スポンサーリンク

スカーレット第8話ネタバレ感想!草間が柔道をきみちゃんに教える

連続ドラマ

10月8日、NHK連続テレビ小説「スカーレット」の第8話が放送されました。
 
 
第8話では、借金を立て替え、川原家のピンチを救った川原家の元居候・草間。だが父・常治はその好意を受け入れられず、なけなしのお金をかき集めて返そうとする。喜美子は常治の行動が納得できず、常治と衝突。すると「男の意地や」と本音を明かされ、言葉が胸に刺さる。喜美子は悩んだ末、ある宣言をすることに。
 
 
この記事では、10月8日第8話放送のネタバレ感想について、お伝えいたします。
 
 

スポンサーリンク

前回までのあらすじ

信楽の地で女性陶芸家を目指す川原喜美子。
 
 
大阪から信楽の地へ引っ越して来たのは春。季節は移ろい、冬に入り、川原家の生活もようやく安定したように見えた。
 
 
しかし、大阪から借金取りが追いかけてきて、常治は自宅がバレているにもかかわらず、嘘をつきひとり逃げ出した。喜美子が帰宅すると、借金取りたちが居座っていた。
 
 
借金取りたちの言い分にも一理あった。彼らにも家族があり、悪いのは踏み倒して逃げた常治だった。
 
 
直子は、大きい方の男にかみつき、ゆで玉子を取って逃げた。逃げられた男は直子を捕まえ、こらしめようとしていた。そこに現れたのは、なつかしい宗一郎だった。
 
 
直子は逃れ、怒り狂った大男は宗一郎に拳をふるった。しかたなく宗一郎は、柔道の技で投げ飛ばした。借金取りが帰ったあと、喜美子は宗一郎に柔道を教えてくれ、と頼んだ。
 
 
いっぽう、忠信からラジオを受け取り、喜美子たちへの土産の手袋を持ち帰宅しようとした常治は、借金取りにでくわした。
 
 
常治は、宗一郎が彼らに借金の一部を肩代わりしたことを知らされる。
 
 
家に帰った常治は、宗一郎に直子を助けてくれた礼を言った。
 
 
しかし、自分の借金の肩代わりは困ると宗一郎に言った。
 
 
金を出した。880円も。
 
 
しかし、足りなかった。
 
 
宗一郎は助けてもらった分だから、いいと言ったが、常治は家じゅう不足分を探し回った。喜美子は、常治を止めようとした。
 
 
そこへ、常治の平手が飛んだ。
 
 
【前回のあらすじ】第7話ネタバレ感想!草間が強いし、かっこいい!

スポンサーリンク

スカーレット第8話のネタバレあらすじ

父に平手打ちされた貴美子は、反抗的な目つきをした。母が、遅いからもう寝なさいと、父子の間に入ったが、貴美子は首を振った。
 
 
宗一郎もとりなそうとしたが、常治は貴美子には話してもわからない、と言った。
 
 
貴美子が食い下がると、男には女にはない意地と誇りがある、と父が答えた。
 
 
常治は、宗一郎に騒動を謝罪し、必ず返すから少し待って欲しいと答えた。
 
 
父は皆に、もう寝るように命じた。
 
 
・・・貴美子は眠らず考えた。「意地と誇り」の意味を。
 
 
翌朝、水をくみながら、喜美子には意味が分かった気がした。
 
 
手伝うという宗一郎に水くみをまかせて、喜美子は父のもとに走った。父は縁側で足の爪を切っていた。
 
 
喜美子は、一晩じゅう考えていたことを父に話そうとした。
 
 
しかし言葉が浮かばない。
 
 
父がじれて、大きな声を出した。母が出てきて、直子たちがまだ寝てるから、とたしなめる。喜美子が座って、落ち着いて話し始める。水をくみ終わった宗一郎が、玄関口で聞くとはなしに聴いている。
 
