スポンサーリンク

スラムドッグ$ミリオネアは実話?ネタバレあらすじと感想

洋画

「スラムドッグ$ミリオネア」は、2008年のイギリス映画で、インド人外交官のヴィカス・スワラップの小説「ぼくと1ルピーの神様」をダニー・ボイルが映画化となりました。
 
 
第33回トロント国際映画祭観客賞、第66回ゴールデングローブ賞作品賞、第62回英国アカデミー賞作品賞受賞。第81回アカデミー賞では作品賞を含む8部門を受賞した作品です。
 
 
この記事では、「スラムドッグ$ミリオネア」が実話なのかやネタバレあらすじ、感想について、お伝えいたします。

スポンサーリンク

ネタバレあらすじ


インドで人気のクイズ番組「クイズ$ミリオネア」の収録場面から物語はスタートします。
 
 
少年ジャマール・マリクは問題を次々と正解していきますが、スラム出身の少年にこんなに問題が解けるはずがないと疑われてしまいます。そしてジャマールはあと一問を残したところで、警察に連行されてしまい、激しい拷問を受けます。
 
 
しかしジャマールは「僕には答えが分かった」と主張し、そこからジャマールの生い立ちが始まっていきます。
 
 
ジャマールと兄のサリームは、インドのスラム街で暮らしていました。2人は幼くして母親を失い、イスラム教徒を敵視する暴徒から逃げながら、なんとか暮らしています。
 
 
そんなある日ジャマールとサリームは、ラティカという少女と出会い、3人は共に生活を始めることになります。しかしゴミ処理場で暮らしていた彼らは、いきなり謎の男に連れられ、孤児の保護施設といわれる場所に入れられてしまいました。
 
 
そこでは連れてきた子供達を騙して失明させるビジネスが行われており、それを知った3人は、施設から逃げ出そうとします。
 
 
ジャマールとサリームは列車に乗り込むことに成功しましたが、列車に乗り込めなかったラティカとはここで離れ離れになってしまうのでした。
 
 
ラティカに恋心を抱いていたジャマールは、彼女を探すためにお金を貯め、サリームと共にムンバイへ戻ります。そこでジャマールは、昔施設にいたアルヴィドという盲目の歌手と再会し、ラティカの居場所を教えてもらいます。
 
 
そしてようやくラティカと再開しますが、そこに昔施設を運営していた男たちがやって来ます。窮地に陥った3人でしたが、サリームが手に入れた拳銃で男を倒し、金を奪って逃げることに成功します。
 
 
その後サリームは、ジャマールとラティカを残してムンバイ最大のギャングのボス、ジャヴェドに会いに行きます。
 
 
金と力に貪欲なサリームは、自分の身を守ろうと、彼の手下となってしまうのでした。
 
 
サリームはラティカをボスの愛人にするため、彼女を奪おうとし、抵抗するジャマールに銃を向けます。
 
 
ラティカはジャマールを守る為にサリームと一緒に行くと言い、ジャマールとラティカは再び離れ離れになってしまうのでした。
 
 
ジャマールはその後、コールセンターで働きながら、社内のパソコンで兄のサリームと同姓同名の人物に電話をかけ、サリームを探しました。
 
 
そして遂に兄の携帯電話に繋がり、再会を果たします。
 
 
これまでのことをサリームは謝りますが、ジャマールは許せませんでした。ジャマールは後日、出掛けるサリームの後を尾行し、ラティカを見つけ出します。
 
 
ラティカはギャングのボスからの暴力に怯える毎日を送っていました。ジャマールはラティカを救い出そうとしますが、ラティカは再びサリームや手下に捕まってしまいます。
 
 

 
 
ジャマールは、再び失ったラティカを見つけ出す為に、彼女が見ていた「クイズ$ミリオネア」に出場することを決めます。番組に出れば、ラティカが見ていてくれるかもしれないと思ったのです。
 
