スポンサーリンク

任侠学園(映画)のラスト結末は?ネタバレあらすじと感想も

邦画

西島秀俊と西田敏行がダブル主演を務めた「任侠学園」。
 
 
今野敏「任侠」シリーズを映画化した本作はコメディでありながら人間ドラマも楽しむことができる作品となっています。
 
 
ヤクザでありながら人情に厚く、人助けに奮闘する姿は心打たれてしまうことでしょう。
 
 
今回はとある高校の経営不振を改善するというテーマのもと人間模様を描いていきます。
 
 
はたして高校を再建することはできるのか?
 
 
今回は「任侠学園」をネタバレ込みでご紹介いたします。

スポンサーリンク

ネタバレあらすじ


「阿岐本組」に所属する日村誠司は組長・阿岐本雄蔵の社会貢献に振り回されながら、住んでいる商店街に貢献する日々を送っていました。
 
 
阿岐組はヤクザ事務所で6人しか構成員がいない弱小グループ。そして信念やベースにあるのは義理と人情でした。
 
 
組長は倒産寸前の会社を買い取り再び更生させるというヤクザらしからぬ稼業を営んでいます。
 
 
そして今回持ち寄られたのは仁徳共和学園高校の再建でした。
 
 
経営が傾き縋るようにして阿岐へ頼み込まれ、そのあまりに悲痛な叫びに心を痛めた組長。会社を買い取り必ずや仁徳共和学園高校を建て直すと約束してしまいます。
 
 
その役割に抜擢されたのは日村と二之宮稔でした。
 
 
学生時代から問題行動を繰り返す非行少年であった日村は嫌々ながらもその協力をすることになります。
 
 
仁徳共和学園高校の校長である綾小路はあまり良い校長とは言えません。
 
 
平均を重視した考え方で、学力が低下しないようという考えのもと部活を全て廃止しており、秀でた生徒を作らないと同時に問題児も作らない学校に仕上げていました。
 
 
校長はそれで満足していましたが、ある日事件が起きてしまいます。
 
 
翌日、学校を訪れて日村が目にしたのは学校の窓ガラスが全て割られているという光景。
 
 
問題児がいないという校長の言葉が的確ではないと早々に知らされることとなった日村は、いかにして学校を特徴付けるか考え始めました。
 
 
学校一の問題児と言われる沢田ちひろに疑いの目が向けられますが、違うと言い切るちひろを信用する日村。
 
 
そこからちひろとも心の距離を縮めていきます。そしてガラスを割った犯人が小日向美咲、江守太一とその友人らであると突き止めます。
 
 
太一は小日向美咲と仲の良い生徒です。そしてこの小日向美咲と沢田ちひろは対立関係にあります。
 
 
美咲とちひろは元々仲の良い2人でしたが、いつしか溝ができ別々の道を歩み始め対立することとなってしまったのです。
 
 
太一は元々野球部に所属していましたが廃部となってしまったことが心に引っかかっており、それを示すためにガラスを割ったと分かります。
 
 
日村は部活を再び始められるよう打診し、それを遂行しました。
 
 
しかし釈然としない太一は夜にまた学校へ忍び込みガラスを割ることにしますがそこで何者かによって重傷を負わされてしまいます。
 
 
美咲は日村が太一を傷つけたと考えますが、日村がそんなことをするはずがありません。
 
 
その怒りは日村と親しくなり始めたちひろへと向かい、美咲はちひろの誘拐を企てました。
 
 
美咲の父親は隼勇会という大きなヤクザ事務所と手を組みとあることを考えていました。
 
 
ダンスコンテストのため会場へ向かっていたちひろは、美咲が指示した隼勇会の構成員によって誘拐されてしまいます。
 
 
そうすることによって日村たちをおびき寄せようと考えていたのです。
 
 
果たして無事にちひろを助けられるのか?
 
 
また美咲の父と隼勇会の狙いは一体何でしょうか?

スポンサーリンク

ラスト結末


助けに向かった阿岐本組はカタギには手を出さないを信条としていましたがこうなれば仕方ありません。
 
 
阿岐本組は強く、隼勇会の大勢の相手をなぎ倒し勝利します。
 
 
組長は隼勇会が仁徳共和学園高校の土地を狙っているということを知っていました。そのため阿岐本組を排除する必要があり混乱させるために行なっていたのです。
 
 
協議の末、隼勇会の手下を負傷させたことへの見舞金を払うということで事は丸く収まりました。
 
 
隼勇会は仁徳共和学園高校から手を引くということになったのです。
 
 
そして美咲は太一を負傷させた犯人が日村ではなく、自分の父の思惑によって引き起こされたことであると気がつき父への復讐を果たすこともできました。
 
 
ちひろと美咲は仲を深め、太一も再び野球少年へと戻りました。
 
 
高校は再建されたのです。
 
 
学校を去ることになった阿岐本組を生徒たちは垂れ幕や声援によって送り出します。
 
 
生徒たちに感謝されながら歩みを進める阿岐本組の人々を映し、映画は幕を閉じます。

スポンサーリンク

感想


義理と人情に溢れた日村を始めとするヤクザたちはその心意気から生徒たちにも好かれ、最後には垂れ幕で見送られるというのが感動的でした。
 
 
日村を演じた西島秀俊の男気にもやられましたね。
 
 
ヤクザらしさのない阿岐本組ですが、構成員には筋を通すという考えがきちんと備わっています。
 
 
その正体は深い愛情や優しさであるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ


いかがでしたでしょうか?
 
 
ヤクザもの、とはいっても温かい阿岐本組の人々によって気軽に楽しめる映画となっています。
 
 
もちろん戦う場面もありますが、誰かを救うための暴力であり人間ドラマの要素が強くあるので苦手な方にもおすすめ作品です。
 
 
ぜひチェックしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました