スポンサーリンク

世界仰天ニュース(2019年10月8日)4時間スペシャルのネタバレと感想

テレビ番組

10月8日(火)放送の「世界仰天ニュース」は、4時間スペシャル。
 
 
花火大会で爆発したあの事件から、視聴者から寄せられた地味に痛くて笑える&危険な食べ物事件を豪華ゲストたちが迫真の演技で紹介!また、大好評の仰天チェンジコンテストも。
 
 
この記事では、10月8日(火)放送の「世界仰天ニュース」4時間スペシャルの内容ネタバレと感想について、お伝えいたします。

スポンサーリンク

10月8日(火)放送の「世界仰天ニュース」の放送内容一覧

・アッチッチー美味しいパンが爆発
 
・OLの悲劇!!まさかのアレが大爆発!!
 
・妻を襲った痛みと悲しみと出費
 
・なめこおろしでまさかの苦しみ!
 
・偶然が重なって地獄の痛み!!
 
・まさか母がヤバイ所を激打ち
 
・テンションマックス男性が超体調不良
 
・ゴールドバーは誰の手に! 仰天チェンジコンテスト
  A)家族が急に敵になって仰天チェンジ!
  B)チャラ男の甘い言葉で仰天チェンジ!
  C)大阪の人が正直すぎて仰天チェンジ!
  D)愛するダルの魔法の言葉で仰天チェンジ!
 
・超人気のあのグルメで地獄を見た!
 
・大慌ての妻まさかのアレをはさんだ!!
 
・くつ下を脱ぐ妻は超キケン
 
・凶器になったくしゃみのパワー
 
・愛情たっぷりのアレで命の危機
 
・横着な移動で地獄の苦しみ
 
・はしゃぐ娘に気を付けろ!!
 
・花火大会で大爆発の悲劇
 
・ママはポットに何を入れた?
 
・亡くなった姉のために皆勤賞

スポンサーリンク

10月8日(火)放送の「世界仰天ニュース」の内容ネタバレ(前半)

アッチッチー美味しいパンが爆発

パン屋さんでアルバイトをしていた短大生のあやかさん。彼女がよく任されていたのが、カレーパンをあげる作業だった。

仕事にも慣れてきたある日、普通に揚げてきたカレーパンが突然大爆発!!

専門家によると、フライヤーの温度設定やパンを発酵させぎたなど、いくつかの悪条件が重なって爆発が起きた可能性があるとのこと。

カレーパンの爆発は普通に作ればまず起こらないので、安心していいそう。

OLの悲劇!!まさかのアレが大爆発!!

資料整理に追われる、OLのマキさん。

いらなくなった書類をシュレッダーにかけていたが何度も紙詰まりを起こし、ちっとも進まない。

マキさんが見つけたのはエアダスター。

エアダスターは、小さなゴミや埃などを吹き飛ばす道具で、パソコンのキーボードなどによく使われる。

エアダスターできれいになることに快感を得たマキさんは、どんどんキレイにしていき、シュレッダーの電源を再びONにした次の瞬間!!

突然、シュレッダーから激しい炎が。

実はこのエアダスターはガスで噴射するタイプだった。このガスは空気よりも重く気密性の高いシュレッダーの中に溜まってしまう。

しかもこのガスは可燃性!
電源をONにする際、スイッチの部分でわずかだがスパークする事があり、おそらくそのスパークにガスが引火し、一気に爆発したと思われる。

エアダスターの取り扱い説明にも「特にシュレッダー等の気密性が高い機器には危険です。絶対に使用しないでください」と明記されている。

さらに、シュレッダーの方にも「可燃性スプレーが使用しない」という注意表記がされていることが多い。

妻を襲った痛みと悲しみと出費

吉川さん夫婦に悲しすぎる地味に痛い事件が妻・明里さんに起きた。

髪を乾かし、部屋へ戻ろうとしたが、11月の夜はかなり冷え込むので、今日取り込んだ洗いたてのパーカーを着たら!?

