原竜也さん、北村一輝さん、沢尻エリカさん、池田エライザさんが出演しています。
 
 
この記事では、映画「億男」のあらすじと感想、ラスト結末ネタバレをお伝えいたします。

スポンサーリンク

億男のネタバレあらすじ

突然3億円を手に入れた男

主人公の一男は、失踪した兄の借金3000万円の返済のため、昼は図書館で司書の仕事をし、夜はパンの工場で働く生活をしていました。一男には妻と娘がいますが、家を出てしまい現在は一緒に暮らしていませんでした。娘のまどかとは時々共に過ごせる日があり、一男はそれを楽しみに仕事に励んでいました。
 
 
ある日、一男がまどかと商店街を歩いていると福引は行われていました。まどかは景品の自転車が欲しいようですが、一男にはまどかの願いを叶えられるお金はありません。
 
 
すると高齢の女性に声を掛けられ、福引の参加券をもらえることとなりました。
 
 
まどかのために、自転車を当てたい一男でしたが、当たったのは宝くじでした。
 
 
帰宅後、一男が宝くじの当選番号を確認すると、一男が所持している宝くじの券は1等3億円に当選していることが判明します。一男は大喜びしますが、その扱いに悩み始めます。
 
 
そこで、大学時代の友人の九十九に連絡し、当たった3億円の処理について相談します。
 
 
九十九とは大学時代に同じ落語研究会に所属し、親交を深めていましたが、久しく連絡を取っていませんでした。九十九は「バイカム」という商品売買の事業を立ち上げ大成功し、現在は巨万の富を得て都内のマンションに住んでいました。
 
 
久しぶりに会った九十九は、快く一男を迎え入れ一男が3億円のことを相談すると、すぐにお金を現金に換えるように言いました。言われるがまま現金3億円を引き出し、再び九十九のもとへ戻ります。九十九は「まずはお金を使ってみよう」と言い、とあるパーティへ一男を招待します。

消えた3億円

それは九十九主催のパーティで、そこで一男は泥酔してしまいます。目が覚めるとパーティで荒れ果てた部屋に一人残されており、部屋を探すも九十九の姿はなく、また保管していた3億円もなくなっていました。
 
 
借金の返済ができなくなるという不安に駆られ、一男は九十九に連絡しますが反応はありません。一男は九十九が3億円をもっているのではと疑い、九十九も探し始めます。
 
 
はじめに、九十九はパーティで交流を持ったあきらと言う名の女性にコンタクトを取ります。残念ながら彼女は九十九との接点を持っていませんでしたが、あきらから九十九が「バイカム」の時に共同経営者だった百瀬を紹介されます。
 
 
一男が事のいきさつを百瀬に話すと、九十九とはバイカム売却後から会っていないため行方は知らず、また九十九がいろいろな事業をしていることからお金に困っている可能性があるということを聞きます。さらにそこで一男は百瀬の勧めで実際に自分が馬券を買い成功体験と失敗体験をすることで、お金に振り回されることの不毛さを諭されます。
 
 
その後一男は九十九のことを調べ上げ、バイカム時代に百瀬と同じく九十九と関わりのあった千住という男のもと向かいます。
 
 
千住は現在、「ミリオネア・セミナー」という大富豪になるためのセミナーの主催を開催し、そこで多くの人から賞賛を受ける主催者となっていました。千住に九十九の居場所を尋ねる一男ですが、やはり千住も九十九とは連絡を絶っており、所在を知りませんでした。千住のセミナーに参加した一男は、その参加者たちが紙幣を破るという異様な姿に驚き、また千住からもお金の価値についての話を聞いて違和感を覚えます。
 
 
次に「バイカム」時代に九十九を助け、また元恋人関係にあったという十和子のもとを訪ねます。彼女は現在、団地に住んでお金やモノに一切興味のない夫と質素ながらも穏やかに暮らしていました。十和子は以前のお金やモノに執着していた生活よりも、現在のほうが幸せだ、と言います。しかし彼女は住居の床やふすま、壁などいたるところに大金を隠していました。「お金はあるだけでいい」という彼女の様子を見た一男はまた、お金とはどんなものかを考えさせられます。残念ながら彼女も、九十九の行方を知りませんでした。

スポンサーリンク

億男のラスト結末ネタバレ


一男は当選した3億円で借金を返済することで、妻の万佐子と娘のまどかとの3人での暮らしが戻ってくると信じていましたが、万佐子はその説明を一男から受けるも「あなたは変わってしまった」と言い離婚の意思を固めたままでした。借金返済のため、娘のバレエを辞めさせようとしていた一男に呆れ、そして今も何もわかっておらずお金に取りつかれたままの一男に対し、元に戻れないと告げます。
 
 
一男は九十九との出会いを思い返していました。
 
 
2人は大学の落語研究会で知り合い、すぐに仲良くなります。九十九は舞台に上がるとたちまち普段の吃音がなくなり、とても輝いていました。九十九は「芝浜」という演目が得意でした。それは、浪費癖のある男が財布を拾ったことで大金を得るも翌日財布がなくなり、妻の相談するとはじめから財布はなかったのではないか、と言われそれ以来男は勤勉に働き豊かな暮らしになり、実は財布は妻が落し物として届け出ていたことを後に知るも、妻にとても感謝したという内容の落語です。
 
 
卒業旅行で一男とともに、モロッコへ行った九十九はそこでのお金に関わる様々体験からインスピレーションを受け帰国後「バイカム」の事業を立ち上げます。
旅の中で九十九のお金への関心を垣間見た一男は、やはり九十九が3億円を持ち逃げしたとは思えませんでした。
 
 
その後一男は、まどかのバレエの発表会を見に行きます。そこでまどかが踊る様子をみた一男は、今までの自身の不甲斐なさを感じ、打ちひしがれます。
そんな一男の前に、3億円の入ったかばんを持った九十九が現れます。
 
 
一男は九十九の行動が、落語の「芝浜」の男の妻のようだと考えていました。
 
 
九十九は一男が自分のことを待っていてくれたことを、一男は九十九の優しさにお互い感謝します。そして九十九は一男の前から再びいなくなりました。
 
 
再び3億円を手にいれた一男は、そのお金でまどかが欲しがっていた自転車を購入します。
 
 
家の前で自転車を見つけたまどかは大喜び。そしてその自転車には「これが当選したお金で買った初めての買いものです」という貼り紙があり、それを見た万佐子は微笑んでいました。

スポンサーリンク

億男の感想


はじめ3億円が九十九とともになくなったことで、完全に九十九を疑っていましたが、とても良い人だったことに終盤涙しました。
 
 
そしてさまざまな「お金」に関わるエピソードや人々の考え方に触れることで、「自分にとってのお金の価値」について鑑賞者もすごく考えさせられる作品だったと思います。
 
 
自身にとってのお金の価値を見出せた一男が、再び家族3人笑顔で暮らす未来を手に入れたことを願います。
 
 

スポンサーリンク

億男のフル動画を無料視聴する方法

映画「億男」のノーカット動画を見たいという方に朗報です。
 
 
「億男」は、動画配信サービス「U-NEXT」動画を視聴することができます。
 
 


 
 
「U-NEXT」は、31日間以内の無料キャンペーンを行っているので、この機会に、お試ししてみてください。
 
 
▼今すぐ「億男」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

U-NEXTが31日間以内無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「億男」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はU-NEXTのサイトでご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました