スポンサーリンク

トールキン 旅のはじまりのみどころとネタバレあらすじ!結末と感想も

洋画

映画「トールキン 旅のはじまり」が8月30日に公開されます。
 
 
映画「トールキン 旅のはじまり」は、冒険ファンタジー映画「ロード・オブ・ザ・リング」「ホビット」3部作の原作者J・R・R・トールキンの前半生を、「女王陛下のお気に入り」や「X-MEN」シリーズで知られるニコラス・ホルト主演で描いた伝記ドラマ。
 
 
この記事では、みどころとネタバレあらすじについて、お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

みどころ


本作は、ファンタジー映画『指輪物語』や『ホビットの冒険』の生みの親、J.R.R.トールキン(1892年ー1973年)の伝記映画です。
 
 
トールキンという偉大なファンタジー作家のどのような経験が、これらの作品を生み出したのか描いています。
 
 
友人や愛する人をとても大切にしていたトールキンの真っ直ぐな生き方や、大切な人を失っても自分の信念を貫き強く生きる姿は、とても感動的で勇気をもらえます。
 
 
またキャストがとても豪華であることも注目されています。
 
 
トールキン役を演じるのは、『アウトバーン』や『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』でお馴染みのニコラス・ホルト。そしてトールキンの意中の女性エディスを演じるのは、『あと1センチの恋』や『白雪姫と鏡の女王』のリリー・コリンズです。
 
 
他にもバラエティ豊かな俳優が揃っており、注目ですね。
 
 
また、私が個人的にこの映画で楽しみにしているもう1つの点は、学生時代のトールキンたちの衣装や、ティールームの部屋、景色などです。
 
 
どうやらイギリスならではのスタイルで、とてもお洒落で可愛らしいようなのです。ぜひ、こちらにも注目して見てみて下さい!

スポンサーリンク

ネタバレあらすじ


少年時代の友人を戦地で探すトールキンが、過去を回想しながら物語は進んでいきます。
 
 
J.R.R.トールキンは、3歳で父親を亡くしており、その後12歳の時、母親が急死してしまいます。
 
 
トールキンは孤児になってしまいますが、母の友人のフランシス・モーガン神父が後見人としてサポートしてくれます。そのおかげで彼は、名門キング・エドワード校へ入学することができました。
 
 
彼は学校で、ロブ・キルター・ギルソン、ジェフリー・バッチ・スミス、クリストファー・ワイズマンという芸術を愛する3人と友達になります。
 
 
彼らは「芸術で世界を変えよう」という誓いのもと、4人で秘密結社「T.C.B.S」を立ち上げ、ティールームで議論を繰り広げるようになります。
 
 
芸術に親しい友人と過ごすにつれ、トールキンは文学や物語に対して大きな関心を持つようになっていきました。
 
 
そして彼は16歳の時、3歳年上の女性エディス・ブラットに恋をします。
 
 
しかし、大学受験でオックスフォード大学に落ち、後のなくなったトールキンは、モーガン神父から「大人になるまで恋愛はするな」と恋愛を禁止されてしまいます。
 
 
トールキンは、エディスに待っていてほしいと伝えますが、彼女はトールキンの元を去ってしまいます。
 
 
時が経ち、トールキンはやっとの思いで彼女にプロポーズをしますが、既に婚約者がいたエディスはこれを断ります。
 
 
しかし、その後再開した2人は互いの思いを確認し、エディスは婚約者に指輪を返してトールキンと結ばれることになったのでした。
 
 
友人や愛する人と輝かしい青春を送っていたトールキンでしたが、そんな中第一次世界大戦が勃発します。
 
 
この戦争によって、彼の運命は大きく変えられてしまうのでした。

スポンサーリンク

結末


第一次世界大戦で、トールキンはイギリス陸軍に入りました。
 
 
彼は自身の体調不調に耐えながらも、戦地に赴いた友人の安否を確認をしようと、戦いの前線に向かいます。
 
 
しかし悲惨な戦争は多くの人の命を奪い、トールキンの友人も命を落としていたことを知ります。親友ジェフリーが亡くなった後、彼はジェフリーの書いた詩集を出版したいと彼の母親にお願いします。
 
 
ジェフリーの母親は、「それが何の役に立つでしょうか?」とトールキンに聞きます。彼は「こんな時代だからこそ、我々には芸術が必要なのです。」と語りました。
 
 
トールキンの芸術への熱意は、戦争中も消えることはありませんでした。
 
 
こうして悲惨な戦争体験からインスピレーションを受けたトールキンは、現代にも残る作品の元となる物語を作り出していくのでした。

スポンサーリンク

感想


素晴らしいファンタジー作品を書く人の頭の中って、どうなっているんだろう?きっと小さい頃から幸せな環境で育ってきたんだろうな。
 
 
最初私はそんな風に考えていました。しかし、実際はその真逆でした。
 
 
『指輪物語』などの作品が、戦争中に生まれたとは驚きです。
 
 
トールキンが学生の時代、T.C.B.S.の秘密結社で仲間たちと過ごす時間は、ザ!青春!という感じで見ていてとてもワクワクしそうです。
 
 
しかしその一方戦争のシーンでは、楽しいシーンの対比でより悲惨さが際立って、見るに耐えない…という意見も多いようです。
 
 
大切な仲間を失くしてしまうシーンには、思わず涙してしまいそうですね。
 
 
トールキンは、沢山の物語を生み出し、後世に名を馳せることになりました。しかし、物語は彼が一人で作り上げていたのではなく、その背景には、素晴らしい友人がいて、愛する人がいて、悲惨な戦争があって、様々な経験が彼の作品を作り上げていたのだと分かりました。
 
 
この映画を見る前には、『指輪物語』や『ホビットの冒険』を知っておいた方が良いかもしれません。
 
 
というのも、映画内の至る所に、これらの物語のイメージの種が散りばめられているからです。
 
 
あらかじめトールキンの物語を知っていれば、あのストーリーはこういう風にできたんだと興奮できそうです!
 
 
公開まであと少し、ぜひトールキンの作品を見直して、映画を見に行きたいものですね!


■オススメの動画配信サービス■


<FODプレミアム>

・シャーロック
・まだ結婚できない男
・モトカレマニア
・リカ
・あいのり

などが1か月間無料視聴できます


<Paravi>

・グランメゾン東京
・4分間のマリーゴールド
・G線上のあなたと私
・水曜日のダウンタウン
・パパジャニWEST

などが30日間無料で視聴できます


<U-NEXT>

・名もなき復讐者 ZEGEN
・おっさんずラブ
・娼年
・LDK
・アベンジャーズ/エンドゲーム

などが31日間無料視聴できます


洋画
スポンサーリンク
user10をフォローする
ムビチャン
タイトルとURLをコピーしました