スポンサーリンク

凪待ちの意味とは?ネタバレあらすじと感想や評価!ラストの犯人は誰?

新作映画

今年の6月28日から公開された日本映画『凪待ち』。

PG12指定のサスペンス映画であり、『孤狼の血』を手がけた白石和彌監督の最新作です。

今回はタイトルの意味やあらすじなど、いろいろな部分を掘り下げていきましょう。

スポンサーリンク

凪待ちの意味は何?


主演である香取慎吾さん本人が「心の動揺が落ち着くのを待つこと」と言っていますね。

詳しく後述しますが、香取慎吾演じる主人公『郁男』は、劇中で何度も激しく動揺することになります。

それをふまえて、このタイトルを付けたのでしょう。

スポンサーリンク

凪待ちのあらすじ(ネタバレなし)

ギャンブル依存症の男、木野本郁男。彼の恋人である亜弓と、その娘である美波が石巻市に帰郷したことから、物語は始まります。

引っ越しの手伝いをせずに美波とゲームで遊んでいるシーンがあるのですが、これだけで悪人ではないが、ダメ人間というか、責任感に欠けた人物であると察することが出来ますね。

ゲームの件に限らず、この作品は人間のちょっとした、何気ない行動がとても生々しく描かれています。この辺りはさすが白石監督ですね。

スポンサーリンク

凪待ちのネタバレ(未視聴者は注意)

亜弓の故郷である石巻市へとやってきた郁男。そこで亜弓の父親や、亜弓の昔なじみの小野寺(リリー・フランキー)と出会い、新たな生活が始まります。

 

郁男は印刷工場で働くことを決意し、ギャンブルからもすっぱりと足を洗いました。

ところが、ここで物語は急展開を迎えます。心を入れ替えようとした矢先の悲劇です。

香取慎吾の熱演により、見ているこちらも心が苦しくてたまりませんでした。

果たして真犯人は誰か。真相は何か。ここから先はほとんどネタバレとなりますので、未視聴の方はご注意ください。

スポンサーリンク

亜弓の死

ギャンブルから足を洗い、全うに生きることを決意した郁男ですが、結局またしてもギャンブルに手を出してしまいます。

それがきっかけで美波が家出してしまい、郁男と亜弓は探しに出かけるのですが、そこでも口論となり、郁男は亜弓を降ろして車で走り去ってしまいました。

これが悲劇の始まりでした。亜弓は何者かに殺害されてしまったのです!

スポンサーリンク

亜弓の死をきっかけに狂っていく日常


郁男は警察にも疑われ、職場である印刷工場の同僚にハメられて職場での居場所も失い、どんどん負のスパイラルに巻き込まれていきます。

さらにお金を闇競輪に突っ込み、借金は200万円。どんどん追いつめられていきます。

そんな郁男に手を差し伸べてくれたのは、近所にすむ男性小野寺(リリー・フランキー)でした。彼は印刷工場で郁男が暴れて壊した機材も弁償してくれたうえに、「一緒に働こう」とまで声をかけてくれました。

亜弓の父親は自分の大切な船を打ったお金で人生をやり直すように郁男を諭します。

そんな小野寺が真犯人でした。

スポンサーリンク

真犯人はなぜ亜弓を殺したのか?

動機はおそらく郁男に対する嫉妬です。

劇中では、彼の動機の詳細な部分は深く語られることがなかったのですが、彼が亜弓のことを好きだったことだけは、ハッキリしています。

殺人の動機や経緯は曖昧なため、キャッチコピーである「誰が殺したのか、なぜ殺したのか」という文言に期待していた方は、少し肩すかしを食らうかもしれません。

とはいえ、リリー・フランキーと香取慎吾の演技には引きつけられるものがありました。
何より、最低限の答えは劇中で描写されていて、しかこ嫉妬の感情が小野寺からあふれ出していたのは明白だったため、決して陳腐な感じではありませんでした。

スポンサーリンク

犯人発覚後の郁男の行動は?

もし郁男が一般的な主人公だったら、復讐に走ったでしょう。

しかし、捨て鉢になっている彼は、闇競輪を行っていた場所で騒ぎ、ヤクザの事務所に捕まってしまいます。

そんな郁男を助けてくれたのは、亜弓の父親でした。

組の親分は以前、亜弓の父親に助けられたことがあったため、彼の意を汲んで郁男を解放してくれました。

さらに、闇競輪で本来受け取るはずだった300万円も支払われます。

スポンサーリンク

凪待ちの結末は?


郁男は300万円を使い、亜弓の父親の船を買い戻しました。そして、美波と3人で海に出たのです。

劇中で郁男が船を運転しているシーンがあることから、しっかりと免許を取得して、今後は漁師として生きていくのでしょう。こうして、物語は終わりを告げます。

スポンサーリンク

東日本大震災についてのメッセージが込められている?

映画の舞台である石巻市は、宮城県東部に位置する、実在する街です。

この街を語るうえで、避けて通れない話題があります、この街は、東日本大震災で津波の被害を被った街なのです。

この作品は、そんな東北地方に対してのメッセージ性も感じさせました。

劇中で郁男は何度も欲望の波に飲まれそうになり、必死に絶望からもがいています。

自然の前には、我々は凪を待つしかないのかもしれません。

しかし、何もしないでただ待っているだけでは、郁男のように波に飲まれてしまうでしょう。

『あらゆる理不尽に耐え抜き、必死にあらがい続け、波に立ち向かって進み続けることも大切である』、亜弓の父親の行動を見ていると、そう思わずにはいられません。

タイトルとURLをコピーしました