スポンサーリンク

ゴーストライダー2のラストと結末は?ネタバレあらすじと感想も

洋画

映画「ゴーストライダー2」は、マーベル・コミックの人気キャラクターをニコラス・ケイジ主演で映画化した大ヒット・アクション大作の続編です。
 
 
映画「ゴーストライダー2」のラストと結末が気になったので、あらすじとともに調べてみました。
 
 
この記事では、映画「ゴーストライダー2」のラストと結末、ネタバレあらすじや感想をお伝えします。
 
 
あらすじやネタバレもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

スポンサーリンク

ゴーストライダー2のネタバレあらすじ


崖の上にある守られた修道院で、少年ダニー(ファーガス・リオーダン)は保護されています。

悪魔から狙われているためです。

そこへ僧侶のモロー(イドリス・エルバ)が現れ、ダニーを守るために引き取ると言いました。

しかし、ダニーとモローの話が終わらないうちに、修道院に悪魔が襲撃してきます。

その場にいたダニーの母ナディア(ヴィオランテ・プラシド)は、とっさに息子を車に乗せて逃げます。

そのうしろをモローがバイクでついていき、更にモローの後を悪魔が車で追っていきました。

途中でモローは悪魔にバイクのタイヤを撃たれ、その勢いで崖から滑り落ちます。

しかしモローも必死に応戦し、悪魔の車を足止めすることに成功します。

 

場面は変わり、ジョニー・ブレイズ (ニコラス・ケイジ)は瀕死の父親を助けるために、悪魔ロアーク(キーラン・ハインズ)と契約をしています。

この契約により、ジョニーは罪人を見るとゴーストライダーになってしまうのでした。

ゴーストライダーは悪魔の処刑人として、悪魔の魂を吸い取ります。

 

悪魔に追われながらもなんとか生き延びたモローは、ゴーストライダーのジョニーの元へ行き、少年ダニーを助けるように言いました。

モローはジョニーがゴーストライダーであることを知っていました。

また、ジョニーが契約した悪魔とダニーには共通点があると教えます。

そして呪いを解くことを条件に、ジョニーはダニーを助けることを引き受けました。

 

一方で、ナディアとダニーはカフェで男から財布を盗み、車で逃げているところです。

二人が乗った車を、背後から追ってくる男たちがいます。

ナディアの元彼のキャリガンです。

二人の乗った車は後ろから衝突され、キャリガン達に襲われてしまいました。

ナディアが銃で撃たれそうになった時、ゴーストライダー姿のジョニーが炎をまとったバイクで現れます。

ジョニーにはダニーの気配を読み取ることができました。

ジョニーはゴーストライダーに変身すると、バイクや顔は炎で包まれ、顔は骸骨に変身します。

またこの時には、銃やナイフで攻撃されても全く効きません。

しかし不意をつかれ、ジョニーは車と共に爆破されてしまいました。

この隙に、ダニーはキャリガンに連れ去られてしまいます。

 

ジョニーは病院で目を覚まします。

警察が来ていることを知ったジョニーは病院から逃げようとしますが、この時にナディアを見つけ、追いかけます。

やっとの思いでナディアに追いついた時、ナディアはジョニーに銃口を向けました。

ナディアはジョニーのことを悪魔の手下だと思いましたが、ダニーを助けようとしていると知ると、ダニーを見つけて!と懇願します。

そしてジョニーはダニーが悪魔に狙われている理由を知ります。

昔ナディアは麻薬の密売人キャリガンと付き合っている時、取引に失敗し、逃げる為に建物の3階から飛び降りたことがありました。

そこでナディアは死にかけます。

しかし悪魔ロアークが現れ、命を助けるのを引き換えに自分の子供を産むように言います。

そうして産まれたのがダニーなのでした。

ダニーは悪魔の子であることをジョニーは知ります。

ジョニー達はキャリガンの密売仲間にキャリガンの居場所を聞き、採石場に向かいました。

そこには敵が待ち受けていますが、ダニーを助ける為にジョニーは必死で戦います。

ジョニーは罪人に反応するとゴーストライダーの姿になるため、戦いの最中に徐々に変身していきました。

完全にゴーストライダーになったジョニーは、ナディアを罪人と判断し追いかけます。

しかしダニーが、やめろ!ママを離せ!といいゴーストライダーを見つめると、無事にジョニーに戻ることができました。

そして彼らはその場から逃げ出すことに成功します。

レストランでご飯を食べ、話をしたりひと時の団欒の時間を過ごした三人の絆は深まりました。

また、ジョニーは落ち込んでいるダニーを自分のバイクに乗せ、一緒にドライブを楽しみます。

その頃採石場では、瀕死状態のキャラガンをロアークが助けていました。

ここでロアークは触れたものを朽ち果てさせる力を手に入れ、ブラックアウトへと変身します。

ジョニー、ナディア、ダニーはモローと合流し、呪いを解くために聖域、修道院に向かうのでした。

 

スポンサーリンク

ゴーストライダー2のラスト結末


修道院についたジョニーは、悪魔との契約によって父親を助けたのは、ただ自分自身の自己満足のためであったと懺悔をします。

そして自分の中に存在する悪魔と戦い、無事に呪いを解くことに成功しました。

しかし、その時ナディアの悲鳴が聞こえます。

向かうと、そこでは僧侶たちがダニーを騙し殺そうとしているところでした。

その時いきなりブラックアウトが現れ、僧侶に触れ、朽ち果てさせてしまいます。

ブラックアウトはダニーを再び連れ去りますが、ジョニー達はダニーを助けに向かいます。

ブラックアウトは最強の存在になるため、ダニーの体を乗っ取ろうとしていました。

新しい王の誕生を見ようと、周りには悪魔達が集まってきます。

ジョニーとナディアとモローはダニーを救う為の計画を実行しますが、モローはブラックアウトにより殺されてしまいます。

ジョニーもブラックアウトにより殺されそうになりますが、ダニーと契約することによって再びゴーストライダーに変身し、応戦します。

そしてゴーストライダーは、炎のチェーンでブラックアウトを倒し、ついにブラックアウトは消滅します。

しかしダニーはこの戦いに巻き込まれ、死んでしまいました。

その時、ジョニーに天使の力が生まれ、その力によってダニーは目を覚まします。

勝ったの?と聞くダニーに、ジョニーは大勝利だ。と笑って伝えました。

 

スポンサーリンク

ゴーストライダー2の感想


ニコラス・ケイジが制作インタビューで、「撮影の4分の1は危険なスタントシーンだった」と語っていますが、前作と比べ物にならないくらいワイルドでど迫力なシーンが多いです!

見ていてこちらもスカッとしますね。

またこの作品では、黒人神父のモローがマジカルニグロ的役割を担って登場しています。

マジカルニグロとは、白人主人公を助けるために現れ、助けた後には消えたり死んでしまったりする黒人のストックキャラクターのことを言います。

主にアメリカの作品によく見られる表現で、この表現の仕方には人種差別の観点から賛否両論あるようです。

マジカルニグロが登場する映画は他にもたくさんあるので、映画好きの方は知っていたら少し自慢できるかもしれません!

このように作品からアメリカの人種差別的歴史が垣間見えるのも、面白いですよね。


■オススメの動画配信サービス■


<FODプレミアム>

・シャーロック
・まだ結婚できない男
・モトカレマニア
・リカ
・あいのり

などが1か月間無料視聴できます


<Paravi>

・グランメゾン東京
・4分間のマリーゴールド
・G線上のあなたと私
・水曜日のダウンタウン
・パパジャニWEST

などが30日間無料で視聴できます


<U-NEXT>

・名もなき復讐者 ZEGEN
・おっさんずラブ
・娼年
・LDK
・アベンジャーズ/エンドゲーム

などが31日間無料視聴できます


洋画
スポンサーリンク
user10をフォローする
ムビチャン
タイトルとURLをコピーしました