スポンサーリンク

蜂蜜と遠雷のロケ地はどこ?コンサートホールの撮影場所も

邦画

2019年10月に公開された「蜂蜜と遠雷」
 
 
2017年に直木賞と本屋大賞を受賞した恩田陸さんの小説でピアノコンクールを題材にしていることから難易度も高く映画化することは不可能と言われてきました。
 
 
そんな中松岡茉優さん、松坂桃李さんなど豪華俳優陣が過激なピアノレッスンを受け、映画化公開され話題となりました。
 
 
この記事では、「蜂蜜と遠雷」のロケ地や撮影場所をお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

蜂蜜と遠雷とは?

3年に1度開催される若手の登竜門の芳ヶ江ピアノコンクール。
 
 
小さなコンクールではあるものの、優勝した人は世界的なピアニストへと進んでいる実績があり注目されているコンクールです。
 
 
今回のコンクールでは4人のピアニストに焦点を当てて描かれています。
 
 
1人目は幼少期天才と呼ばれていた栄伝亜夜。母親の死をきっかけに表舞台から姿を消した彼女が様々な思いがありエントリーすることを決めました。
 
 
2人目は28歳で年齢制限ギリギリの高島明石。
 
 
学生時代に国内のコンクールで受賞歴を持つ彼は、現在一児の父親で普段は楽器屋で働いていましたが、音楽だけで生活している人達には届かない領域を目指しエントリーをしました。
 
 
3人目は生まれ、育ち共に裕福な環境で育ったマサル・カルロス・レヴィ・アナトール。
 
 
音楽の英才教育を受けている彼は学生ながら王子と呼ばれその腕から優勝候補と言われています。
 
 
4人目はピアノ界の神様と呼ばれているホフマンの推薦状を貰った無名のピアニスト風間塵。
 
 
それぞれ別々の環境、人生を歩んできた4人が成長していく姿が描かれています。

スポンサーリンク

蜂蜜と遠雷の撮影場所

蜂蜜と遠雷はピアノ演奏が主の映画なので、ホールやコンサート会場で多くの撮影が行われています。
 
 
全てが同じ会場で撮影された訳では無く映画公開から間もないため全ての場所は分かっていません。
 
 
確定しているロケ地や目撃情報などから有力と思われるロケ地をお伝えします。

武蔵野音楽大学(埼玉県入間市)

物語のメイン芳ヶ江国際ピアノコンクールの会場として撮影されたのが埼玉県の入間市にある武蔵野音楽大学入間キャンパスの「バッハザール」です。
 
 
コンサートの会場としてだけで無く、楽屋、ロビー、レッスン室など多くの場所が使用されたことは武蔵野音楽大学公式ホームページにも記載されているので確定した撮影場所となっています。
 
 


 
 
入間市でエキストラとして100名の募集していましたが、おそらくバッハザールの観客としてだったのではないでしょうか。
 
 
バッハザールはこれまで山崎賢人さん主演の「羊と鋼の森」や織田裕二さん、ディーン・フジオカさん出演の「IQ246」武田真治さんがゲスト出演した「ドクターX」など人気作品の撮影場所としても使われています。
 
 
学校とあって一般の方は立ち入りが出来ないかと思いますが、コンサートや公演、社会人・教職員のための講習会などが多く行われているため気軽に入場出来る場所となっています。
 
 
場所:バッハザール
住所:〒358-0035 埼玉県入間市大字中神741−1

音降りそそぐ武蔵ホール

同じく埼玉県入間市にある音降りそそぐ武蔵ホールでも撮影が行われました。
 
 
詳しいシーンなどは明かされていませんが小規模のホールなので、昔の回想シーンなどに使用されたのでは無いかと言われています。
 
 
武蔵ホールもバッハザールと同じく入間市にあるので、エキストラの方々が参加していたかもしれません。
 
 
場所:音降りそそぐ武蔵ホール
住所:〒358-0011 埼玉県入間市大字下藤沢494

佐野市文化会館(栃木県佐野市)

11月19日栃木県佐野市でエキストラ募集で撮影がありました。
 
 
詳しい場所は説明されていませんが、これまで説明した通りピアノ演奏が主の映画でエキストラ募集内容でもピアノコンクールの観客役とされているので、大きなホールがある佐野市の文化会館が有力では無いかと言われています。
 
 
文化会館ではイベントや公演、また通常時でも利用料を支払うと入館出来る施設となっています。
 
 
場所:佐野市文化会館
住所:〒327-0831 栃木県佐野市浅沼町508−5

東京都江東区

12月3日に東京都江東区で松坂桃李さんの目撃情報がありました。
 
 


 
 
詳しい場所やシーンについては不明となっていますが、駅の近くで多くの目撃があった模様です。
 
 
劇中ではピアノシーンが大半を占めていますが、当然街並みも少しは描かれていますし、松坂桃李さんが演じているのは昼間は楽器屋で働くサラリーマン役なので、どこかのシーンで登場していると思われます。
 
 
場所:東京都江東区

神奈川県横浜市

横浜市で撮影があったとの声はありましたが、詳細については一切分かっていません。
 
 
エキストラの募集などもしていないようなので、江東区と同様に主要人物である4人の誰かが劇中で描かれているシーンの撮影が行われていたのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

「蜂蜜と遠雷」について簡単なあらすじやロケ地や撮影場所をお伝えしました。
 
 
ピアノコンサートの物語となっているため撮影地も主に大きなホールがある場所がロケ地となっています。
 
 
一般の方はあまり訪れることが無いかもしれませんが、誰でも立ち入ることが出来る場所ばかりです。
 
 
映画化は不可能と言われていた作品をピアノレッスンを重ねて作成しているので、迫力あるピアノ演奏はもちろん見応え十分で面白い作品ですが、撮影場所にも目を向けるとより作品が楽しむことが出来るかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました