スポンサーリンク

人間失格(映画) のロケ地や撮影場所は?浴室シーンや公園はどこ?

邦画

映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」が2019年9月13日から公開されています。
 
 
映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」の監督は蜷川実花さん、主演は小栗旬で、太宰治の小説「人間失格」を原作としたものではなく、太宰治と3人の女性との関係における実話を基に描いたフィクション作品。
 
 
この記事では、映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」のロケ地や撮影場所について、お伝えいたします。

スポンサーリンク

人間失格とは

「パンドラの匣」「走れメロス」を手がけた太宰治さんの超有名作が映画とされました。
 
 
太宰治さんは自殺未遂や薬物に頼っており精神目に不安があったことは有名です。
 
 
そんな太宰治さんの代表作の「人間失格」を題材にして有名作品の小説をの誕生の秘話をまとめた作品となっています。
 
 
太宰治さんと正妻や関係を持つ他2人の目線で描かれた実話を基にフィクションした作品となっています。
 
 
濡れ場は勿論、太宰治の恋愛と苦悩、そして愛人と身を滅ぼすといった、その生涯を余すことなく描いた1200万部の大人気作の「人間失格」を基に作成された作品となります。

スポンサーリンク

人間失格のロケ地や撮影場所

旧水源地井戸跡

神奈川県の小田原市にある井戸跡が撮影場所となっているようです。
 
 
小栗旬さんや沢尻エリカさんの目撃情報が多発されており、当箇所は草木は伸び切っており、昔ながらの雰囲気が漂っている場所で、映画人間失格に合った場所といった声も多くなっています。
 
 
2014年に小田原市水道局が建設したものであり、建設までの経緯も彫られていることも観光に訪れた方からすると嬉しいものとなっています。
 
 
場所:旧水源地井戸跡
住所:〒250-0855 神奈川県小田原市清水新田

富岩運河環水公園(カナルパーク)

富山県富山市にある富岩運河環水公園も撮影場所となっています。
 
 
観光スポットとしても有名な地となっており、公園内には天門橋や噴水、綺麗な川があります。
 
 
クルーズも出来ますので、観光に訪れた方からすると非常に楽しめる地となっています。
 
 
場所:富岩運河環水公園
住所:〒930-0805 富山県富山市湊入船町1

大覚寺

京都市にある旧嵯峨御所大本山大覚寺が撮影場所となっています。
 
 
具体的に主演の小栗旬が訪れたかも、どのシーンが用いられたかは定かでありませんが、数多くの映画やドラマが撮影されている地となっている模様です。
 
 
1200年の歴史を持つ寺となっており、かつての天皇陛下も訪れるなど有名な地となっています。
 
 
春夏秋冬様々な行事が行われており、一般の方も参加しやすいものとなっています。
 
 
場所:大覚寺
住所:〒616-8411 京都府京都市右京区嵯峨大沢町4

有楽町の日生劇場

東京都有楽町にある日生劇場で11月30日に大規模なエキストラの募集がありました。
 
 
内容は観客といった役どころとなっていますが、映画人間失格の重要部分であるシーンが日生劇場で描かれております。
 
 
日生劇場は日比谷駅から徒歩1分と近いところにあり、普段はオペラやオーケストラの舞台などが繰り広げる地となっています。
 
 
場所:日生劇場
住所:〒100-0006 東京都千代田区有楽町1丁目1−1

銀座のBARルパン

映画の題材となっている、太宰治さんも実際に訪れていたとされている東京都銀座にある創業90年を超えるBARルパン。
 
 
人間失格の映画でも取り入れられている撮影場所であり、当時の太宰治さんのポーズを小栗旬さんも見事に演じ評価を非常に高めているロケ地となっています。
 
 
店内には太宰治さんの写真が飾られているなど非常に生前からゆかりが深い地となっており、誰でも気軽に足を運べるので人気のスポットとなっています。
 
 
場所:BARルパン
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目5−11

巾着田曼珠沙華公園

埼玉県日高市にある公園。曼珠沙華まつりが有名で曼珠沙華が500万本咲き誇っており観光スポットとして非常に有名な観光スポットとなっています。
 
 
人間失格の予告編でも小栗旬さんが子どもたちと戯れるシーンで登場している地となっています。
 
 
9月一杯が見どころとなっているため映画のの撮影時期に花が残っていたかは疑問ですので、訪れる際は事前に調べておくなど注意が必要です。
 
 
場所:巾着田曼珠沙華公園
住所:〒350-1251 埼玉県日高市大字高麗本郷55

三浦郡の加地邸

人間失格で話題となっている浴室のシーンや屋外でのロケ地として使われています。
 
 
加地邸は有名建築家の遠藤新さんが設計し、現在は補修工事が行われ、東京オリンピックが行われる2020年を再開の予定とされています。
 
 
90年以上の歴史を持ちNHK作品の浮世の画家でも取り入れられている地となっています。

スポンサーリンク

他作の作品もあるので注意

同じ「人間失格」でも2010年に公開された生田斗真さんが演じる作品は、これまでに説明したロケ地とは全く異なり、生田斗真さん主演の人間失格では五所川原にある雲祥寺や六華苑が撮影場所となっています。
 
 
勿論、小栗旬さん、生田斗真さんどちらも人気俳優ですが、2019年9月に公開されている小栗旬さん主演の人間失格をご覧になりたい方は混乱しないように予め知っておく必要があるかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

映画「人間失格」のロケ地についてお伝えしました。
 
 
ロケ地は東京都や千葉県など関東地方が多い作品となっています。
 
 
主人公の太宰治さんはすで亡くなってしまっていますが、小栗旬さんの演技から生前の姿を感じることが出来る作品となっています。
 
 
待ちに待った「人間失格」が公開され、更に注目を浴びていますので、映画を面白いことは勿論、ロケ地に目を通して見ると更に違った楽しさが味わえるかもしれません。
 
 
映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」の関連記事はこちらがオススメです。
 

タイトルとURLをコピーしました