スポンサーリンク

スカーレット第6話ネタバレ感想!墓場が待ち合わせなのはなぜ?

連続ドラマ

10月5日、NHK連続テレビ小説「スカーレット」の第6話が放送されました。
 
 
第6話では、 居候・草間との突然の別れを乗り越えた喜美子。小学校では、同級生・照子と信作との三角関係に巻き込まれ、喜美子は二人の待ち合わせに付き合うことに。約束の場所はなぜか墓地。
 
 
ところが信作は心のうちを喜美子だけに打ち明けて姿を消してしまう。
 
 
この記事では、10月5日第6話放送のネタバレ感想について、お伝えいたします。
 
 

スポンサーリンク

前回までのあらすじ

信楽の地で女性陶芸家を目指す川原喜美子。まだ小学生の貴美子には、こころ強い教師がいた。学校にではなく、自宅に。
 
 
幼い貴美子をおとな扱いして、人をからかうことを戒め、人の心を敬うことを教えてくれた。
 
 
貴美子の絵の才能を見抜き、そしてほめてもくれた。
 
 
そんな心の師、宗一郎が旅立ってしまった。
 
 
貴美子に1枚の手紙を残して。
 
 
貴美子はひとりで涙を流した。
 
 
【前回のあらすじ】第5話ネタバレ感想!宗一郎さんはどこにいった?

スポンサーリンク

スカーレット第6話のネタバレあらすじ

はじめての冬。
 
 
川原家には、やっと電気が通った。そして、風呂もできた。
 
 
ただ、やはり風呂焚きは貴美子の仕事だった。はじめは失敗ばかりだったが、次第に薪をどう焚けば、適温になるのか、理解した。次第に文化的な生活ができるようになった。
 
 
庭で、貴美子が野菜も育て始めて、食卓にも並ぶようになった。貴美子にも、ようやく幸せの予感が感じられるようになった。
 
 
父も、なんと問屋の集会に出席できるようにまで、会社の信頼も得たようだった。ただ、常治は集会には、飲み代だけはちゃっかりマツから巻き上げて出かけて行った。
 
 
上機嫌で家を出た常治だったが、玄関を出てすぐに顔色が変わった。
 
 
家に向かう2人の風体が、明らかにおかしい。
 
 
大阪から追いかけてきた借金取りだった!
 
 
常治は他人のふりして、その場を乗り切った。しかし、その借金取りは、自宅に上がり込み、居座った。
 
 
その頃、学校では、貴美子の絵が教室に飾られ、読み書きができるようになって偉いと先生が貴美子をほめた。照子が近寄り、自分のおかげで読み書きができるようになったと、貴美子に恩着せがましく言った。
 
 
照子がそう言ったのは、信作への手紙を信作に渡してほしいからだった、貴美子が信作の家に行くと、母の陽子が信作は熱をだして寝ている、と答えた。
 
 
そこへ、忠信が現れた。
 
 
常治が注文したラジオが届いたのだ。貴美子は家にラジオが来る、と聞いて大喜びした。
 
 
貴美子が信作の家を出ると、照子が待っていた。照子は黄色い花束を持っていた。
 
 
・・・信作の家では、照子の手紙を信作の両親が読んでいた。信作を陽子が冷やかした。手紙を読んでいる信作に、わざわざ読んでやったのだ。
 
 
「墓地でまっています。照子」
 
 
照子のあとから貴美子が、墓地なんてと文句を言いながらついてくる。貴美子とふたりで墓地に向かいながら、照子は墓地に行くわけを説明した。墓地は人目につかないからだと。
 