 
喜美子は紙芝居に行った時の話をした。
 
 
お金が無くて菓子が買えなかったこと、直子にだけくれと言ってももらえなかったこと、厚かましいと言われて悔しかったことを父と母に話した。
 
 
紙芝居だけは、お金を出さずに見られる、と言われたが見ずに帰ってきたことを話した。
 
 
喜美子は、なぜ紙芝居を見ずに帰ったのかをそのときは分からなかった、と言う。
 
 
それが、昨晩の父の一言で分かった、と言うのだ。父は居心地悪そうだった。
 
 
喜美子は顔を伏せて、見たかった、菓子も食べたかったと本音をもらす。
 
 
そして顔を上げて、あのとき帰ったのは、昨晩の父のそれと同じだ、と胸を張る。
 
 
そしていっぱいに息を吸い込むと、大きな声でこう言った。
 
 
「女にも、意地と誇りはあるんじゃあ!」
 
 
宗一郎は、大野雑貨店の前で、忠信や陽子に尋ねていた。どこかに道場はないのかと。
 
 
亡くなった照子の兄の道場があるという。
 
 
忠信は、使いたい人がいると話してみる、と請け合った。
 
 
そこに貴美子が来た。
 
 
信作と一緒に登校するためだ。
 
 
宗一郎は、東京行きを延期して貴美子に柔道を教えてくれるという。
 
 
喜美子は、願いがかなって大喜びした。
 
 
陽子は、信作にも教えてくれ、と宗一郎に頼んだ。
 
 
宗一郎は、前の失敗を繰り返さぬよう、常治とふたりきりで話をした。
 
 
細かい話が苦手な常治も、喜美子に柔道を教えてくれることと、宗一郎の間借り代及び食費を相殺して貸し借りなしということにした。
 
 
こうして、喜美子たちは初めて柔道着を試着していた。
 
 
寸法が合わないものは、マツが直した。
 
 
直子は、つまらないからやらないと言った。
 
 
そこへ、黒岩次郎の母が現れた。
 
 
次郎は、あのわんぱく少年たちの番長格だった。
 
 
喜美子が笑いながら威嚇した。
 
 
・・・道場。
 
 
宗一郎は、喜美子たち7人の子供たちを前にして、柔道の心構えを話した。
 
 
喜美子は、宗一郎の話を大きくうなずきながら聞いた。
 
 
まずは、道場の清めること、掃除から始まった。
 
 
そこへ、もうひとり来た。
 
 
照子だった!
 
 
【次回のあらすじ】第9話ネタバレ感想!照子はどこに行った?

スポンサーリンク

スカーレット第8話の感想

常治、喜美子が素直な子でよかったね。
 
 
正直、私には耐えきれません。
 
 
金を貸した側の言い分を聞かされると、ましてそうです。
 
 
ひょっとすると、喜美子は達観して借金取りの言うところの「おとな」になろうとしたのかもしれません。
 
 
そして、言葉ではなく、今後の行動で常治に見本をしめそうとしたのかもしれません。
 
 
マツ、感激して泣いている場合ではないですよ。本来は、妻が夫に言うべきことです。
 
 
たとえ、ラジオや手袋を諦めたとはいえ、けっきょく忠信に無理を言って作った金だったのですよ。
 
 
転売できるのならともかく・・・
 
 
宗一郎は、きっと貴美子のまっすぐな性格が曲がらないように、忍耐できるように柔道を教えたかったのだと思います。
 
 
あんな父親でも、敬い続けられるようにと。

スポンサーリンク

スカーレットを見逃した!見逃し配信を視聴する方法

スカーレットを第1話から最新話までリアルタイムで見たいと思っていたのに、見逃してしまった方もいるのではないでしょうか。
 
 
朝という時間帯は忙しい人も多く、見忘れてしまうこともあると思います。
 
 
でも、安心してください!
 
 
スカーレットを見逃してしまった方のために、見逃し配信を視聴する方法について、まとめたので、見てみてください。
 
 

 
 
再放送やダイジェスト放送などもあるので、見逃した場合は、参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました