スポンサーリンク

007 カジノロワイヤルのネタバレあらすじを解説!感想も

洋画

長年に渡ってファンに愛されている、007シリーズ。

日本では、人気バラエティー番組でもテーマの音楽が使われるなど、観たことはないけど名前は知っているかたも多いのではないでしょうか。

今回は2006年に公開された 今までとは違う新しいジェームズ・ボンドを描いた作品として話題を集めた、ダニエル・クレイグ主演の映画 『007 カジノ・ロワイヤル』の見所やあらすじを解説します。

スポンサーリンク

映画007 カジノロワイヤルの作品情報やキャスト


2006年公開 アクション・スパイ映画 原作はイアン・フレミングの小説 カジノ・ロワイヤル(Casino Royale)。
現ジェームズ・ボンドであるダニエル・クレイグの初めて役についた作品でもあります。
当時はシリーズ始まって以来の金髪・碧眼のボンドとして世界中のファンから注目を浴びました。
長年愛されてきた007シリーズ。
原作ではジェームズ・ボンドが初めて活躍する物語ということもあり、この映画ではまだ若く荒々しい人物像が描かれています。
・キャスト

ジェームズ・ボンド (ダニエル・クレイグ)

【殺しのライセンス】00セクションの資格を得たイギリス(MI6)の諜報員。
プロ意識が高く、イギリス国家の為自身の命を顧みず様々なミッションをこなす一方、上司であるMの言うことは聞かないなど問題をおこす破天荒な一面も持ち合わせています。
今作でも、与えられたミッションを大胆なやり方で終わらせてしまった為、一時休暇を取るはめになっています。
女性関係は、人妻に惹かれることもあり特定の女性は作っていないよう。
お酒・ギャンブルを嗜み、今回の映画のメインである「カジノ」で敵と戦う場面もあります。
また、お酒はマティーニを好み、アメリカ映画の名セリフベスト100にも選ばれた「マティーニを。ステアせずにシェイクして」が今作の映画でもあります。

その他 主な登場人物

ヴェスパー・リンド(エヴァ・グリーン)
今作のボンド・ガール。
ボンドがカジノで戦うことになり、勝負に使うお金を監視する役目として派遣されたスタイル抜群の美女。
初めてボンドと対面したときは、傲慢で他人の事を信じていないボンドに不信感を抱いていましたが、物語の途中でお互い愛する関係になります。
また、物語の中でボンドの好むカクテルの名前に「ヴェスパー」と名付けており、このカクテルは現代にも実際に楽しまれています。
M(ジュディ・リンチ)
ボンドの上司。
合理的な考えを持ち、ボンドが所属する00セクションがあるMI6の管理者です。
本名不明、住所も不明といういかにも諜報員のボスという徹底ぶりですが、物語の中ではボンドに自宅に上がられてしまう場面もあります。
問題をおこすボンドを叱責する場面もありますが、根本的には信頼しており、シリーズを通してボンドが成長するきっかけになります。
ル・シッフル(マッツ・ミケルセン)
今作の敵。
世界中のテロ組織から預かった資金を運用しており、この資金を使い、株式の空売りを行うことで巨額の利益を得ようとしていました。
ボンドにより阻止されたことで資金を失い、テロ組織から狙われることになります。
そこで多額の賞金がでる「カジノ・ロワイヤル」に参加。自身はポーカーの達人で、そこで勝利することで資金の穴埋めを計画していました。

スポンサーリンク

映画007 カジノロワイヤルのネタバレあらすじ

【序盤】

物語の始まりは、南米マダガスカル。
熱帯の地域であり、普段から暑さが続いているこの土地でこの中でも一際熱気を帯びている場所があります。
そこは闘技場。一匹の蛇とマングースの勝負が行われていました。
観客がその勝負に魅せられている中、本作の主人公であるジェームズ・ボンドが現れます。
彼は勝負を見にきたのではなく、任務を受けある男を追っていました。
その男を見つけ、処分しようとしましたが見つかってしまい男が逃げてしまいます。
マダガスカルの街並みを走り追いかけるボンドでしたが、対象の男が逃げついたのはその国の大使館。
そこでミッション失敗かと思いきや、強引に大使館へ侵入し男を殺します。

