スポンサーリンク

インビクタス 負けざる者たちは実話?ネタバレあらすじと感想も

洋画

映画「インビクタス 負けざる者たち」は、南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ大統領と同国代表ラグビーチームの白人キャプテンがワールドカップ制覇へ向け奮闘する姿を、クリント・イーストウッド監督が描いた人間ドラマ。
 
 
主演はモーガン・フリーマンとマット・デイモン。登場人物やチーム名が実話のような感じででてきますが、「インビクタス 負けざる者たち」は、実話なんでしょうか?
 
 
この記事では、映画「インビクタス 負けざる者たち」は実話なのかやネタバレあらすじと感想について、お伝えします。

スポンサーリンク

ネタバレあらすじ


ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)は、半アルペイト運動を行ったことによる国家反逆罪で、投獄されていましたが、27年ぶりに釈放されます。
 
 
その後マンデラは、内戦勃発の危機にある南アフリカで、10万人に向けて和平に関する演説を行います。
 
 
そして、南アフリカで初となる全人種の総選挙が行われ、マンデラは南アフリカ初の黒人大統領となりました。
 
 
彼は、官邸から出て行こうとする白人官僚達に対して、新しい未来のためにみんなの協力が必要だと話し、職場には、黒人と白人が混ざり合います。
 
 
大統領警護班の黒人・ジェイソン(トニー・キゴロギ)は、白人に仲間を殺された過去を持ちますが、マンデラに説得され、彼も白人と共に働き始めます。
 
 
マンデラは、国民の人種差別に対する意識を変えようと、南アフリカ代表の弱小ラグビーチーム・スプリングボクスを再建する計画を立てます。
 
 
当時スタジアムでは、スプリングボクスは白人の象徴とされ、黒人の間でラグビーは不人気でした。
 
 
これにより国家スポーツ評議会では、アパルトヘイト(南アフリカにおける白人と非白人の分離を意味する言葉)の象徴であるチームのカラーやエンブレム、またチーム名などを変える話が進みます。
 
 
しかしこれに対しマンデラは、新しい国家を築くために、チーム・スプリングボクスは、このまま継続するべきだと伝えました。
 
 
マンデラは、主将のフランソワ・ピナール(マット・デイモン)を呼び、来年のワールドカップで優勝し、国民を一つにしようと話します。
 
 
その後マンデラの意向により、チームメンバーたちは貧困地区に行き、黒人の子どもたちにラグビーを教えます。
 
 
このような活動に、始めは不満を感じていたメンバーもいましたが、地道な活動はチームの人気を高め、スプリングボクスは世界的に注目されるようになります。
 
 
そしてある日、黒人の歌だからという理由で国歌を歌わないチームメイトに、主将のピナールは、自分たちは国を代表するチームであり、しっかり覚えて歌うようにと説得します。
 
 
そうしてついに、ラグビーワールドカップが始まりました。
 
 
今まで弱小だったスプリングボクスは、無事初戦に勝ち、国を挙げて応援されるようになります。
 
 
ピナールは、そんなチームのメンバーを連れ、マンデラが監獄されていた刑務所を見学しに行きます。
 
 
そこでメンバーは、マンデラのいかなる困難と孤独にも挫けない強い意志を感じるのでした。
 
 
士気を上げたスプリングボクスは、準決勝まで進み、フランスに勝利します。そして決勝の相手は、ニュージーランドの強豪、オールブラックスに決まりました。
 
 
ピナールは、決勝のチケットを家族に渡します。それは妻と両親の分、そして黒人のメイドの分も用意されていました。
 
 
果たしてスプリングボクスは、オールブラックスに勝つことができるのでしょうか?

スポンサーリンク

ラストや結末


スタジアムには試合を見るために多くの国民が集まり、マンデラも応援に向かいます。
 
 
スプリングボクスのメンバーは、今では南アフリカの国歌を胸を張って歌います。
 
 
試合は一進一退の状況が続き、お互いにトライを決められない状況です。そして、そのまま大会初の延長戦となります。
 
 
スプリングボクスは、国歌の合唱がスタジアムから響き渡るのを聞き、円陣を組みました。ピナールは、国中が応援してくれている!とメンバーを鼓舞します。
 
 
そして、ついにスプリングボクスはドロップゴールで優位に立ちます。残り時間が僅かとなっても、傷だらけの選手達の力強いスクラムは続きました。
 
 
その時、審判がノーサイドを宣言します。
 
 
なんと強豪オールブラックスを相手に、スプリングボクスは優勝を決めたのです。観客からは、大きな歓声が上がります。
 
 
チームで唯一の黒人選手・チェスターは感謝の祈りを捧げ、スタジアムの外では白人の警備員が黒人の少年を掲げて喜びます。いがみ合っていた大統領警護班の白人と黒人の二人も、固く握手を交わしました。
 
