スポンサーリンク

インビクタス 負けざる者たちの挿入歌一覧とエンディング曲のタイトルは?

洋画

映画「インビクタス 負けざる者たち」は、南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ大統領と同国代表ラグビーチームの白人キャプテンがワールドカップ制覇へ向け奮闘する姿を、クリント・イーストウッド監督が描いた人間ドラマ。
 
 
主演はモーガン・フリーマンで、実話をもとにした感動作品です。挿入歌とエンディング曲が気になったので調べてみました。
 
 
この記事では、映画「インビクタス 負けざる者たち」の挿入歌とエンディング曲について、お伝えします。

スポンサーリンク

映画「インビクタス 負けざる者たち」とは


モーガン・フリーマンが、自らクリント・イーストウッドに脚本を持ち込み、実話を基に作られたヒューマンドラマです。
 
 
南アフリカに住むネルソン・マンデラは、反アパルトヘイト運動に身を投じたことから終身刑を言い渡されますが、投獄の後、釈放されます。
 
 
その後マンデラは大統領となり、南アフリカの新しい未来のために動き出します。
 
 
マンデラは、弱小ラグビーチーム・スプリングボクスを再建し、ワールドカップに出場することで、黒人と白人を一つにし、人種差別のない世界を作ろうと試みました。
 
 
初めは反発するチームのメンバーでしたが、次第に「自分たちは国の代表なんだ」と一致団結して、試合に臨むようになります。
 
 
そしていよいよラグビーワールドカップをむかえ、強豪チーム相手にスプリングボクスの奮闘劇が始まります。
 
 
映画「インビクタス 負けざる者たち」の関連記事はこちらがオススメです。
 
 

スポンサーリンク

挿入歌一覧


映画に使われている挿入歌はどのような曲で、誰が歌っているのかまとめてみました。こちらが本作で使われている曲の一覧です。
 
 
・9000デイズ(Overtone with Yollandi Nortjie)

・インビクタス(カイル・イーストウッド&マイケル・スティーヴンス)

・カラーブラインド(Overtone)

・待機(カイル・イーストウッド&マイケル・スティーヴンス)

・ワールド・イン・ユニオン’95(Overtone with Yollandi Nortjie)

・マンデラのテーマ(カイル・イーストウッド&マイケル・スティーヴンス)

・ハムバ・ナティ(Overtone with Yollandi Nortjie)

・愛(カイル・イーストウッド&マイケル・スティーヴンス)

・ショショローザ(Overtone)

・シーズン開幕(カイル・イーストウッド&マイケル・スティーヴンス)

・オレ、オレ、オレ(Overtone)

・不安(カイル・イーストウッド&マイケル・スティーヴンス)

・南アフリカ共和国国歌(Overtone)

・攻撃(カイル・イーストウッド&マイケル・スティーヴンス)

・勝利(Soweto String Quartet)

・寛容(カイル・イーストウッド&マイケル・スティーヴンス)

・ザ・クロッシング  オシエザ(Overtone with Yollandi Nortjie)

・9000デイズ ソロ・ヴァージョン(Emile Welman)

 
 
『インビクタス 負けざる者たち』の多くの曲は、カイル・イーストウッドとマイケル・スティーヴンス、またOvertoneによって手掛けられました。
 
 
Overtoneは、アメリカの12人組アカペラ男声合唱団です。
 
 
またカイル・イーストウッドは、本作の映画監督を務めたクリントン・イーストウッドの実の息子です。
 
 
ジャズ愛好家でもあるクリントの影響を受け、カイルはミュージシャンになり、音楽活動を始めました。
 
 
そしてカイルがクリントンの映画の挿入歌を担当したのは、この映画だけではありません。
 
 
2006年にクリントン・イーストウッド監督によって作られた『硫黄島からの手紙』でも、カイルはマイケル・スティーヴンスと共に音楽を担当しています。
 
 
『インビクタス 負けざる者たち』の挿入歌は、穏やかなものから力強いものまで、様々な音楽が使われています。
 
 
映画を見た人からは「曲が素晴らしい!」、「World In Union’95って曲が神すぎてヤバイ!リードもコーラスも歌詞も!」、「こんなに素晴らしい曲だとは知らなかった!」という絶賛の声が上がっており、評判がとても良いようです。
 
 
曲はどれも南アフリカという国や、ワールドカップの壮大さを感じさせてくれる世界観があり、よりいっそう映画の世界へ引き込んでくれる音楽となっています。
 
 
主題歌は「9000デイズ」です。この曲は穏やかなメロディが特徴的で、優しい雰囲気が伝わってきます。

スポンサーリンク

エンディング曲のタイトルは?


エンディングの曲のタイトルは、OvertoneとYollandi Nortjieによる「ワールド・イン・ユニオン’95」です。
 
 
この曲は、ホルストの「惑星」という組曲の中の「木星(ジュピター)」を元にしています。
 
 
これにアレンジを加え、歌詞を付けたものが「ワールド・イン・ユニオン’95」です。
 
 
ジュピターといえば、以前平原綾香さんも歌詞をつけて歌われていましたよね。
 
 
また、「’95」と最後についているのは、「ワールド・イン・ユニオン」がラグビーワールドカップの公認テーマソングとなっており、毎年大会ごとにアレンジされるためです。
 
 
ちなみに2019年のラグビーワールドカップ日本大会での「ワールド・イン・ユニオン」は、いきものがかりの吉岡聖恵さんが歌います。
 
 
ワールド・イン・ユニオンとは、団結する世界という意味で、歌詞の中では、信仰や人種を超えて世界が団結する夢について歌われています。
 
 
映画のストーリーも感動的な素晴らしいものでしたが、曲や歌詞も素敵ですね。
 
 
ぜひ、映画を見る際には曲にも注目してみて下さい!

スポンサーリンク

インビクタス 負けざる者たちの動画を無料視聴する方法

映画「インビクタス 負けざる者たち」を見逃してしまった方に朗報です。
 
 
「インビクタス 負けざる者たち」は、動画配信サービス「U-NEXT」動画を視聴することができます。
 
 


 
 
「U-NEXT」は、31日間以内の無料キャンペーンを行っているので、この機会に、お試ししてみてください。
 
 
▼今すぐ「インビクタス 負けざる者たち」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

U-NEXTが31日間以内無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「インビクタス 負けざる者たち」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はU-NEXTのサイトでご確認ください。

■オススメの動画配信サービス■


<FODプレミアム>

・シャーロック
・まだ結婚できない男
・モトカレマニア
・リカ
・あいのり

などが1か月間無料視聴できます


<Paravi>

・グランメゾン東京
・4分間のマリーゴールド
・G線上のあなたと私
・水曜日のダウンタウン
・パパジャニWEST

などが30日間無料で視聴できます


<U-NEXT>

・名もなき復讐者 ZEGEN
・おっさんずラブ
・娼年
・LDK
・アベンジャーズ/エンドゲーム

などが31日間無料視聴できます


洋画
スポンサーリンク
user10をフォローする
ムビチャン
タイトルとURLをコピーしました