スポンサーリンク

映画「この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」のネタバレあらすじと結末!感想と評価

アニメ映画

劇場版「この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」が8月30日から公開されています。
 
 
「この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」は深夜アニメの劇場版映画となります。
 
 
この映画はテレビアニメと同じキャスト、監督、音楽、キャラクターデザインですがアニメ制作会社だけがスタジオディーンから、J.C.STAFFに変わっていました。
 
 
最初に公開されたビジュアルは違和感がありましたが、予告動画などを観るとタッチの差はあまりないようにも思いますが‥。
 
 

『映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』本予告第1弾
「映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」本予告第2弾

 
 
劇場版を観て作画がどれだけ変わっているかなどを確認してみるのもいいかもしれないですね。
 
 
この記事では、「この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」のネタバレあらすじと感想をお伝えいたします。

スポンサーリンク

あらすじ


不運にも交通事故に遭ってしまい人生に幕を下ろすことになった引きこもりの高校生「佐藤和馬(カズマ)」。
 
 
何故か女神アクアを巻き込んで異世界に転生します。
 
 
「RPGゲームのような異世界で、憧れの冒険者生活エンジョイ!めざせ勇者!」
 
 
と、異世界に転生したことで舞い上がっていたカズマ。
 
 
残念なことに彼が憧れていた冒険者生活とは程遠い冒険が彼を待っていたのでした。
 
 
トラブルメーカーの駄女神アクア、中二病をこじらせている魔法使いのめぐみんと、妄想が止まらない騎士ダクネスの三人とパーティを組んだカズマは日々波乱万丈の冒険を繰り広げているのでした。

スポンサーリンク

原作アニメの予習はしておいたほうがいい?


こちらの作品、原作は小説、そしてアニメ1期2期とありますが全部を見なくてもいいですが必ずどちらかは観ておくとこの映画はより楽しめます。
 
 
原作小説を読んだ方であれば、アニメオリジナル要素を楽しんだりすることもできますし、アニメを全話を観たという方でも映画を楽しむことは出来ますね。
 
 
映画を観るまでに「この素晴らしい世界に祝福を!」をもっと知りたいという方でしたら、原作小説5巻まで+アニメ1~2期+OVA+「この素晴らしい世界に爆焔を!」を読んでおくともっとこの作品を楽しむことが出来るのでオススメです。

スポンサーリンク

ネタバレあらすじ


物語の始まりですがカズマたちが回遊マグロのクエストを爆裂魔法で失敗するところからなのですが、彼らの目の前に駆け込んできた紅魔族の少女・ゆんゆん。
 
 
「私、カズマさんの子供が欲しい!」
 
 
といきなりの爆弾発言に驚くカズマたち一行。
 
 
突然すぎる展開ですが、一先ずどういうことなのか事情を聞くと、めぐみんとゆんゆんの生まれ故郷である「紅魔の里」が滅亡の危機だったのです。
 
 
「紅魔の里」を救うために旅立ってしまったゆんゆんを追いかけるカズマたちだったが、カズマたちに襲い掛かるそれは…。
 
 
なんと、紅魔族の長であるゆんゆんの父親からの手紙に「カズマとゆんゆんの間に生まれた男の子が勇者となり魔王を倒す」と書いていたことからいきなりの「子供が欲しい!」と爆弾発言だったのでした。
 
 
しかしその部分についてはゆんゆんのクラスメイトである、作家志望のあるえの創作だったのです。
 
 
里に戻ったゆんゆんと、彼女の後を追ってきたカズマたちも紅魔の里へテレポートしてもらい里へ着きますが、紅魔の里はゴブリンの襲撃を受けてはいるものの、里の大ピンチ!というわけではありませんでした。
 
 
一先ず一行はめぐみんの家へ向かい、妹のこめっことめぐみんの両親と会いますが、カズマをめぐみんの恋人と勘違いした両親はカズマが今後大金が手に入る可能性があることを知るとカズマへの態度を一変し始めるのでした。
 
 
そして、めぐみんの母であるゆいゆいの策略でカズマとめぐみんはとある一室に閉じ込められてしまい一夜を共にするハメに。
 
 
めぐみんは熟睡し、カズマは眠れず歩き回っており結果的に自分が疑われるならと覚悟を決めたところにめぐみんが目を覚ましてしまいます。
 
 
めぐみんは窓から逃げ出すことに成功し、ゆんゆんの家へ向かいます。翌日、残念ながらカズマはめぐみんを襲おうとしたゲス野郎扱いをされるのでした。
 
 
紅魔の里をめぐみんに案内してもらい観光を楽しむカズマとアクア、何が封印されているかわからないを施設を回り、三人はめぐみんが通っていた魔法学園レッドプリズンに来ていました。
 