 
これは人種の壁を超えて、国民が共に喜びを共有した瞬間でした。
 
 
マンデラが優勝カップ授与式に現れると、よりいっそう歓声が沸き立ちます。
 
 
ピナールは、「スタジアムの観衆のおかげか?」というリポーターからの質問に対し、「スタジアムだけではなく、全国民のおかげだ」と答えるのでした。
 
 
チームの優勝を称えるマンデラ。一方ピナールは、国を一つにした大統領、マンデラを称えます。
 
 
街中は歓喜に沸き、群衆は道路まで溢れています。その様子を見た、マンデラを官邸に送る警護隊は、人混みを避けるためにルートを変えようとしますが、マンデラはこのまま行くようにと言います。
 
 
人種の壁を越えて喜び合う人々の姿に、マンデラは自分の想いが叶ったと、その瞬間を噛み締めるのでした。

スポンサーリンク

実話かどうか?


この映画は実話を元に作られています。登場人物や、チーム名なども実際にそのままの名前で映画に登場します。
 
 
ネルソン・マンデラも、実際に終身刑が言い渡されていた南アフリカの8代目大統領です。
 
 
また、1995年のラグビーワールドカップでは、スプリングボクスが歴史的勝利を収め、実際の映像もネット上に上がっています。
 
 
選手達が喜びを爆発させている感動的な映像でした。気になる方はぜひ映画と合わせて、実際の映像も見てみてください!

スポンサーリンク

感想


スポーツを通して人種差別の壁を壊す、とても感動的な内容でした。
 
 
黒人の不公平な扱いや偏見なども描かれており、歴史的な背景も合わせて学べる作品だと思います。
 
 
またマンデラの、復讐よりも赦すことが平和に繋がる、という考え方にも感銘を受けました。
 
 
酷いことをされても、その信念を曲げずに声をあげ続けたことが、南アフリカの平和に繋がったのではないでしょうか?
 
 
間もなくラグピーワールドカップが日本で開催されますが、南アフリカからスプリングボクスも参戦しています。
 
 
もちろん日本の試合も楽しみですが、スプリングボクスの結果にも注目ですね!
 
 
ぜひワールドカップの前に、映画「インビクタス 負けざる者たち」を見て、気持ちを高めましょう!
 
 
映画「インビクタス 負けざる者たち」の関連記事は、こちらを見てみてください。
 

スポンサーリンク

インビクタス 負けざる者たちの動画を無料視聴する方法

映画「インビクタス 負けざる者たち」を見逃してしまった方に朗報です。
 
 
「インビクタス 負けざる者たち」は、動画配信サービス「U-NEXT」動画を視聴することができます。
 
 


 
 
「U-NEXT」は、31日間以内の無料キャンペーンを行っているので、この機会に、お試ししてみてください。
 
 
▼今すぐ「インビクタス 負けざる者たち」の動画を視聴したい方はこちら▼

今すぐ無料おためし

U-NEXTが31日間以内無料です。
快適な動画ライフを楽しみために、この機会をお見逃しなく!
 
→今すぐ無料お試しする
 
※「インビクタス 負けざる者たち」の配信状況は記事投稿時点でのものです。現在の配信状況はU-NEXTのサイトでご確認ください。

■オススメの動画配信サービス■


<FODプレミアム>

・シャーロック
・まだ結婚できない男
・モトカレマニア
・リカ
・あいのり

などが1か月間無料視聴できます


<Paravi>

・グランメゾン東京
・4分間のマリーゴールド
・G線上のあなたと私
・水曜日のダウンタウン
・パパジャニWEST

などが30日間無料で視聴できます


<U-NEXT>

・名もなき復讐者 ZEGEN
・おっさんずラブ
・娼年
・LDK
・アベンジャーズ/エンドゲーム

などが31日間無料視聴できます


洋画
スポンサーリンク
user10をフォローする
ムビチャン
タイトルとURLをコピーしました