 
「クイズ$ミリオネア」の問題は、全てこれまでのジャマールの経験から答えられるものでした。ジャマールは正解を続け、ついに最後の一問まできました。
 
 
ここで、冒頭のシーンに繋がり、ジャマールは不正を疑われ、拷問を受けます。
 
 
一方で、サリームはこの番組をちょうどテレビで見ていました。
 
 
サリームは今までの自分の行いを反省し、ラティカに車の鍵と自分の携帯電話を渡し、ボスの元から逃がしてやります。無実が証明されたジャマールは番組に戻り、最終問題に答えようとしています。
 
 
しかしこの問題の答えは、ジャマールには分かりませんでした。彼はテレフォンを使用し、唯一知っているサリームの携帯電話に電話をかけます。
 
 
するとサリームの携帯電話はラティカが持っていたので、ジャマールの電話にはラティカが出ました。
 
 
2人は喜びます。
 
 
しかし、ラティカもこの問題の答えは分かりませんでした。
 
 
ジャマールは自分の直感で答えを選択します。すると奇跡が起きました。
 
 
問題に正解したのです。
 
 
ジャマールは賞金として、2000ルピーもの大金を獲得するのでした。
 
 
しかし時同じくして、サリームがラティカを逃したことがボスにバレ、結果サリームはボスを殺しますが、その直後サリーム自身も手下に殺されてしまいます。
 
 
その後、ジャマールはラティカとの再会を果たし、2人はようやく結ばれるのでした。

スポンサーリンク

スラムドッグ$ミリオネアは実話なのか?


まず、この作品はインド人外交官で小説家のヴィカス・スワラップが書いた『ぼくと1ルピーの神様』という小説を原作とし、それを映画化したものです。
 
 
では、この話は実話なのでしょうか?
 
 
実話であれば、とても夢のあるストーリーですよね。
 
 
ですが残念ながら、完全なる実話ではありません…。
 
 
しかし、ヴィカスは自分自身が経験したいくつかの事実を織り込み、このストーリーを作りました。
 
 
彼は自分自身が貧しい家庭に生まれ、またある時、新聞でインドのスラムに暮らす子供たちの生活を知り、これらの事柄がこのストーリーの地盤になっているようです。
 
 
また、クイズで不正を疑われるという展開においては、実際にイギリス版の「クイズミリオネア」で、不正を働いた解答者がおり、その人物がモデルになっています。
 
 
観客席にいた妻や友人からの咳の合図で、答えを教えてもらっていたようです。
 
 
このようにヴィカスは、自分の経験や実際の出来事を元にこの作品を書いたのです。

スポンサーリンク

感想


この作品はインド国内の過激な情勢や、過酷な環境で暮らすストリートチルドレンをリアルに描いています。
 
 
親を失いながらも必死にお金を稼ぎ、生きていこうとする子供達の姿は、一種のドキュメンタリーを見ているような気持ちにさせてくれます。
 
 
また、主人公のジャマールがクイズに正解することを、街の貧しい人々やストリートチルドレンは、まるで自分のことのように喜びます。
 
 
彼らにとってジャマールは希望だったのかもしれません。
 
 
私たちは普段当たり前のように平和な環境の中で生活をしています。
 
 
しかしその一方で、過酷な状況の中でも一日一日を精一杯生きようとしている人々がいるということを、決して忘れてはいけないと改めて感じました。


■オススメの動画配信サービス■


<FODプレミアム>

・シャーロック
・まだ結婚できない男
・モトカレマニア
・リカ
・あいのり

などが1か月間無料視聴できます


<Paravi>

・グランメゾン東京
・4分間のマリーゴールド
・G線上のあなたと私
・水曜日のダウンタウン
・パパジャニWEST

などが30日間無料で視聴できます


<U-NEXT>

・名もなき復讐者 ZEGEN
・おっさんずラブ
・娼年
・LDK
・アベンジャーズ/エンドゲーム

などが31日間無料視聴できます


洋画
スポンサーリンク
user10をフォローする
ムビチャン
タイトルとURLをコピーしました