 
照子は、自分の兄もここで女の人に会っていた、と貴美子に教えた。そんな話をしていたら、信作が来た。
 
 
貴美子が駆け寄り、信作の熱を心配した。
 
 
照子が、来て、と手招きして駆け出した。
 
 
用無しとなった貴美子が帰ろうとすると、信作がすがるようにして、貴美子に頼んだ。もう勘弁してくれるよう、照子に言ってくれと。
 
 
貴美子はゴリラ顔をして断った。
 
 
「帰った?」
 
 
照子が貴美子に聞いた。貴美子は、ゴリラ顔をしてみせた。
 
 
照子は、がっかりしたが、駄目ではないかと、感じてもいた。
 
 
照子は、互いの身分が違いすぎる、と大人びたことを言った。
 
 
貴美子は帰ろうとしたが、照子の兄の誕生日だから、一緒に挨拶して欲しいと貴美子に頼む。
 
 
照子の兄は、学徒出陣をして亡くなっていたのだった。お骨さえ帰ってこなかったのだ。
 
 
照子は兄の墓に黄色い花をたむけながら、兄が年の離れた自分や信作のことを可愛がってくれた、と貴美子に言った。
 
 
去年までは信作も一緒だったのに、とも・・・
 
 
照子はしゃがんで兄を悼んだ。
 
 
貴美子も一瞬ためらったが、となりで手を合わせた。
 
 
照子と貴美子は、美しい湖岸まで走って行った。貴美子は照子の兄たちが、抱き合うような恰好をしていたと知らされ恥ずかしがった。
 
 
ところが、照子は、もっといけないこともしていた、と言い貴美子にキスしてしまった!
 
 
自宅に戻った貴美子には、またまた過酷な運命が待ち構えていた。
 
 
借金取りたちが居座っていたのだ。しかも、常治が戻るまで居座ると言って。
 
 
貴美子は、その借金とりたちが所望した風呂を沸かしながら、どうしたらいいか、考えた。
 
 
貴美子の幸せの予感は、一気に吹き飛んだ。
 
 
いっぽう謎の男が信楽に向かっていた。
 
 
【次回のあらすじ】第7話ネタバレ感想!草間が強いし、かっこいい!

スポンサーリンク

スカーレット第6話の感想

今度は、借金取り!
 
 
しかも、常治はすぐばれる嘘をついて立ち去った。
 
 
いくら大事な会合でも、宗一郎が去ったいま、家には幼い姉妹とマツしかいないのに。
 
 
常治に少しでもおとこ気があれば、借金取りにきちんと謝り、分割でも、と支払いの交渉をすべきでしょう。
 
 
ポケットから飲み代を出して、ラジオも渡して、前借りだってできたでしょう。何か月か働いているのですから。
 
 
自宅を知られてしまったのに、逃げてしまうなんて!
 
 
宗一郎を助けた時は、常治におとこ気があると思った私は、なんて愚かだったんでしょう。
 
 
やっと電気が通り、やっと家庭菜園で収穫があり、やっと照子という友達ができたのに・・・
 
 
貴美子にはどうしてこんなに不幸がふりかかってくるのでしょうか。
 
 
宗一郎という心の支えを失った傷が癒えようとしていたところなのに。
 
 
直子、ここは得意の金切声で、帰れ、帰れと叫べば、借金取りも耳を抑えて帰るかもしれないよ。
 
 
照子もまた、苦労知らずのお嬢さん育ちとばかり思っていたのに、非情な過去があったのですね。
 
 
貴美子と照子、けっこうお似合いです。
 
 
どうか、この友情が長続きしますように・・・
 
 

スポンサーリンク

スカーレットを見逃した!見逃し配信を視聴する方法

スカーレットを第1話から最新話までリアルタイムで見たいと思っていたのに、見逃してしまった方もいるのではないでしょうか。
 
 
朝という時間帯は忙しい人も多く、見忘れてしまうこともあると思います。
 
 
でも、安心してください!
 
 
スカーレットを見逃してしまった方のために、見逃し配信を視聴する方法について、まとめたので、見てみてください。
 
 

 
 
再放送やダイジェスト放送などもあるので、見逃した場合は、参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました