スポンサーリンク

箱入り息子の恋の最後の手紙の内容は?ネタバレあらすじと感想も

邦画

映画「箱入り息子の恋」は、2013年6月8日に公開されたミュージシャンとしても活躍している星野源さんの映画初主演作品です。
 
 
恋愛初心者の主人公が一人の女性と恋に落ち、感情に心奮わせながら変化していく過程を描き出すラブストーリー。監督は、「あの女はやめとけ」の市井昌秀さんが務め、目が不自由なヒロインを「天然コケッコー」の夏帆が演じています。
 
 
星野源さんは、初めて恋を知った男を演じ、取り巻く家族たちが織り成す力強い演技を熱演しています。
 
 
この記事では、「箱入り息子の恋のラスト」のネタバレあらすじとラストと結末、そして、感想について、お伝えいたします。

スポンサーリンク

箱入り息子の恋のキャスト

天雫健太郎/星野源

市役所記録課に勤務する35歳の男性で女性経験なし。年齢=彼女歴なし。13年間無遅刻無欠席で、17時になるとほとんど寄り道もせず帰宅する虚しい日々を過ごしています。
ギャンブル・酒・タバコはやらず、趣味は貯金と格闘ゲームとカエルに餌をやること。特技はカエルの鳴き真似。
貯金するため、勤務日も昼食はわざわざ自宅に食べに帰るほど。
結婚願望は全くなく、真面目で内気な性格。極度の上がり症。

今井奈穂子/夏帆

健太郎のお見合い相手で、健太郎と同じ大学の9学年後輩。
目が不自由だが生まれつきではなく、子供の頃は見えていましたが病気が原因で見えなくなる。
これまで、父が持ってくるお見合い相手のプロフィールにうんざり。
好きなタイプの男性は、自分と気が合う人で趣味はピアノを弾くこと。

天雫寿男/平泉成

健太郎の父。映画では天雫の家系が健太郎の代で途絶えてしまうことに危機感を覚え、健太郎の結婚を熱望。お見合いにより、健太郎に質問されたのに率先して代わりに答えるなど息子に対してやや過保護な性格。

天雫フミ/森山良子

健太郎の母。普段は息子想いで優しく、滅多に感情が乱れることがない性格。
ただし息子である健太郎を悪く言う人には、はっきりと反論する。手先が器用でカンがよく飲み込みが早い。

今井晃/大杉漣

奈穂子の父。娘である奈穂子の結婚相手には、盲目の娘を一生支えるだけの男としての根性や甲斐性が必要との考えを持っている。お見合いの際、頼りない印象の健太郎を見て「娘を任せられない」と判断し、交際を反対する。会社社長をやっているせいか周りの人間に対し、威圧的で傲慢な言動をしている。奈穂子に愛情を注いでいるが、自分の考え重視で周りの意見を聞かない。

今井玲子/黒木瞳

奈穂子の代理お見合いに参加した。社長である晃を支え、一歩下がったような控えめな女性。プライベートでは晃が他人に無礼な言動をすると代わりに謝る役目となっている。晃と同じく奈穂子の将来を案じているが、本人の気持ちを一番に考え、2人の恋を応援している。

スポンサーリンク

箱入り息子の恋のあらすじ

天雫(あまのしずく)健太郎は市役所に勤務する35歳の男性。生真面目で内気な性格や本人の趣味が災いし、これまで女性との恋愛経験が無くいまだに実家で両親と暮らしている。
 
 
健太郎の父・寿男(平泉成)と母・フミ(森山良子)は息子の将来を気遣い、親同士が子どもに代わってお見合い相手を探す代理見合いに出席することに。
そこで目が見えないため代理お見合いをしている今井奈穂子(夏帆)の両親と知り合います。
 
 
奈穂子の父・晃(大杉漣)は健太郎のプロフィールを見て「冴えない男」と評価し見合い相手の対象から外してしまうが、ひょんな事から健太郎の人柄を知った奈穂子の母・玲子(黒木瞳)は天雫家にコンタクトを取り健太郎と奈穂子の見合いの場をセッティング。そこから物語は進んでいきます。

スポンサーリンク

箱入り息子の恋のネタバレあらすじ


そして、行われた両家の初顔合わせの場は惨憺たるものでした。
 
 
顔合わせで初めて奈穂子の目が不自由だと知り戸惑いを隠せない健太郎の両親。そしてやはり健太郎では娘は守れないとはなから決めつける奈穂子の父に、夫の無礼を必死に謝るばかりの奈穂子の母。
 
 
当の本人たちをよそに両家は最悪の形で見合いを終えることになりましたが、健太郎と奈穂子は互いに惹かれあっています。
 
 
2人は奈穂子の父に内緒でデートを重ねていきます。健太郎行きつけの吉野家に行ったり、公園を散歩したり、外でのんびりジュースを飲んだり、交際を認めてもらえるよう昇任試験を受けようとしたり、代わり映えのしない健太郎の日常は彼女の存在によって徐々に変わっていきます。
 
 
デートの中で、目が見えない奈穂子のためにひとつひとつ注意し二人で慎重に楽しく過ごしていきます。

スポンサーリンク

箱入り息子の恋の最後の手紙の内容は?ラストと結末


しかしついに交際がバレてしまい、奈穂子を車から守ろうとした健太郎は大けがをし、それまで交際を応援していた健太郎の母からも交際を反対されてしまうことに。
 
 
奈穂子に会わなくなり、仕事一辺倒だった健太郎が手につかなくなります。
 
 
ある日の昼休み、公園でパンを食べていた健太郎は奈穂子を目撃し、彼女が心配になり、あとを追います。
 
 
奈穂子は吉野家に向かい、健太郎は遠くから奈穂子を見守ります。奈穂子は、涙を流しながら牛丼を食べ、そんな奈穂子に声をかける事が出来ませんでした。
 
 
健太郎は職場に戻るも、奈穂子の事が気になり、早退して今井家に向かいました。
 
 
奈穂子の家につくも普通には入れないので、2階にある奈穂子の部屋に侵入します。
 
 
奈穂子が気が付き、部屋に入れてもらい、2人は愛し合います。
 
 
しかし、晃と玲子にバレて、裸姿の健太郎を見た晃は彼を殴ったり蹴ったりし、健太郎はベランダから落ちてしまいます。そして、入院する事に。
 
 
健太郎は大怪我をして、病院で点字の手紙を書きました。
 
 
ラストシーンは健太郎から奈穂子に点字の手紙を渡して幸せそうに奈穂子がなぞり、声を出して笑いました。
 
 
手紙の内容は明かされませんでしたが、奈穂子はとても幸せそうでした。
 
 
点字で書かれた手紙の内容が気になりますね。
 
 
SNSでは点字を解読された方がいらっしゃいました。
 
 


 
 
点字で書かれた手紙の内容は、
 
 
「点字の手紙に初めて挑戦したよ。病室で奈穂子さんのことで頭がいっぱい。けがをしても諦めないで、両親の説得をしていく。でも、両親に裸を見られたのは恥ずかしかった。これからも両親を説得していく」
 
 
と書かれていました。一部推測もありますが…。
 
 
何が書いてあるのか気になりましたが、これでかなりスッキリしましたね。

スポンサーリンク

箱入り息子の恋の感想


最初の始まりは静かなものでしたが、物語が進むにつれどんどん演技の感情が激しくなっていきます。単なるラブストーリーではなく、お互いに必要なものを与え続ける二人の関係は胸を打たれるものがありました。
 
 
今でこそ星野源さんは俳優としても活躍されていますが、その高い演技力が垣間見える素晴らしい映画だったと思います。
 
 
また、ヒロインである夏帆さんの演技も素晴らしく、盲目の女性という難しい役を見事に表現されていました。等身大の二人の姿や、大事な子供だからこその両親の言動など感情移入していく物語だったと思いました。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。不器用で恋愛経験の少ない男女がおりなす純愛映画。是非一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。


■オススメの動画配信サービス■


<FODプレミアム>

・シャーロック
・まだ結婚できない男
・モトカレマニア
・リカ
・あいのり

などが1か月間無料視聴できます


<Paravi>

・グランメゾン東京
・4分間のマリーゴールド
・G線上のあなたと私
・水曜日のダウンタウン
・パパジャニWEST

などが30日間無料で視聴できます


<U-NEXT>

・名もなき復讐者 ZEGEN
・おっさんずラブ
・娼年
・LDK
・アベンジャーズ/エンドゲーム

などが31日間無料視聴できます


邦画
スポンサーリンク
user4をフォローする
ムビチャン
タイトルとURLをコピーしました