実はこの中に蜂がいた!!

恐らく、洗濯物を取り込んだ時、蜂が紛れていたと思われる。

蜂が背中目掛け、ブスッ!!

悲鳴を聞き、夫が駆け付けた頃にはこの痛みの原因がわかった。
実はこの時期になると、よく家の中で蜂を目撃していたのだ。

急いでパーカーを脱ぐと、突然、風呂場に駆け込む夫。

パーカーごとお湯に沈め、蜂を水死させる作戦だったが・・・
血相を変えて追いかける明里さん。

それもそのはず、ポケットの中にはなんと携帯電話が入っていたのだった。

結局、蜂も死んだが、携帯も死んだ。

なめこおろしでまさかの苦しみ!

実和さんは、栽培キットを使って、自宅で様々なキノコの栽培を楽しんでいた。

今回はおみそ汁の具としても人気の、なめこに挑戦していた。

1か月程でなめこもうまく育ち、早速、母と2人で食べることに。水で軽く洗い、電子レンジで加熱。そこに大根おろし、醤油を加えたなめこおろしで食べてみる。なかなかの美味。

しばらく経つと、猛烈な吐き気と腹痛が。
「急にどうしたんだろう…」と思っていた時、なんと母親も同じ症状に。

その時、実和さんは思った。

さっき食べたなめこおろし、なめこの食感がちょっとだけいつもと違っていた。
あのなめこにアタッた。そう確信した。

なめこで大変な目にあった原因は加熱不足だった。

そもそもきのこの育つ環境は、カビや細菌が繁殖しやすいため、高い湿度環境を好むなめこにも、無数の微生物や細菌が付着しやすくなっている。

実和さんたちは、普段はなめこをちゃんと茹でていたが、この時は電子レンジを使用。
加熱時間が短かったので、この時は菌を殺せなかったと考えられる。

スーパーでよく見かけるなまこは十分に殺菌されているが、袋には「必ず加熱をするように」と注意書きがされているものもある。

ほとんどのきのこを食べる時は加熱が必要!

偶然が重なって地獄の痛み!!

被害にあったのは、OLをしていた純さん。

真夏のある日、オフィスへ持っていくお茶をキンキンに冷やしておこうと冷凍庫へ入れたが、このペットボトルを取り出す時、カッチカチのペットボトルが滑り落ち足の小指を強打!!

その痛みに耐え、立ち上がろうとした次の瞬間、開いていた冷凍庫のドアに後頭部が激突。なんと失神してしまった。

気を失った後、気づくと冷凍庫の中身はすっかり溶けていた。2時間以上も失神していたのだった。

会社には大遅刻。結局ペットボトルが落ちた小指は赤く腫れ上がり、頭にはタンコブができていた。

凍らせたペットボトルを取り出す時はくれぐれもご用心。

まさか母がヤバイ所を激打ち

ある年の暮れ、地味に痛い出来事がひとりの主婦を襲う。

この日は年末の大掃除。

隅々まで掃除をしていた母はカーテンの汚れが気になった。でも簡単にはカーテンは外せない。

なので、食卓の椅子を持ってきてのぼったが、この椅子は「折りたたみ式」だった。

カーテンが外れた次の瞬間!!

椅子が折りたたまれ落下し、なんと全体重が肛門に直撃。その後、全身をもろに強打。

悲鳴を聞いて駆け付けた娘たちに母は恥ずかしげもなく、お尻の確認を要求すると、肛門が青黒くなっていたという。

テンションマックス男性が超体調不良

青木勇太さんは、有給休暇を取り大学時代の友人と沖縄に旅行に来ていた。

初めての沖縄でテンションも上がる。
そんな中サトウキビジュースを見つけた。早速飲んでみたが、なんだかおかしな味。

しばらくして、急激なおなかの痛みが襲ってきた。

実は世界ではこの他にサトウキビの「カビ」が原因で事件が起きていた。

専門家によるとサトウキビの断面が赤くなっているのは酸化しているサインで、口にしても問題はない場合も多いが、内部まで赤くなっていると、カビが生えている可能性があるという。

腹痛を訴えた青木さんの場合、サトウキビが原因か不明だが幸い重篤になることもなく次の日には回復した。

サトウキビによる死亡事例は日本では確認されていないが、カビの生えたサトウキビ、特に海外では注意が必要。

スポンサーリンク

ゴールドバーは誰の手に! 仰天チェンジコンテスト

<A)家族が急に敵になって仰天チェンジ >廣瀬綾香さん / 116kg → 49kg

3歳の頃に両親が離婚したため、綾香さんは父と暮らすことになった綾香さん。
父の帰りは遅く、夕食はいつも祖父母の家。

例のごとく、おばあちゃんがなんでも好きなものを作っちゃうのでいつも満腹。さらに、食後はおじいちゃんがお菓子を食べさせてくれる。

中学校では、明るいデブキャラを確立。
友達は多かったが、このころのあだ名は、手がクリームパンに似ているからという理由で「クリームパン」

高校に入ると人生MAXの116キロに!!
ここまで太ると、電車に乗っただけで妊婦に間違われることもしばしば。

そんなとき、急に父と祖父が手のひら返し「いい加減に痩せろ」と言われる。愚痴をいうため母に会うと、追い打ちをかけるように責められた。

ついに綾香さんもプッチーン💢で、ダイエットの神が降りてきた!!

綾香さんはダイエットを決意。

116キロあった体重は、なんと49キロに。67キロのダイエットに成功。

<B)チャラ男の甘い言葉で仰天チェンジ> 眞希さん / 100kg → 53kg

小さい頃から周りよりひとまわり大きな女の子だった眞希さん。

そのワケは、一家のおかずが豪快な大皿スタイルだったから。実は父が大食漢でいつもおかずは争奪戦。

中学に入る頃には、165センチ85キロに成長。男女問わず友達がいたが、あだ名は「長州」。完全に男扱いされていた。

高校に上がる頃には、身長172センチで体重はマックスの100キロに。

そんな彼女に話しかけてきたのは、クラスのチャラい男子。

この男子は眞希さんを下の名前で呼び、さらに「超かわいい!」と言ったのだった。

この一言で一気に彼が気になる存在に。初恋だった。

そんな彼女にダイエットの神が降りてきた!!

MAX100キロあった体重は8か月で53キロに。47キロのダイエットに成功。

<C)大阪の人が正直すぎて仰天チェンジ> 瀬戸理加さん / 88kg → 53kg

幼い頃は小柄で可愛らしかったが、小学生で超たくましい女子へと成長した理加さん。

その理由は、母が仕事で3か月単身赴任をすることになり、祖父母の家に居候することになったから。

母が単身赴任から帰ってきた時にはたった3か月で体重はなんと15キロUP!!
母も誰だか分からないほど急成長していた。

小学6年で60キロオーバー。結局中学に入る頃には体重は70キロに。

ダイエットする気もなく体重は80キロへ激増。美人な母や姉とは違い、1人おデブ街道を爆進!

こんな調子で食べ続け、高校3年生で身長160センチ、体重は88キロに。

美容師の専門学校に進学するため大阪へ行くと、街行く人から「派手なデブやな~」「邪魔やで!人より幅とってんねんから」といじられ、専門学校でも「うわっ、めっちゃデブ!」といじられる。

「このまま入学したら絶対メンタル崩壊する」

そんなこんなでようやくダイエットの神が降り、専門学校入学のためおデブからの卒業を決意。

すると、MAX88キロあった体重は8か月で53キロに。35キロのダイエットに成功。

<D)愛するダルの魔法の言葉で仰天チェンジ> 川村澪香さん / 85kg → 49kg

川村家の長女・澪香さんは、生まれた時から3800gとちょっと大きめ。

小学校に入る頃にはプクプク太り続け、その原因はおばあちゃんの手料理にあった。

小学6年生で体重60キロに。高校に入るころには身長155cm体重は85キロ。

こうなると生活に支障が出始める。和式トイレは両手で突っ張ってないと、不可能に。

そんなある日、いつもDVDでしか見られなかったゴールデンボンバーが北海道にやってくるので、友達とお揃いで買ったピンクのセーラー服を購入。

偶然ガラスに映し出されたスレンダーな友達と自分の2人の姿に「あまりにも違う!私はとんでもなく太ってい!」と気づく。

ゴールデンボンバー・樽美酒の「次のツアーはまだ決まってないですけど、必ずまたやりますんで。空いてる時間、僕ら必死に頑張ってることをみなさんに伝えますんで、みなさんも負けずに、いろんな大人に負けずに必死に頑張って闘ってください!一緒に頑張りましょう」

という言葉にズキューン! 突然、ダイエットの神が降りてきた。

ダイエットを続けた結果、85キロあった体重が、1年後49キロに。36キロのダイエットに成功。

仰天チェンジのNo.1は、Aの廣瀬綾香さんに決定!!

スポンサーリンク

10月8日(火)放送の「世界仰天ニュース」の内容ネタバレ(後半)

超人気のあのグルメで地獄を見た!

岩田さん一家は、毎年のように家族でキャンピングカーでの旅をしている。東京を出発しまずは岩手県へ。道の駅やサービスエリアで車中泊をしながら北へ進んだ。

秋田にある「ぽよよんの森オートキャンプ場」へいく前、秋田名物の横手焼きそばを食べた。12日間にも及ぶ東北旅もここ秋田で終わり。

そろそろ寝ようかという頃、岩田さんを強烈な腹痛と吐き気が襲った。
さっきまでなんともなかったのに、突然おかしくなった。

岩田さんと妻、娘は数日間、入院することになり、検査の結果、急性胃腸炎の原因はやはり食中毒だった。

中でも娘の症状は特にひどく意識不明になり、集中治療室に入らなければならないほどの状態だった。

原因は、秋田名物・横手焼きそばだった。

横手焼きそばは、上に乗った目玉焼きが特徴で、それを崩して食べるとウマイのだが、息子は卵が苦手で麺だけを食べていたため症状が出なかったと思われる。

この時の卵にサルモネラ菌が混入していたと考えられた。

実は、卵を保管する際には絶対にやってはいけないことが2つあるという。

1つ目は、割れた卵をよく加熱せずに食べてしまうこと。
ごく小さな隙間からでも菌が入り込んでしまう恐れがある。

2つ目は、濡れた状態で保管すること。
卵が濡れていると殻に無数にある空気穴から菌が入り込んでしまう事がある。

卵の管理には要注意。

大慌ての妻まさかのアレをはさんだ!!

季節は夏。去年来ていた夏服を出すため、脚立に乗って服の整理を続けていた横井京子さん。

そんな時、友人と約束をしていた京子さんの家のインターホンが鳴った。

約束を忘れていた京子さんは、慌てて脚立を片付けようとした。

その瞬間!!

前傾姿勢で固い脚立をなんとか閉じたようとしたとき、彼女の両乳首が挟まってしまった。そのあまりの痛さに大号泣。

くつ下を脱ぐ妻は超キケン

蒸し暑い梅雨の日に散歩に出かけていた親子。

玄関先で妻は靴を脱ぐと、その場で靴下を脱ごうとしたが、汗でムレムレの靴下はなかなか脱げない!

幼い息子はお風呂場へ直行してしまったため、焦った妻は立ち上がると、片足立ちになって、つま先から靴下を引っ張っていた。

ムレムレの靴下はなかなか脱げず、次の瞬間!!

