スポンサーリンク

清須会議で更科六兵衛が登場?どこのシーンで出演するか調査

邦画

映画「清須会議」は三谷幸喜さんが17年ぶりに書き下ろした小説を自ら脚色し、メガホンをとって映画化したもの。
 
 
本能寺の変で織田信長が死去した後、家臣の柴田勝家と羽柴秀吉らが後継者を決め、日本史上初めて合議によって歴史が動いたとされる清須会議の全貌をコメディタッチで描いた映画。
 
 
「清須会議」は浅野和之さん、中村勘九郎さん、天海祐希さん、西田敏行さん、松山ケンイチさん、伊勢谷友介さん、鈴木京香さん、中谷美紀さん、剛力彩芽さんが出演しており、豪華なキャストとなっています。
 
 
「清須会議」では、あの更科六兵衛(さらしなろくべえ)が登場します。どこのシーンで出演したかわからない人もいると思います。
 
 
この記事では、「清須会議」で更科六兵衛がどこのシーンで出演している、お伝えいたします。

スポンサーリンク

更科六兵衛とは?

更科六兵衛とは、三谷幸喜監督の映画『ステキな金縛り』に登場する人物の名前です。
 
 
ステキな金縛りの更科六兵衛は実在する?モデルが何かを調べてみた
 
 
六兵衛は落ち武者の幽霊で、西田敏行さんが演じています。
 
 
彼は幽霊ですが、とても愛嬌のある可愛らしいキャラクターで、『ステキな金縛り』では、おちゃめな言動が観客を楽しませました。
 
 
幽霊という六兵衛の存在を否定する者(六兵衛のことは見えている)に対しては、どうにかして無理やり笑わせようとするなど、思わず笑ってしまうシーンが盛りだくさんです。
 
 
そんな六兵衛は、しかばね荘という宿に住みついていましたが、ある夜、一人の人間の前に現れます。
 
 
そしてその男は後日、無実の罪を着せられます。六兵衛と出会った日に殺人事件が起きたことから、彼はその時の状況をありばいとして六兵衛に証明してもらおうとします。
 
 
そうして六兵衛は人間界に連れてこられ、裁判所で証言をすることとなるのでした。
 
 
彼は、生前に無念な死に方をしていると言っています。そのため、自分と同じように無実の罪で罰せられそうな男を放って置けなかったのですね。

スポンサーリンク

清須会議で更科六兵衛が登場するかどうか

そんな『ステキな金縛り』の更科六兵衛ですが、同じく三谷監督の『清澄会議』にも出演しています。
 
 
こちらも『ステキな金縛り』と同様、西田敏行さんが演じており、「更科六兵衛」という同じ名前で登場します。つまり全く同じ人物として、六兵衛は二つの作品に出ているということになります。
 
 
どちらも三谷幸喜監督の映画ですが、『ステキな金縛り』は2011年に公開され、『清須会議』は2013年に公開されています。
 
 
『清須会議』の方が2年公開年が遅いので、後に作られているということが分かります。
 
 
三谷監督は、『ステキな金縛り』の更科六兵衛のキャラクターが気に入って、歴史物だったら落ち武者の六兵衛を登場させられるかも?と考えたのかもしれません。
 
 
また、更科六兵衛を演じる西田敏行さんは三谷幸喜監督の作品に数多く出演されています。
 
 
代表的なものだと『THE 有頂天ホテル』(2006年)や、『ザ・マジックアワー』(2008年)などがあります。
 
 
三谷監督はどうやら西田さんのことが大好きなようで、大ファンであることを公言されています。
 
 
また、『ステキな金縛り』のインタビューでは、「西田さんは共演者を笑わせるためにアドリブを言いますから!すごくコメディセンスがある方で、リハからいろんなアドリブを出されるけど、本番で一番面白いのを出してくれる。」とコメントしています。
 
 
このコメントからも、三谷監督が西田さんのコメディセンスを大きく評価していることが分かります。
 
 
三谷監督の映画の作風は、喜劇で観客を笑わせてくれるものが多いので、西田さんとは相性がいいのかもしれません。
 
 
こういった演出は、ファンの方にとってはとても嬉しいものです。さすが三谷監督、遊び心がありますよね。

スポンサーリンク

更科六兵衛はどこのシーンで出演?

では、『清須会議』のどの部分に更科六兵衛は登場しているのでしょうか。
 
 
そのシーンは、映画開始から約52分後に始まります。
 
 
阿南健治さん演じる、元忍者で織田四天王の一人である滝川一益と更科六兵衛は、森のような場所で出会います。
 
 
一益は森を走り抜け、急いでいるように見えます。しかし、六兵衛と出会ってしまった以上、そのまま通り過ぎるわけにはいきません。
 
 
そこで二人はお互いの名前を名乗り、勢いよく腰から刀を抜きます。
 
 
しかしやる気満々な六兵衛に対し、一益は「今は戦っておる暇はないのだ。ごめん!」と言い放ち、その場を立ち去ってしまいます。
 
 
その場には取り残された六兵衛が一人たたずみ、切なげな音楽が流れ始めます。
 
 
そして六兵衛は、「あぁ。よかった。人間死んだらおしまいよ。」と呟くのでした。
 
 
安堵したような六兵衛は、もう一度「あぁ。よかった。」と呟き、六兵衛の登場シーンは終わります。
 
 
一益が逃げ出すシーンや、六兵衛が戦わなくてよかったと呟くシーンは、ジワジワとくる面白さがあります。
 
 
わずが1分ほどの短いシーンですが、印象深い場面となっておりますよね。
 
 
また、六兵衛は『ステキな金縛り』の際には落ち武者の姿でしたが、『清須会議』では髪を後ろで一つにまとめています。
 
 
この事から『清須会議』の時の六兵衛は、まだ生きているということが分かります。
 
 
公開日は『清須会議』の方が後ですが、時系列的にはこちらの方が先のようです。
 
 
六兵衛は『清須会議』の後に、無念にも何者かによって殺され、そしてその後『ステキな金縛り』で幽霊として登場しているということになります。
 
 
これを踏まえると、六兵衛の放つ「人間死んだらおしまいよ。」というセリフも少し重みのあるように感じますよね。
 
 
六兵衛がどのような人生の終わり方を迎えたかは、映画を見ただけでは分かりませんが、この愛らしいキャラクターを見ると、どんどんと彼のことが気になってきてしまいます。
 
 
映画「清須会議」の関連記事については、こちらを見てみてください。
 

清須会議のロケ地は?清州城、浴室シーンや公園はどこ?
 
清須会議のラスト結末は?ネタバレあらすじと感想も
 
清須会議の松姫の剛力彩芽が怖い!演技が下手だというのは本当?

スポンサーリンク

清須会議の動画を無料視聴する方法

映画「清須会議」を見逃してしまった方に朗報です。
 
 
「清須会議」は、動画配信サービス「U-NEXT」動画を視聴することができます。
 
 


 
 
「U-NEXT」は、31日間以内の無料キャンペーンを行っているので、この機会に、お試ししてみてください。
 
 
▼今すぐ「清須会議」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

U-NEXTが31日間以内無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「清須会議」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はU-NEXTのサイトでご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました