スポンサーリンク

台風家族は年齢制限がある?PG-12である理由と小学生は見るべきか調べてみた

邦画

映画「台風家族」は、2019年9月6日から公開されています。
 
 
映画「台風家族」は、出演予定の新井浩文被告が逮捕され、起訴されたため、延期となり、話題となった映画です。主演は、草なぎ剛さん。
 
 
親子で映画「台風家族」を観たいという方もいると思いますが、年齢制限があるようです。
 
 
映画「台風家族」は、なぜ、年齢制限があるのかやその理由とあらすじについて、お伝えいたします。

スポンサーリンク

台風家族は年齢制限がある?PG-12である理由はなぜ


映画「台風家族」には、「PG-12」という年齢制限があります。
 
 
PG-12の基準はご存知でしょうか?
 
 
PG-12は、12歳以下は視聴不可というわけではなく、小学生以下が視聴する際、保護者の助言・指導が必要ということ。
 
 
映画を鑑賞する際にはなるべく保護者同伴をオススメするという作品です。なぜ、小学生以下は、保護者の指導が必要なのかというと、不適切な表現が一部含まれていますからです。
 
 
なるべく、保護者の助言や指導が必要ということなので、子供が見てはいけない、というわけではありません。
 
 
PG-12の他に年齢制限では、R-15がありますが、R-15は、PG12より刺激が強いものに加えて、いじめや暴力なども対象になります。
 
 
では、なぜ、映画「台風家族」がPG-12指定なんでしょうか?
 
 

映画『台風家族』予告編30秒

 
 
映画「台風家族」は、両親が銀行強盗事件を起こし、失踪するというところから始まります。10年後、いまだに行方知れずの両親の仮想葬儀をして財産分与を行うため、妻子を連れた長男の小鉄、長女の麗奈、次男の京介が実家に集まるが、末っ子の千尋は現れず、空の棺を二つ並べた見せかけの葬儀が終わったころ、見知らぬ男がやってくるというストーリー。
 
 
コメディ要素の多い映画で、全くPG-12となる要素がなさそうですが、PG-12となっている理由、「簡潔な性愛描写がみられる」とのこと。
小学生以下が見てしまうと、真似をする可能性のある映画の場合、PG-12の指定が行われています。
 
 
映画「台風家族」は、性愛描写があるわけですが、他にもPG-12に指定される理由としては、暴力、残酷、麻薬などの描写や、未成年役の飲酒・たばこ・自動車運転などがあります。
 
 
MEGUMIさん演じる長女の麗奈は、色気を丸出しで、露出度の高い衣裳で動き回るというシーンがあるので、そこが、PG-12に指定されています。
 
 


 
 
既に視聴した方からは、MEGUMIさんの体当たり演技がみどころだという声が多く上がっていました。

スポンサーリンク

「台風家族」のあらすじ


2000万円の銀行強奪をして、世間を騒がせた鈴木一鉄とその妻・光子の夫婦は行方不明に。
 
 
2018年夏。その事件から10年後、行方不明になった両親の仮想葬儀と財産分与を執り行うために、鈴木家の実家にきょうだいが集まることとなりました。
 
 
鈴木家の長男・小鉄は、妻・美代子と娘・ユズキを引き連れ、10年ぶりに実家に帰ってきました。彼は、どんな仕事も長続きしない男でした。
 
 
そのあと、長女・麗奈が次男・京介とともに帰ってきました。そして、仮想葬儀が始まります。
 
 
葬儀が始まるも、末っ子の千尋はやって来ません。
 
 
葬儀が終わった時、実家のインターホンが鳴り、現れたのは、千尋ではない男でした。
 
 
「台風家族」の詳しいネタバレあらすじについては、こちらを見てみてください。
 
 

スポンサーリンク

映画「台風家族」のPG-12のシーンとは?

映画「台風家族」のPG-12のシーンをそのまま伝えると、ネタバレになってしまうので、ここでは、割愛しますが、PG-12だと思わず、視聴すると、ビックリしてしまうと思います。
 
 
親子で視聴すると、気まずくなるかもしれません。
 
 
MEGUMIさんは、かなり体を張った演技をしています。
 
 
女優だな~と思っていたら、SNSでも同様の意見がたくさんありました。
 
 

スポンサーリンク

まとめ


映画「台風家族」で、PG-12の年齢制限が必要な理由について、お伝えいたしました。
 
 
映画「台風家族」がPG-12となっている理由は、「性愛描写があるから」でした。
 
 
性愛描写があるので、12歳以下が見てしまうと、真似してしまう恐れがあるため、PG-12となりました。
 
 
12歳以下で、「どうしても見たい」とのお子さんがいたら、保護者の助言・指導が必要なので、一緒に視聴する必要があります。
 
 
小学生以下のお子さんに性愛描写のシーンを見せると、結構、過激だと感じ、真似をしてしまう可能性があるので、気を付けた方がいいでしょう。
 
 
「台風家族」の関連記事については、こちらを見てみてください。
 
 

タイトルとURLをコピーしました