 
その時、ゆんゆん・あるえ・めぐみんの同級生に会ったカズマたちは、真面目なゆんゆんが里では浮いており友達がいなかったことを知ります。
 
 
中級と上級の両方の魔法が使える優秀なゆんゆんですが、上級魔法の習得が遅れてしまうような過去がありました。
 
 
その夜、またしても一室に閉じ込められてしまったカズマとめぐみんでしたが何だかイイ雰囲気で共に過ごしていましたが、里に魔王軍が侵入したと情報が入ったのです。
 
 
折角イイ雰囲気だったところを邪魔されたカズマは不機嫌のまま立ち向かいますが、最弱男の攻撃のため全くダメージを与えることができず、簡単に捕まってしまうのでした。
 
 
何が封印されているかわからないあの施設にカズマは連れて来られ、魔王軍のシルビアはその施設の地下格納庫にある古代の魔道具「魔術師殺し」の力を手に入れようとしていたのです。
 
 
しかし、扉を開ける暗号が分からずその場で困り果ててしまうのでした。
 
 
カズマがサクサクと暗号を解き扉を開けることに成功し、シルビアは中に入りますがカズマは隙をついてまた暗号を弄り、そのままシルビアを閉じ込めます。
 
 
が、シルビアの能力は他者を取り込み一体化するグロウキメラなので「魔術師殺し」と合体したシルビアは半身蛇のような姿に変わり、施設を破壊し外に出ていきます。
 
 
シルビアは口から炎を吐き、紅魔の里は火の海に変わり果ててしまったのです。
 
 
何とかシルビアに対抗できないかというそんな時、「魔術師殺し」には対抗手段があると話を聞き、カズマたちはその謎を解くのに遺跡に向かい、石板の謎を解こうとします。
 
 
そこに書かれていたのは、「魔術師殺し」に対抗する武器「レールガン(仮)」が存在すると明かされたのです。

スポンサーリンク

戦いのラスト結末


シルビアの能力で里の人たちの魔法は次々に無力化されてしまい、成す術がないと諦めていましたが、カズマはアクアの魔力によって充填した「レールガン(仮)」を撃とうとするのですが引き金を引いても何も起こらないのです。
 
 
めぐみんは逃げ遅れた同級生を助けようと爆裂魔法を起動すると、めぐみんの魔力が「レールガン(仮)」に吸い込まれ、FULLの文字が表示されました。
 
 
漸く使えるようになった「レールガン(仮)」をカズマは撃とうとしますが、こめっとが先に引き金を引きシルビアを倒すことができました。
 
 
死んだシルビアはあの世でかつて仲間だったベルディアとハンスに呼ばれ三途の川に引きずり込まれそうになるのですが、シルビアはそのまま彼らを吸収し巨大化してしまうのでした。
 
 
そして先ほどとは違うおぞましい姿でしぶとく復活してきました。
 
 
パワーアップしたシルビアを相手にカズマたちの攻撃は効かず、逃げながら対策を考えるしかありませんでした。そこでカズマが思いついたのが、アクアにブレッシングという幸運アップの魔法を何度もかけてもらいます。
 
 
カズマはシルビアの負の感情に訴え、カズマはシルビアの胸元に取り込まれてしまいますが何度もシルビアに「好き」と愛を囁きます。
 
 
たまたまやってきていたウィズによって集められた里の人たちの魔力を一つにまとめ、その強大な力でめぐみんの爆裂魔法とゆんゆんのライトオブセイバーが炸裂し、シルビアを倒すことができました。
 
 
アクアに幸運アップの魔法を何度もかけられたカズマも無事に戻ってきました。漸く平和を取り戻した紅魔の里、カズマたちはピクニックにやってきていました。
 
 
今回のことでめぐみんの爆裂魔法は封印し、それ以外の上級魔法を身につけることを決意したのでした。
 
 
そのことをカズマに伝えると、カズマはカードを受け取りスキルポイントを操作し、最後に爆裂魔法を撃ってほしいとめぐみんに言います。
 
 
封印すると決めたばかりのめぐみんでしたが、カズマに言われた通り、爆裂魔法を撃ちました。
 
 
「さよなら。エクスプロージョンッ!」
 
 
カズマがポイントを爆裂魔法に注ぎ込んでおり、以前よりパワーアップした威力となっていました。
 
 
そしてカズマは笑顔で言います。
 
 
「120点!」

スポンサーリンク

感想と評価

所々に笑い要素がいっぱいあって静かに映画を観れていたのか心配になる話でしたね。
 
 
ただこの笑える要素などについては、この作品をある程度知っておかないと伝わりにくいようにも感じました。
 
 
なので、原作かアニメのどちらかだけでも見ているとこの映画を数倍楽しめますね。復習してから、劇場版「この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」を見ることをオススメします。
 
 
評価は120点!

タイトルとURLをコピーしました