【中盤】

大使館に入り、あろうことか人殺しをしたボンドはMから叱責され謹慎処分となります。
一方謹慎になったボンドは、殺した男から手に入れた携帯電話を手に単身マイアミへ行きます。
そこで、情報を手に入れたボンドはある男が莫大な資金を稼ぐため、大型旅客機の爆破を企んでいることを掴みます。
急いで空港へ向かい、爆破処理の男を追いかけます。
空港内で静かに、しかし確実にお互いを殺そうとする二人。
遂に追い詰め男を殺し、爆破による被害も最小限に留めることが出来ました。
資金調達を企んでいた男「ル・シッフル」は、爆破が未遂に終わり、空売りしていた株もただの紙切れに。
世界中のテロ組織から資金を預かっていた、ル・シッフルは資金を失ったことで狙われることになります。
一方、MI6はテロ組織の資金調達係である、ル・シッフルを失脚させるため、再びボンドへミッションを依頼。
その内容は、多額の賞金がでるカジノ・ロワイヤルへ参加し勝利することでした。
寝台列車に乗り、モンテネグロへ向かうボンドの所へ「ヴェスパー・リンド」が現れます。

【終盤】

カジノで戦うボンドと、ル・シッフル。
当初ポーカーで優勢に動いていたボンドでしたが、負けられないル・シッフルにより毒を盛られ瀕死の危機に陥ります。
絶体絶命の危機に現れたヴェスパー。命を救われたボンドは瀕死に近い状態で再び、カジノの場へ向かいます。
命を救われたボンド、ヴェスパーへ特別な感情を持ち始めます。
カジノ・ロワイヤルの勝負も大詰めになったところ、勝ちを確信していたル・シッフルをポーカーで負かし、勝利をおさめることができました。
ヴェスパーと勝利した多額の賞金を受け取ったボンドでしたが、もう後がないル・シッフルに狙われ、ヴェスパー共々監禁されます。
拷問を受けていたボンドでしたが、危機一髪の所で助かります。
助かった訳には理由があります。
実はヴェスパーはボンドの他に男がいましたが、拉致され脅されていました。
賞金のパスワードを知っていたヴェスパーは、取引をしボンドを助けるよう懇願した結果、ル・シッフルは殺されボンドは助かり、ヴェスパーは賞金を出すため拉致されます。
彼女を助け出そうと、最終決戦が始まります。
爆破により、崩れ行く建物で繰り広げられる攻防。
その果てに、ヴェスパーを助け出そうとしますが、建物の崩壊に間に合わず最愛の人を亡くしてしまいます。
悲しみに暮れる間もなく、最後のシーンでは裏で事を仕切っていた人物を特定し、シリーズの名セリフでもある「僕はボンド。ジェームズ・ボンド」と残し、物語が終わります。

スポンサーリンク

007 カジノロワイヤルの感想や評価


新しいボンド像として、描かれている今作品。
ライターもアクションシーンに釘付けになり、何度も観た好きな映画の一つです!
見所はアクションシーンだけでなく、美しい街並みのシーンや緊迫したカジノのシーンもあり物語に起伏のある素晴らしい映画です。
私の一番好きなシーンは毒を盛られたあとのボンドのシーンですね。
冷静に対処する所が同じ男として、痺れるものがありました。。。

スポンサーリンク

まとめ

アクションが好きな方にはお勧めの映画です。
この後にもシリーズが「慰めの報酬」「スカイ・フォール」「スペクター」と順を追うごとにボンドの人間性も出てくるので、そこが見所と思っています。
007シリーズは長年愛されていますが、その理由のひとつとして、サポートしてくれる周りのキャラクターにあると思います。
武器・スパイ道具調達のQや、スパイ活動をサポートするミス・マネーペニーなど。
今作品では、出てきていませんが、物語が進むにつれ人気のキャラクターも登場しますので、新しいボンド映画を観たことがない方でも楽しめると思います!


■オススメの動画配信サービス■


<FODプレミアム>

・シャーロック
・まだ結婚できない男
・モトカレマニア
・リカ
・あいのり

などが1か月間無料視聴できます


<Paravi>

・グランメゾン東京
・4分間のマリーゴールド
・G線上のあなたと私
・水曜日のダウンタウン
・パパジャニWEST

などが30日間無料で視聴できます


<U-NEXT>

・名もなき復讐者 ZEGEN
・おっさんずラブ
・娼年
・LDK
・アベンジャーズ/エンドゲーム

などが31日間無料視聴できます


洋画
スポンサーリンク
user4をフォローする
ムビチャン
タイトルとURLをコピーしました