スポンサーリンク

バイス(映画)のネタバレあらすじとラスト結末!感想と評価も

洋画

大統領の死を待つのが仕事と言われてしまうアメリカの副大統領。9.11、イラク戦争、金融危機などが起こったジョージ・W・ブッシュ大統領時代の副大統領、ディック・チェイニーをご存知でしょうか。またの名は、世界をめちゃくちゃにした悪名高きバイス(副大統領)です。
 
 
彼はどんな人物で、何をしでかしてしまったのでしょう。

スポンサーリンク

バイスのネタバレあらすじ


2001年9月11日、アメリカで同時多発テロが発生しました。その時、危機管理センターで陣頭指揮に当たっていたのは、不在の大統領に代わって、副大統領のディック・チェイニー(クリスチャン・ベール)でした。
 
 
溯ること38年。
 
 
高校時代から付き合っている恋人のリン(エイミー・アダムス)から「愛想が尽きたわ!」と罵声を浴びせられているチェイニー。酒浸りで大学は退学になり、電気工として働き始めるも、警察沙汰を起こしてばかりでした。
 
 
「二度と君を失望させないよ」と静かにリンに誓うチェイニー。
 
 
5年後、共和党下院議員のドナルド・ラムズフェルド(スティーヴ・カレル)と運命的な出会いをします。歯に衣着せず権力を自在に操るこの男が部下に求める三か条は「口は堅く」「指示を守れ」「忠実であれ」、これだけでした。チェイニーは権力に身を捧げる決意をします。
 
 
ラムズフェルドの失脚とともに一度は政界を離れたチェイニーは34歳の時、史上最年少でフォード政権の大統領首席補佐官になります。
 
 
その後、下院議員選挙に出馬するとき心筋梗塞を患い倒れますが、この窮地を妻のリンが救います。代わりにマイクを握り、選挙キャンペーンを切り抜け、勝利の女神となりました。
 
 
政界の出世コースを邁進しますが、愛する次女が同性愛者であったために大統領になることは諦めます。
 
 
巨大石油会社ハリバートンのCEOにおさまり、のどかな自然の中で悠々自適の暮らしを送り、ハッピーエンド・・・ならばよかったのですが。

ディックとリン

高校時代から一緒にいる二人です。当時のチェイニーはフットボールチームのキャプテンで、とてもハンサムな聞き上手でした。
 
 
リンは美人で成績もオールAの才女。しかし1960年代のワイオミングでは、女性はまだまだ無力でした。良き妻、良き母になる以外の選択肢はありませんでした。
 
 
そこでリンは、自身の野心を夫のチェイニーに託します。酒癖の悪いろくでなしのチェイニーを政界で押し上げたのはリンでした。彼女の夢と理想を叶えることが、チェイニーの目的になったのです。
 
 
二人は「一卵性夫婦」。二人で一人でした。

ドナルド・ラムズフェルド

チェイニーの運命を変えた人物です。インターン時代に、政党に無関心だったチェイニーは、ラムズフェルドの破天荒な魅力に惹かれて共和党を選びます。そして彼に好かれ、とんとん拍子に職を得ていきます。イデオロギーなんてなくていいと教えたのがラムズフェルドです。
 
 
数十年にわたってチェイニーを指導し、最後はチェイニーの部下になりました。

スポンサーリンク

バイスのラスト結末


ジョージ・W・ブッシュ(サム・ロックウェル)本人に請われ、10年のブランクを経て副大統領として政界に復帰しました。このとき、無邪気な青二才だったブッシュ(息子)の姿に、チェイニーは自分が影の大統領として権力を握る姿を重ねて見ていました。チェイニーの狙いは、官僚や軍、エネルギー政策から外交政策に至るまでのあらゆる実権をその手に握ることでした。
 
 
そして冒頭の9.11のシーンへ。
 
 
大統領に代わって、平然と完全に独断で、人命にかかわるような重大な決定を下していきます。
 
 
そして・・・嘘から始まったと言われる戦争、イラク戦争へと進んでいくのです。

スポンサーリンク

バイスの感想と評価


「ディック・チェイニーがホワイトハウスの中に影の帝国を築くと分かっていたら、息子に勧めたりはしなかった」とパパ・ブッシュは言ったそうです。こんなに見事にしたたかに大統領を操り人形にしてしまうとは、誰も想像できなかったのでしょう(そういう彼は、妻リンの操り人形ですが)。
 
 
監督が上手に笑いで包んだので、クリスチャン・ベールは、ゴールデングローブ賞のコメディ部門で受賞できました。20キロ増量し、毎回5時間もかけてメイクをして臨んだ役でした。
 
 
それにしても本人が存命中にこんな映画が作られるなんて、さすがアメリカですね。

勇気ある人たち


アダム・マッケイというコメディ出身の監督が、チェイニー副大統領に着目しました。世界的に見ても大きな出来事が起こったブッシュ(息子)の時代に、注目を集めるのはもちろん大統領でした。チェイニーはしたたかな影武者でしたから、誰も気にも留めていませんでした。
 
 
チェイニー本人に企画を持ちかけることもしないでこの映画を作ってしまいました。見事に演じた俳優たちも勇気がありますね。
 
 
そして製作が「プランB」なんです。俳優のブラッド・ピットが設立した会社です。先見の明があり、多くの作品がアカデミー賞にからんでいます。最近では『ムーンライト』や『ビール・ストリートの恋人たち』などの、(ほぼ)黒人しか出ていない作品。ハリウッドでは儲からないと思われるような作品も積極的に、むしろ喜んで製作しています。
 
 
恐れずに、信念を貫いて、大胆に、これからも映画を作り続けてほしいと思います。


■オススメの動画配信サービス■


<U-NEXT>

・名もなき復讐者 ZEGEN
・おっさんずラブ
・娼年
・LDK
・アベンジャーズ/エンドゲーム

などが31日間無料視聴できます


<FODプレミアム>

・監察医朝顔
・TWO WEEKS
・ルパンの娘
・それぞれの断崖
・あいのり

などが1か月間無料視聴できます


<Paravi>

・ノーサイドゲーム
・凪のお暇
・Heaven?~ご苦楽レストラン~
・水曜日のダウンタウン
・パパジャニWEST

などが登録月無料で視聴できます


洋画
スポンサーリンク
user16をフォローする
ムビチャン
タイトルとURLをコピーしました