スポンサーリンク

50回目のファーストキス(日本版)の名言まとめ!告白に使えるセリフも

邦画

2004年製作のアダム・サンドラー、ドリュー・バリモア共演作「50回目のファースト・キス」を原案として、2018年6月にリメイク作品として公開された「50回目のファーストキス」
 
 
新たな記憶を一夜で失ってしまう美女と、彼女に心奪われて何回もアプローチする青年の姿を描き、主演を山田孝之さん、長澤まさみさんが演じてムロツヨシさんや佐藤二朗さんなど豪華俳優陣も出演しています。
 
 
「50回目のファーストキス」では、たくさんの名言が出てきて、うっとりしてしまいます。
 
 
この記事では、日本版「50回目のファーストキス」の名言について、お伝えしていきます。

スポンサーリンク

50回目のファーストキスの名言とは?

映画『50回目のファースト・キス』には、感動的でロマンティックな名言が数多く登場しています。特に山田孝之演じる大輔が、長澤まさみ演じる瑠衣に対して送る言葉の数々は、うっとりするような素敵なものばかりで、言われて嬉しくない人はいないのではないでしょうか?
 
 
映画の中に出てくるロマンティックなセリフに対して、「男性が女性に告白する時に使えそう!」という声も上がっており、これから女性に思いを伝えようとしている男性には勉強になりそうですね。ぜひこれから紹介するセリフを参考にしてみてください!
 
 
また、ムロツヨシ演じる大輔の親友・ウーラ山崎が大輔に送る言葉の中にも感動的なものがあったので、そちらも合わせて紹介していきます。

スポンサーリンク

50回目のファーストキス(日本版)の名言まとめ

「君が僕を抹消した。君の存在が僕の幸せの邪魔になると。でもそれは間違いだ。君無しじゃ幸せはありえない。君こそ僕の幸せだ。そして僕は君の夢の男。」

 
 
物語の終盤で瑠衣が記憶を全て消した後、大輔と再会をして「何故大輔の夢を見るのか」と聞くシーンの一言です。
 
 
恋愛をしていく中で、「自分と一緒では相手は幸せにはなれない」と思った経験のある人もいるのではないでしょうか?そのような時に、「君なしじゃ幸せはありえない」と言ってもらえたら、二人で一緒に幸せを築き上げていけばいいんだ、と自分を責めることを辞めて2人で前に進めそうですよね!とてもロマンティックなセリフです。
 
 

「神は俺を生かした。この恋は成就する。」

 
 
大輔が、記憶を1日で失う瑠衣に毎日アプローチをする場面があります。ある日大輔は、縛られた状態で道に転がり、「これを見れば、確実に車を停めるだろう」と瑠衣の気を引こうとします。
 
 
しかし瑠衣はちょうどその時、車内でCDを変えようとしていて、大輔に気が付きませんでした。危うく轢きそうになりますが、幸運なことに瑠衣の車は車高が高かったので、その下をくぐり抜けた大輔は助かり、その後にこのセリフを言います。
 
 
大輔が死にそうになりながらも、非常に前向きな言葉を発するシーンは印象的でした。大輔のポジティブさが伺えて、つい応援したくなります。このくらい自信がある男性って魅力的ですよね!
 
 

「毎朝カフェに行って、読書している君を見る。そして毎朝、君をとても愛していることに気づく。」

 
 
このセリフは、夜の砂浜で瑠衣が大輔に自分のことを愛しているか問いかけた時に、大輔が返した言葉です。
 
 
「毎朝、君をとても愛していることに気づく」これはとても愛に溢れた言葉だと思います。カップルや夫婦の皆さん、普段パートナーが自分の隣にいることが当たり前になっていませんか?
 
 
そんな方はぜひ、愛する人と過ごすことのできる貴重な時間を噛み締めて、このセリフを送ってみましょう!二人の絆もより深まりそうです。
 
 

「毎日忘れてもらわなきゃ。案外退屈な男だってバレちゃうから。」

 
 
このセリフは、毎日記憶を失っていることに気が付いた瑠衣が、毎朝大輔のことを好きになれるか、心配になって聞くシーンに登場します。大輔は心配している瑠衣に対して、明るく冗談混じりにこう言いました。
 
 
心配事がある時には、深刻な返事よりも大輔のように明るく返された方が、時に心が軽くなることもあります。また、記憶をなくしてしまうことをマイナスではなくてプラスに考えるような大輔のこの一言から、大輔の心の優しさが伝わってきます。
 
 

「お前が論文通すためにめちゃめちゃ頑張ってたの、俺だけだからさ、見てたの。日本でさ、他のやつの研究に乗っかって、のほほんと研究すること捨ててさ。どう転ぶかわかんねえ自分の研究信じて、ハワイで星見てきたんだろうがよ。

 
 
それを、こんなことで…こんなことでって言っちゃうの、あれだけどな。今までの努力と、それを認められたことは無駄にすべきじゃないわな。あの子はお前のことなんて覚えてねえし、これから先お前のことなんか思い出さない。切ないことだけどそれは。それは、ラッキーと思うべきだと思うよ?」
 
 
少し長いセリフとなりましたが、こちらはムロツヨシさん演じる大輔の親友・ウーラ山崎が、大輔に送る感動的な言葉です。親友として大輔の研究に打ち込む姿を近くで見てきたからこそ言えるこの言葉に、胸を打たれました。
 
 
大輔が瑠衣を大切に思う気持ちを理解する一方で、やっぱり今までの努力を無駄にして欲しくない!と思う気持ちが溢れ出していて、熱い友情を感じます。こんな風に自分のことを考えてくれる親友がいたら、とても心強いですよね!

スポンサーリンク

50回目のファーストキス(日本版)のノーカット動画を視聴する方法

映画「50回目のファーストキス」のノーカット動画を観たいという方に朗報です。
 
 
映画「50回目のファーストキス」は、TBS・テレビ東京運営の動画配信サービス「Paravi(パラビ)」フル動画を視聴することができます。
 
 


 
 
「Paravi(パラビ)」は、登録後30日間が無料なので、この機会に、お試ししてみてください。
 
 
▼今すぐ映画「50回目のファーストキス」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

Paraviは登録後30日間が無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※ 本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。
※ 「50回目のファーストキス」はレンタル作品となっています。
スポンサーリンク

まとめ

この記事では映画『50回目のファースト・キス』の名言、セリフを紹介してきましたが、いががでしたか?
 
 
感動的なものやロマンティックなものばかりで、「自分も言われたい!」と思うものも多かったのではないでしょうか?
 
 
愛している人に気持ちを伝える際、ぜひ参考にしてみてください!
 
 
50回目のファーストキスの関連記事はこちらを見てみてください。
 

タイトルとURLをコピーしました