勢いよく脱げた靴下を持った妻の拳が、なんと夫・孝明さんの股間に大ヒット。

その場にうずくまり悶絶した孝明さん。しばらく動くことができなかったという。

凶器になったくしゃみのパワー

ドジな彼女はおっちょこちょいな性格ゆえ、よく体をぶつけたり、転んだりしていた。

そんな彼女は、もう1つある事に悩まされていた。
それはくしゃみ。鼻炎持ちで年中くしゃみが止まらない。

朝のロッカールームで急いで制服に着替えていると次の瞬間!!

「ハックシュン」

なんとくしゃみの勢いでロッカーに激突してしまった。痛みに耐えた席に戻った次の瞬間もまたクシャミ。

すると、なんと前歯が飛んでいった!!

ロッカーにぶつけことで神経を傷つけてしまい、抜けた歯以外にも3本が損傷。
全部で4本の歯が差し歯になってしまった。

かかった治療費は総額100万円超え。

愛のキスで赤ちゃんが命の危機

イギリス北部の街、ダラム。この街に住む夫婦、コナーさんとブローガンさん。
そして、2人の間に生まれた、ケイラちゃん。

ケイラちゃんの体に無数の赤い斑点が口の周りや手足、全身に及んでいた。すぐに病院へ。この症状の正体は一体何なのか。

血液検査などが行われ、原因が判明。

ケイラちゃんの体内からへルペスウイルスが検出された。

ケイラちゃんはいつ、どこで感染したのか?すると医師からこんな質問が。

医師「最近、ケイラちゃんにキスをしませんでしたか?」

実は、親戚夫婦が訪ねてきた時、ケイラの口にキスをしていた。その親戚は少し前にヘルペスの症状が出ていたのだった。

今回原因になった単純ヘルペスウイルス(Ⅰ型)は、世界の50歳未満の人口の7割近くが体内に持っており、その多くは自覚症状がないまま普通に生活している。

神経質になる必要はないが、赤ちゃんにキスをするのはちょっとだけ注意を。

横着な移動で地獄の苦しみ

妻のアミさんはちょっとズボラ。

アミさんが座っているのは、普通は硬くて座りづらい敷居の上。なんと、その敷居のトゲがアミさんのお尻にブスリ!! 左のお尻の下あたりに命中した。

なんと根本まで刺さり、ほとんど頭が出ていない。

病院で処置が行われたがトゲは予想以上に長かったが、ようやく抜けた。

はしゃぐ娘に気を付けろ!!

パパは最近、痔が悪化。

そんなパパが気持ちよくなるのが、お風呂。

ある日の夕食後、いつものように湯船につかっていると、いつものように娘が入ってきた。

テンションが上がった娘は突然湯船にダイブ!!

