スポンサーリンク

海よりもまだ深く(映画)の樹木希林の名言やセリフまとめ

未分類

映画「海よりもまだ深く」は、「海街diary」などの是枝裕和監督が、「奇跡」以来の阿部寛さんと樹木希林さんとのタッグで、なかなか大人になれない男の姿を描く感動の映画。
 
 
阿部寛さんと樹木希林さんのほか、真木よう子さんや小林聡美さん、リリー・フランキーさんが共演。思っていた未来とは少し違う現実を生きる家族の姿が印象的に描かれています。
 
 
この記事では、映画「海よりもまだ深く」の樹木希林さんの名言やセリフについて、まとめましたので、お伝えいたします。

スポンサーリンク

『海よりもまだ深く』で樹木希林が演じる役は?


樹木希林さんといえば日本を代表する大物女優で、これまで多くの作品で存在感のある役を演じてきました。その演技力の高さは、国内外から高く評価されています。
 
 
そんな樹木さんは、本作『海よりもまだ深く』で、ダメな人生を送る中年男の良多(阿部寛)の母親・淑子を演じています。樹木さんにぴったりの役で、まるで本人として登場しているのでは?と思うくらいに馴染んでいます。
 
 
息子の良多は、過去に文学賞を1度とっただけの自称作家で、今は探偵事務所に勤めています。母の淑子は、そんな良多にとって頼みの綱となっていました。良多はギャンブルに目がなく、淑子にお金をせがむこともしばしば…。そんな息子を持つ母の淑子は団地で一人、気楽な独り暮らしを送りながら、情けない息子を穏やかに見守っているのでした。

スポンサーリンク

樹木希林の名言やセリフ


映画『海よりもまだ深く』では、多くの名言が登場しています。その中でも特に注目すべきが、樹木希林さんのセリフです。人生を重ねたからこそ言える言葉の数々に、映画を見た人からは「考えさせられるセリフが多く、大切な作品となった」という声や、「樹木希林さんが名言マシーンでした」という声が上がっていました。
 
 
では、そんな樹木希林さん演じる淑子の名言を紹介していきます。
 
 
・「幸せってのはね、何かを諦めないと手に出来ないもんなのよ」
 
 
叶わぬ夢ばかり追いかける情けない息子・良多と、亡くなった父親について話している時に、だめな息子を穏やかな眼差しで見つめながら、母・淑子が言い放つ言葉です。私生活でも様々な苦労があった樹木さんがこのセリフを言うと、すごく重たい言葉に聞こえますね。
 
 
人生において、自分の欲しいもの全てを手に入れることはできないということを、人生経験豊富な樹木さんは知っていたのかもしれません。まるで淑子という役と、自分のこれまでの人生を重ね合わせてつぶやいている言葉のようです。
 
 
・「なんで男は、今を愛せないのかねぇ…」
 
 
男性は目の前の幸せより、過去の栄光や成功に縛られてしまいがちです。過去の栄光が大きいものであれば、なおさらそうであるかもしれません。樹木さん演じる淑子の息子である良多は、15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家でした。彼もまた、文学賞をとったという過去に縛られ、そのせいで人生の歯車が狂い、妻とは別れることとなってしまいます。
 
 
人は誰しも「昔はこうだったのに…」と嘆いてしまうことが、生きていればあるかと思います。しかし「今この瞬間」に目を向けてみれば、意外と小さな幸せが目の前に転がっているものです。また見方を変えてみれば、今の状況を面白いと思えることもあります。
 
 
例えば、樹木さんは生前、病気によって左目を失明していますが、その時には「世の中見えすぎて、片目でちょうどいい。」と語っています。また乳がんで右乳房を全摘出した際には、「私は変人だから、こう言ったら怒られるかもしれないけど、Tシャツ着た時とか、なんか邪魔だと思ったから。」と話していました。清く現状を受け入れ、流れに身を任せながらポジティブに人生を生きるその姿は、私たちにも勇気や希望を与えてくれます。
 
 
樹木さんのように、辛い経験もポジディブに考え、何事も楽しんで「今」を生きていきたいものです。
 
 
・「台風ってなんかわくわくするのよねぇ」
 
 
ある日、偶然淑子の家に集まった良多、響子、真悟が台風のため翌朝まで帰れなくなり、一緒に過ごすことになるシーンでの一言です。映画の役としての一言なのですが、同時に樹木希林という人物を象徴するような言葉にも感じます。
 
 
樹木希林さんは生前、内田裕也さんと結婚していましたが、内田さんが元交際女性に対する強要未遂と住居侵入の容疑で逮捕されるなど、その人生は台風のように大荒れのことが多かったと思います。
 
 
しかし、樹木さんはそんな内田さんに振り回されながらも、自らの人生を謳歌し楽しんでいたようにも見えました。その生き方にはまさに「ロックンロール」という言葉がぴったりですね。

スポンサーリンク

感想


映画『海よりもまだ深く』では、樹木希林さんの名言を聞くことができます。セリフの一つ一つが、樹木さんだからこそ重みあるものとなっていますよね。役として発している言葉のはずが、樹木さん自身の言葉のように聞こえ、私たちの胸にストンと入り込んできます。樹木さんのように静かで穏やかで、かつ芯のある強い女性になりたいものです…。
 
 
この作品での樹木さんの言葉は、「人生」という深いテーマを考えさせてくれます。人生には悩みがつきもので、人はその悩みと向き合いながら生きていきます。この映画のセリフはそんな人生の壁に突き当たった時に、思い出したいものが多いと感じました。樹木さんの言葉が私たちに元気を与え、救ってくれるのではないでしょうか?
 
 
この記事では、映画『海よりもまだ深く』の樹木さんのセリフについて紹介しました。ぜひ皆さん、映画を見て、樹木さんの言葉を感じてみてください!
 
 
「海よりもまだ深く」の関連記事はこちらを見てみてください。
 

スポンサーリンク

「海よりもまだ深く」の見逃し動画を無料視聴する方法

「海よりもまだ深く」の見逃し動画を視聴したいという方に朗報です。
 
 
「海よりもまだ深く」は、動画配信サービス「U-NEXT」に無料登録で動画を視聴することができます。
 
 


 
 
「U-NEXT」は、31日間以内の無料キャンペーンを行っているので、この機会に、お試ししてみてください。
 
 
▼今すぐ「海よりもまだ深く」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

U-NEXTが31日間以内無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「海よりもまだ深く」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はU-NEXTのサイトでご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました