スポンサーリンク

秒速5センチメートルの結末とその後は?ネタバレあらすじと感想について

アニメ映画

映画「秒速5センチメートル」は、新海誠監督による2007年に公開されたアニメーション映画です。
 
 
新海誠監督といえば、「君の名は」が大ヒット映画となりました。「秒速5センチメートル」は、「雲のむこう、約束の場所」に続く第3作目の劇場公開作品となります。
 
 
この記事では、映画「秒速5センチメートル」のネタバレあらすじと結末、その後、そして、感想について、お伝えいたします。

スポンサーリンク

秒速5センチメートルのあらすじ

桜花抄

桜の花びらが落ちるのを見て、雪みたいだというあかり。
そんなたかきにとって、いつもそばにいて、一緒にいることが当たり前だったあかりが当然、栃木に転校する事が決まります。
 
 
1人、東京に取り残されたたかきはあかりとの手紙のやり取りだけがこころの拠り所でした。
 
 
そんなたかきは、なんとなく平穏な毎日を過ごしていましたが、あかりの引っ越していった栃木とはまた異なる、はるかに遠い場所である種子島に引っ越すことになります。
 
 
もう二度と会えなくなるかもしれないという想いにかりたてられ、たかきはあかりに会いに行くことを決意します。
 
 
当日になり、たかきは電車に乗りあかりの住む場所へと向かいます。しかし、神様のいたずらにしては酷なことに大雪が降り足止めをくらってしまいます。当時の彼らには連絡手段はなく電車が遅れていることをあかりに伝える手段がありません。
 
 
もどかしい思いをしながら電車が再び動くことをただただ願い続けるたかきと到着を待ち続けるあかり。
 
 
再会を遂げた2人は、会えなかった時間を埋めるかのように一緒に居られる残りの時間を大切に過ごします。
 
 
口づけを交わした時、たかきは無力な自分のでは、あかりを守る事ができないことに気づくと同時にそのあかりのやわらかな唇に安堵します。

コスモナウト

種子島に転校したたかきを好きなかなえ目線で始まります。
 
 
都会から来たもの寂しげな少年はかなえの目には目新しく惹かれていくのは時間の問題でした。
 
 
もし、サーフィンでひとりで立つ事ができたら告白をしようと決めているかなえでしたが、なかなか上達しません。
 
 
度々、一緒に下校していたかなえとたかきでしたが、かなえはたかきが一人でいる間に誰か宛にメールを送っていることを分かっていました。
 
 
かなえがサーフィンにひとりで立つ事ができたその日の夜、2人の頭上をロケットが飛んでいきます。
 
 
たかきが自分のことを好きではないことがはっきり分かって、かなえは告白を取りやめます。
 
 
かなえはそれでもずっとたかきのことを好きでいること、想い続けることをやめられないことを胸に秘め泣きながら眠りにつきます。

秒速5センチメートル

たかきは社会人になり、3年付き合った彼女に振られてしまいます。その理由はどこかであかりのことを想っていることを見抜かれてしまったからです。
 
 
13歳だった頃のあかりのことを特別に想う気持ちがかわらずたかきの中に存在していたのです。
 
 
そんないつまでもあかりの存在が大きく、前に進むことのできずにいるたかきとは対照的にあかりは結婚が決まり、前に進み始めています。
 
 
思い出すことはあっても、大切な過去の思い出になっていったのです。
 
 
ただ、なんとなく毎日をやり過ごしていたたかきは、心の限界を感じ仕事を辞めてしまいます。

スポンサーリンク

秒速5センチメートルの結末


消えないあかりへの想いに苦しみながら、それでも日々を生きていくたかきは、ある日、踏切であかりと面影のそっくりな女性とすれ違います。
 
 
もし、それがあかりだったのなら自分の存在に気付き、電車が通り過ぎ行く後、自分のことを待っていてくれるかもしれない。
 
 
そんな期待を胸に電車が過ぎていくのを眺めているたかき。
 
 
しかし、そこには誰もいませんでした。

スポンサーリンク

秒速5センチメートルのその後


たかきは踏切のシーンであかりへの気持ちが自分より弱いなにかを守らなければならない試練だったことに気がつきます。
 
 
それと同時に無力だった小学生の自分と今の自分は違うことに気づきます。
 
 
そのことに気が付いたたかきは、あかりの幸せを願いつつ、自分の道を歩み始めます。

スポンサーリンク

秒速5センチメートルの感想


大切な過去の思い出が誰にでもあると思います。
 
 
そんな過去の出来事を思い黄昏たり、過去を過去として受け入れることによって前に進んで行ったりそれはさまざまです。
 
 
映画ではそれがあかりに対する想いでしたが、それは恋愛だけに限らず友人関係であったり家族関係であったり、はたまた過去の自分自身の問題であったりいろいろな形があります。
 
 
この映画を観て、過去にとらわれずその時を自分らしく生きる大切さを感じました。
 
 
そして、あかりへの想いとの決別だけでなく子供の頃の無力すぎる自分との決別も意味すると思いました。
 
 
物理的距離によって離れ離れになってしまう子供達が、生き続けることによって成長し、今度は自分で自分の道を選び歩んでいくことができるのです。
 
 
儚い描写や色合い鮮やかな背景には言葉では伝えることのできない儚い美しさが描かれているように感じました。
 
 
雪が降り、やがて桜の花びらが秒速5センチメートルで落ちていく、季節が冬から春になっていくように子供だった主人公が大人になっていくのです。
 
 
更に、1人の女性を守ることのできなかった苦しみが思い出へと移り変わっていく、移りゆくことの切なさや強さが感じられる映画でした。

タイトルとURLをコピーしました