次の瞬間、足を滑らせパパの大事な方へ。それだけでなく足の親指が肛門にズボッと入った。

普通でも痛いのにパパは痔持ち。これは地獄。風呂場でパパの悲鳴が響き渡った。

花火大会で大爆発の悲劇

2013年8月15日、福知山花火大会露店爆発事故。

福知山を流れる由良川の河川敷で行われる花火大会には、100以上の露店が出る。
その準備が進められていた。

この日の最高気温は37.2度。

ベビーカステラの露天商の男は、発電機を動かすガソリンが入った携行缶を、炎天下に置いてしまった。

これが取り返しのつかない恐ろしい事件に発展する。

午後6時30分ごろ。携行缶は、熱風が吹き出す発電機のすぐ横に置かれてあった。

携行缶の蓋をあける際は、ガス抜き栓から気化したガソリンを一度抜かなければ危険と注意書きがある。

花火が始まる直前、ベビーカステラ店の発電機のガソリンが切れそうになったため、男は急いで発電機にガソリンを入れようとした。

携行缶のガソリンは、日向におよそ4時間。さらに、発電機の熱風で熱せられていた。

ガス抜きをして、細心の注意を払わなければいけなかったのに、男はガス抜きをしなかった。

携行缶を開けるとガソリンが噴射。噴き出したガソリンは見物客にかかった。

そして、男は吹き出すガソリンを撒き散らしながら、ついには店のコンロに引火し爆発。
その炎は、ガソリンがかかった多くの人たちを襲った。

花火会場は大パニック。熱さに耐えられず川に飛び込んだ人もいた。
そして、1回目の爆発から数分後、2回目の爆発が。

ガソリンの入った缶のすぐ近くにいた空くんと竹内さん。
空くんを必死に守ろうとした竹内弘美さんは、全身を火傷し、2日後に亡くなり、竹内さんが亡くなった2日後、空くんも息を引き取った。

2人とも熱風を吸い込み、気管や肺を火傷したためだった。

翌日、爆発事故は報道で大きく取り上げられた。
夜が明けた現場には、焼け焦げた残骸が散乱し爆発の激しさを物語っていた。

2014年3月27日。
露天商の男に業務上過失致死傷の罪で禁錮5年の判決が下った。

爆発事故で亡くなった方は3人。負傷者は48人。そのうち半数以上の人が重傷。

ガソリンを扱う者のあまりにも不注意な行動で起きた悲惨な事故。

爆発を起こした男性は現在出所している。
しかし現在も、遺族への直接の謝罪は一切ない。

ママはポットに何を入れた?

うっかりママのせいで、小学生の娘が超痛い思いをした。

この日は真夏のうだるような暑さ。

そんなときは冷たい麦茶が飲みたくなるが、この日、ママが用意してくれたのは、なぜかいつもの水筒じゃなかったためコップがなかった。

いつも家で使っていた魔法瓶にアッツアツの番茶を入れて娘に渡したのを、ママは伝えていなかった!!

豪快にポットから直接口に流し込んでしまった娘は、口の中を火傷。
しばらく食べ物の味もわからなかったという。

亡くなった姉のために皆勤賞

アメリカ・ジョージア州に生まれた、アレックス・クンダくん。

どこにでもいそうな少年だが、実は、心に強く決めていることがあった。
それは、小学校から高校卒業まで学校を一度も休まないという事。

実はそれは、とてつもなく困難な事。
アメリカでは、他人に移す病気の疑いがある場合、本人に登校の意思があっても学校側に拒否されることがあるからだ。

学校を休まないためには毎日規則正しい生活を心がけ健康管理が重要となる。

一体なぜそんなにも頑張るのか?それは、胸に秘めたある思いがあった・・・

アレックスがまだ小学校に通い始める前、少年には3歳上の姉・ミランダがいた。
2人はいつも一緒で、まるで親友のような関係。

姉・ミランダは、学校が大好きで、アレックスに大きくなったら一緒に学校に行こうと約束してくれた。

そんなミランダは、自己免疫性肝炎という難病で帰らぬ人に。医師も想定外の急変だった。まだ小学1年生。短い生涯だった。

亡き姉との約束を守るため、必死に頑張ったのだった。

アレックスの高校の卒業式の映像では、校長が13年間1度も休まなかったアレックスをたたえていた。会場は大拍手!!

姉との約束を守りきった瞬間だった。

亡き姉と密かに交わした約束を守った13年間。きっと天国のミランダにも届いているだろう。

スポンサーリンク

10月8日(火)放送の「世界仰天ニュース」の感想

4時間スペシャルだったので、内容が盛りだくさんでした!!

その中でも印象に残ったは、福知山花火大会露店爆発事故。

ニュースの報道では知らなかった被害者の方や、被害者遺族の声を聞けたことで、事故の衝撃がさらに深い悲しみに包まれました。
 
 
世界仰天ニュースの記事はこちらを見てみてください。
 
 

タイトルとURLをコピーしました