スポンサーリンク

ホテルムンバイのラスト結末とネタバレあらすじ!感想も

洋画

2008年11月26日、インドの巨大都市ムンバイで、イスラム主義組織による同時多発テロが発生しました。この映画はその事実に基づいて作られたものです。
 
 
『ジェノサイド・ホテル』という2017年に作られた映画も観ました。こちらはテロリストに占拠されたタージマハル・ホテルの宿泊客たち目線の実録アクションです。実行犯はそのうち目的も忘れ無差別でした。当時の映像が差し込まれ、作られた感じはなくリアルでした。
 
 
『ホテル・ムンバイ』もムンバイを代表するタージマハル・ホテルが舞台で、同じテロについてを従業員の目線からも描いています。決してテロに屈しない強さが勇気をくれます。こちらの方が有名な俳優を使っていて、映像も見やすいです。
 
 
第二の9.11と呼ばれるこのテロは、日本ではどのくらいの人々の記憶に残っているのでしょうか。もう一度思い出してみましょう。

スポンサーリンク

ホテルムンバイのネタバレあらすじ


五つ星のタージマハル・ホテルで働くアルジュン(デヴ・パテル)は、臨月の妻と幼い娘とスラム地域で暮らしています。
 
 
2008年11月26日、この日ホテルは、生まれたばかりの赤ちゃんを連れたデヴィッドとザーラの富豪の夫婦(アーミー・ハマーとナザニン・ボニアディ)や気難しいロシア人実業家ワシリー(ジェイソン・アイザック)らVIP客の対応で大忙しでした。
 
 
海からボートでやって来て、大きなリュックを背負いタクシーに分乗していく若者たち。まずはCST駅で無差別の襲撃が始まりました。若者たちは何者かの指示を受けながら、それぞれの標的を目指します。
 
 
二つの五つ星ホテル、カマ病院、ユダヤ人施設、旅行者に人気のレオポルド・カフェ・・・。次々に被害が大きくなっていきます。逃げ惑う人々は、タージマハル・ホテルなら安全だと信じてロビーになだれ込みました。そのどさくさに、テロリストも入り込んでしまいました。
 
 
すぐさまロビーを一斉掃射したテロリストたちは、電話で指示する指導者に従って、ルームサービスのふりをして一部屋ずつ襲撃していきました。
 
 
レストランで食事をしていたとき、ホテルで何が起こっているかを知り、部屋に残してきた赤ちゃんとシッターの身を案じ、デヴィッドは部屋に戻ろうとします。
 
 
アルジュンの妻は町のTV放送で事件を知ります。500人以上も人質になっているのに、ムンバイには特殊部隊がなく、1300キロも離れたニューデリーから救助が来るのは数日後になります。
 
 
従業員通路からはテロリストに見つからず逃げられるようです。「家族のもとに帰ってもいい」と料理長は言いましたが、帰るものはわずかで、「ここが私の家です」「お客様は神さまです」とほとんどの者が残りました。
 
 
ほぼ侵入不可能なチェンバーズという部屋へ客を避難させることにします。なんとか部屋に戻り、赤ちゃんの無事を確認したデヴィッドもチェンバーズに向かいますがテロリストに遭遇します。かろうじて二人のことは隠し、自分は拘束されてしまいます。
 
 
皆、不安と恐怖を口にします。テロリストたちはホテルに火を放ち始めます。
 
 
脱出は可能なのでしょうか。

スポンサーリンク

ホテルムンバイのラスト結末


ザーラとワシリーら数人は外に出たいと言い、チェンバーズを出ましたが、すぐにテロリストに見つかり撃たれました。二人だけ助かり捕らわれます。連れていかれたのはデヴィッドがいる部屋でした。夫婦はやっと会えましたが、電話の指導者の指示により、この部屋の人質は全員殺されることになりました。最後のひとりザーラはコーランを唱えます。見張りのテロリストは自身もけがをし、死を恐れていました。ザーラを殺せず部屋を出ます。
 
 
100人もの客がチェンバーズで息をひそめていることがテロリストに知られてしまい、もうこの部屋は安全ではありません。アルジュンを先頭に脱出に挑みます。
 
 
ニューデリーからの特殊部隊も到着し、ようやく終結しました。ザーラは赤ちゃんとシッターに会うことができました。アルジュンも家に帰り、家族と抱き合えました。
 
 
テロリストが60時間以上も籠城する前代未聞のテロ事件でした。

スポンサーリンク

ホテルムンバイの感想


「団結」という言葉を、料理長もアルジュンもよく使っていました。いろいろな国籍の人たち、従業員も客も団結しないと、この状況から逃げきれません。アルジュンの容姿に偏見を持った白人女性に、自分の信仰が持つ意味を静かに説明したシーンは印象的でした。違いがあっても理解しあえれば、人は共存できるのですね。
 
 
コーランを唱えるシーンもそうです。同じコーランを学んでも、その解釈は人それぞれなんですね。銃を向けられているのにとても勇気のある行動で、テロリストは彼女を殺せませんでした。
 
 
もう一つ印象的だったことは、リアルタイムに放映されるTVはまるでリアリティーショーを見ているようでした。渦中にいる人も外の人も同じものを見ているということは、犯人も見ています。隠したい情報だけ隠しておくということができません。恐ろしいことでもあるんだなと思いました。
 
 
このホテルは、「どんな人種であろうと自由に入館し宿泊できる、質の高いホテル」という創業者の理念をいまでも守っているのですね。従業員にこの理念が浸透していたから、団結できたんです。テロに屈しないというメッセージを表すために、ひと月でレストランを再オープンさせたそうです。ホテル自体も2年近い修復を終え、完全復活を遂げています。
 
 
人間は違いを乗り越えて共存していけるはずなんだということを考えさせられました。

タイトルとURLをコピーしました