スポンサーリンク

引っ越し大名のネタバレあらすじと見どころは?結末と感想も

邦画

2019年8月30日に映画「引っ越し大名」が公開開始となります。
 
 
「引っ越し大名」の原作は、生涯に7回もの国替えをさせられ、「引っ越し大名」と言われた大名・松平直矩をモチーフにした土橋章宏氏原作の小説「引っ越し大名三千里」となります。
 
 
主演は、アーティストとしても人気のある星野源さん。
 
 
この記事では、映画「引っ越し大名」のネタバレあらすじと結末、感想について、お伝えいたします。

スポンサーリンク

ネタバレあらすじ


徳川家が天下を治める江戸時代のお話です。

姫路藩の藩主であり、徳川家康の血を引く松平直矩は、幕府から国替えを命じられます。

国替えとは、幕府が大名の領地を移し替えることです。藩の大規模な引越しには、莫大な時間や労力を使うものでした。

またそれだけではなく、国替えにはとても費用がかかります。今回の国替えは初めてではなく、幕府は過去に何度かの国替えをしていたため、すでに藩は財政難へと陥っていたのでした。

そんな中、国替え担当をしていた引越し奉行が、激務のため亡くなってしまいます。そして新たな引越し奉行として、書庫番の片桐春之介(星野源)の名前があがります。

春之介は人見知りで、書庫で本ばかり読んでいる男でした。そのため皆からは「かたつむり」と呼ばれていました。

幕府は、書物ばかりを読んでいる春之介であれば、国替えの知識があると考え、彼を指名したのでした。

しかし、当然国替えの経験など全くない春之介は、困り果ててしまいます。

そんな中、彼の背中を押したのが、幼馴染の鷹村源右衛門(高橋一生)でした。

源右衛門が説得し、腹をくくった春之介は、前任の引越し奉行の男の娘、於蘭に助けを求めに行きます。

春之介はこの二人の力を借りて、引越しの準備をしていきますが、そんな彼に様々な困難が待ち受けていました。

果たして、人無し・金無し・経験なしの春之介は、三千里もの引越しを無事に終えられるのでしょうか。

 

引越しをする上で1番の問題は、費用面でした。

国替えを繰り返した藩は、既に財政難にありました。今回の国替えには、2万両(現在の価値では約15億円)が必要ですが、藩には7000両(約5億2千万円)しかありません。

そんな中春之介は、勘定頭の中西(濱田岳)に引っ越しにかかるリアルな費用を教えてもらいに行きます。

すると実際にかかる費用は1万両とのことでした。また、今回の引っ越しの規模は前回の半分なので、約5000両あれば足りると考えます。

春之介は勘定奉行(正名僕蔵)に金額面の交渉に行きますが、この時ぼったくられそうになります。しかし、源右衛門や中西らと知恵を合わせ、なんとか費用を4500両まで抑えることに成功します。

 

次に春之介に降りかかったミッションは、荷物を出来るだけ少なくするというものでした。

引越しの費用を抑えているため、あまりたくさんの荷物は運べません。

春之介は、荷物を半分にすることを目標に断捨離を始めます。

周りの人に指示をして、どんどん物を捨てさせようとしますが、皆言うことを聞かず、荷物減らそうとしない人もいます。

この状況に於蘭が、有効な断捨離の方法を教えます。それは、好きなものを残すという方法でした。

そこで、春之介は荷物を布で隠し、覚えていたものだけを紙に書き起こし、書けなかった物はいらないものとします。

これによりだんだんと荷物は減っていきました。しかし、本を好きな春之介が本を捨てないのはずるいと周りから声が上がります。

そこで、春之介は4日間で全ての本を読み、それを全て頭の中に入れて、本は焼き捨てることにしました。

これにより断捨離は成功します。

 

最後の壁は、リストラでした。

春之介は、身分の高い者の収入を下げ、これによって上を目指す人を減らす作戦を考えます。

多くの者が百姓として土地に残れば、先祖のお墓や使わない武器を守ってもらえます。また引越してから、藩士へ戻ることもできるようにしました。

 

スポンサーリンク

結末


これらの問題をなんとか乗り越えた春之介達のおかげで、松平直矩は無事に国替えを果たします。

ところがその後も、幕府は次から次へと国替えを命じるのでした。

なんとしてでもこれを阻止したい春之介は、将軍である徳川綱吉の心情を利用して、国替えをさせないように動きます。

動物を愛していた綱吉に話を合わせ、春之介は、松平直矩にもどれ程動物を愛しているのかを語らせます。

この作戦が成功し、なんとか、さらなる引越しは阻止されたのでした。

 

スポンサーリンク

感想


今回監督を務めるのは『のぼうの城』の犬童一心。また、原作・脚本は『超高速!参勤交代』シリーズの土橋章宏です。

国替えのことを「引越し」というなんて、ユニークですよね。

この監督と脚本の組み合わせを見るだけで、絶対面白いでしょ!と期待してしまいます。いつもクスクス笑えるシーンがあって、面白いですよね。

また、星野源や高橋一生などキャストも豪華です。どちらも女性に大人気の方なので、ファンの方は今から楽しみにされているのではないでしょうか!

個人的には、星野源の演技でちょっと笑えるギャグシーンが好きなのですが、今回の作品でもそういった笑えるシーンや、高橋一生との掛け合いがありそうで、こちらもとても楽しみにしています。

それだけではなく、ストーリー自体がそもそも面白いので、春之介たちが知恵を絞って、色々なミッションを乗り越えていく過程では観客も一緒に考えたりなど楽しめそうですね!

思いっきり笑えてほっこりする。そんな作品になっていそうです。

夏休み最後の映画にぴったりではないでしょうか。今から公開が楽しみですね。

タイトルとURLをコピーしました