スポンサーリンク

火口のふたりのラスト結末ネタバレは?ラブシーンの感想や評価も

邦画

映画「火口のふたり」が2019年8月23日から公開されています。原作は、白石一文さんによる小説でかなり衝撃的な内容なんですが、その小説の映画化となります。
 
 
ほぼラブシーンがメインとなる映画で、R-18ということもあって、話題となっています。
 
 
映画「火口のふたり」のラスト結末のネタバレとラブシーンの感想や評価についてお伝えいたします。

スポンサーリンク

映画「火口のふたり」とは?


荒井晴彦監督の作品といえば、「共喰い」、「この国の空」などが代表作で、「火口のふたり」は、2人にスポットを当てて、2人の大胆かつ濃密なラブシーンと、そのシーンとは対照的に作品全体として、無彩色な映像を多めに使用し、2人を取り巻く環境を演出しています。
 
 
R-18ということで、解禁となった予告編は、劇場での上映がNGとなりました。
 
 
まずは、「予告編」の動画はこちらです。
 
 

8.23(金)公開『火口のふたり』本予告

 
 
こちらが「幻の予告」の動画で、賢治が、直子を玄関先で、後ろから抱きしめ激しく求めたり、ベッドの上で濃密に抱き合っています。
 
 

8.23(金)公開『火口のふたり』大胆過ぎて上映NG!幻の予告編

 
 
直子を演じている女優さんは、瀧内公美さんで、「彼女の人生は間違いじゃない」や「夜、逃げる」、「グレイトフルデッド」で主演を演じています。また、TBSドラマ「凪のお暇」にも出演しており、凪が勤めていた会社の同僚・足立心役を演じています。今回の作品は、女性が本能のまま感じているという表現が必要なので、かなり難しい役どころではないでしょうか。

スポンサーリンク

火口のふたりのあらすじ


賢治の元に、かつて恋人だった直子の結婚の話が届き、賢治は乗り気ではなかったものの、秋田へ帰郷し、直子の結婚式に出席します。
 
 
賢治と直子は、かつて濃厚な肉体関係を結んでいた過去がありました。
 
 
賢治は直子と数年ぶりに再会し、直子の家を訪れ、直子は、昔のアルバムを持ち出します。そのアルバムには、富士山の火口のポスターを背景に2人が交わる写真が残っていました。
 
 
直子は突然こう言います。
 
 
「このアルバムを見ながら、私は賢ちゃんの体をしょっちゅう思い出してたよ」
 
 
賢治は、冗談交じりで話を聞いていましたが、帰り際、直子から
 
 
「今夜だけ、あの頃に戻ってみない?」
 
 
という提案を受け、それに応えます。この言葉をきっかけに、濃密な肉体関係に溺れていきます。
 
 
肉体関係は、一夜だけに収まらず、結婚式までの5日間、快楽と葛藤を感じながら濃密に交じり合い続けます。昼夜問わず、行為と食事を繰り返し、本能のままお互いを求めあいます。
 
 
その行為の合間に、当時と今の真実を互いに語っていきます。
 
 
直子は結婚式を控えており、結婚相手は自衛官。結婚する理由は、子供が生みたいというものでした。
 
 
賢治は直子と別れた後、できちゃった婚で結婚をしていました。その後、浮気することとなり、子供が1歳の頃には離婚。結婚生活は短い期間で終えていました。
 
 
賢治と直子は恋人同士だけではなく、直子と賢治はいとこ同士でした。
 
 
中学生の時、賢治と直子は家族同然に暮らしており、15年前、賢治が先に上京しており、その後、直子も東京で暮らし始めたことがきっかけで、2人は血のつながりがありながら、男女の肉体関係を持つようになりました。
 
 
賢治は自身が起こした事業も東日本大震災により倒産寸前まで陥っていました。
 
 
そしてとうとう最後の夜となり
 
「駆け落ちしようか」
 
と賢治は直子に告げます。
 
 
 
しかしそんな2人に、富士山の噴火による日本壊滅の危機が迫ります。
 
 
それでも本能のまま求めあい、原作では2人の関係は完結していませんでした。

スポンサーリンク

火口のふたりのラスト結末は?


結婚式までの最後の5日間が過ぎ、ついに、直子の結婚式当日を迎えます。
 
 
しかし、賢治のもとに、突然、直子の結婚式が中止になったことが知らせられます。
 
 
賢治は、この5日間のことが、「直子の結婚相手にばれたのでは?」と思い、慌てて、直子に連絡をします。
 
 
直子は、「結婚相手の自衛官が秘密の任務に就くため」と話します。そして、富士山が噴火することを伝えます。
 
 
賢治は、突然の話に信じられませんでしたが、真実だと分かると、気持ちを新たにします。
 
 
直子も結婚相手との心の距離を感じ、賢治への気持ちが戻ります。
 
 
賢治と直子は、富士山が噴火することより、お互いに肉体関係をもった抱き合えることのできる相手を選びました。

スポンサーリンク

ラブシーンの感想と評価


R-18ということで、ラブシーンがクローズアップされています。
 
 
本編は、ほぼラブシーンで構成されています。下品な言い方をすれば、「ほぼやっている」という映画です。
 
 
だけど、ただエロイかというとそうでもないです。本能のままに生きている二人を見て、「人生ってなんだろう」とか、「恋ってなんだろう」ということが感じられます。
 
 
ただ、性描写が凄いので、あらかじめ、そういうものだと思ってみないと、身構えてしまうので注意が必要です。性描写というと、ムラムラするような映画だと思うかもしれませんが、そうではなく、社会的で神秘的な映画です。おそらく、もっと奥が深いのではないでしょうか。
 
 
SNSでは、既に視聴した方の感想がツイートされています。
 
 


 
 
R-18なので、18歳未満は視聴することができませんが、「火口のふたり」は、禁断の肉体関係を映像にしているだけでなく、何か社会的なものや奥深いものを考えされられる映画に感じました。
 
 
「本能のまま生きる」とは、どういうことか?
 
 
ということを考えるきっかけに「火口のふたり」を見てみてはどうでしょうか?
 
 
ちなみに映画館では、女性のほうが多く観賞されてました。
 
 
こないだ見た、「天気の子」にも通じるものを感じました。見られた方、意味は分かりますか?
 
 
「火口のふたり」のネタバレあらすじと動画と感想については、こちらを見てみてください。
 

タイトルとURLをコピーしました