スポンサーリンク

ブレス あの波の向こうへのラストと結末は?ネタバレあらすじ感想も

洋画

映画「ブレス あの波の向こうへ」は、2019年7月27日(土)より上映が開始され、1970年代のオーストラリア西南部の小さな街を舞台に、サーフィンの魅力に見せられた少年の姿を描いた作品でです。
 
 
主役を演じたのは。撮影時、15歳のサムソン・コールターで、演技初挑戦でみずみずしい姿で注目を集めました。
 
 
この記事では、映画「ブレス あの波の向こうへ」のラストと結末やネタバレあらすじ、感想について、お伝えいたします。

スポンサーリンク

ブレス あの波の向こうへのネタバレあらすじ


オーストラリア人作家に贈られる最も栄誉ある賞、マイルズ・フランクリン賞を受賞したティム・ウィルソンの自伝小説『ブレス:呼吸』を映画化した本作。

舞台は、オーストラリア西南部の小さな海辺の田舎街。

パイクレット(サムソン・コールター)と友達のルーニー(ベン・スペンス)はこの街で暮らしています。

パイクレットは内向的で、読書好きな少年です。

両親はいつもパイクレットを気にかけ、彼はとても大切に育てられました。

一方でルーニーは、後先考えずに自分の思うように生きる、負けず嫌いで好奇心旺盛な少年です。

ルーニーは父親の暴力に怯え、逃げる日々を送っていました。

家庭環境、性格ともに正反対のパイクレットとルーニーですが、二人は親友で共通点がありました。

それは、何か刺激を求めているということ。

そしてある時、二人は初めて行くソーヤー岬でミステリアスな男性サンドー(サイモン・ベイカー)と出会います。

サンドーはサーフィンを愛する男で、その日も軽々と波を乗りこなしていました。

その姿を見たパイクレットとルーニーは、すっかりサンドーの虜になります。

そして、これがきっかけで二人はサーフィンを始めることとなりました。

パイクレットとルーニーは、発泡スチロールの手作りサーフボードを作り、いつかは本物のサーフボードを手に入れるんだという夢を持ちながら毎日練習に励みました。

そしてようやく本物のボードを手に入れた二人は海へ向かい、そこで再びサンドーに出会います。

パイクレットとルーニーはサンドーにサーフィンを教えてもらえることになりました。

サンドーを師と仰ぐ二人は、次第にサンダーの住んでいるログハウスにも通うようになります。

サンドーは妻のイーヴァ(エリザベス・デビッキ)と二人で暮らしていますが、妖艶なイーヴァはパイクレットにとって、とても刺激的でした。

ある日パイクレットとルーニーは、サンドーが元プロサーファー、またイーヴァはスキーの選手であったと知ります。

そして二人がオーストラリアに来た理由は、イーヴァがスキーで膝を壊し静養のためであったということを知りました。

サンドーはスポーツのスリルに魅力を感じ追い求めてきましたが、パイクレットとルーニーにもその道を歩ませようと、命の危険もある危ない波に挑むよう挑発します。

好奇心旺盛なルーニーはこの挑発にのり、危険な波に勇敢に立ち向かいましたが、一方で控えめなパイクレットは波を目の前にすると怖気付いてしまいました。

そしてサンドーは、そんなパイクレットのことをビビりだと言い、パイクレットを置いて、ルーニーと一緒に波乗りツアーに出かけてしまいます。

その事実をイーヴァの口から聞くこととなったパイクレットは、大きなショックを受けました。

 

スポンサーリンク

ブレス あの波の向こうへのラストと結末


その後、イーヴァとパイクレットは、互いの傷を舐め合うように身体を求め合うようになり、次第にパイクレットは両親や彼女と距離を置き始めます。

そして、過去にスポーツのスリルに魅せられていたイーヴァは、危険なプレイをパイクレットに求めるようになったのです。

しかしパイクレットはこれを受け入れることができず、恐怖心や気持ちのズレを感じ始めました。

そんな時、パイクレットはイーヴァが妊娠していることに気が付きます。

サンドーとの子です。

これを機にパイクレットは変わりました。

今までは、他人に導かれるようにして生きてきた人生でしたが、イーヴァに対して意見をし、拒否する姿勢を初めて見せたのです。

そして、その後サンドーとルーニーが戻り、サンドーが高い波にパイクレットを誘った時、パイクレットは言いました。

びびっているわけでもなく、凡人なわけでもない。ただ好きではないだけだと。

 

そこからしばらく時が経ちます。

最後はパイクレットのナレーションで締めくくられています。

パイクレットの声は、ルーニーが頭を撃たれて死亡したことを伝えました。

そして、彼は過去のルーニーとの楽しかった日々を思い出し、驚きはしなかったけれど、悲しかったと。静かに言うのでした。

 

スポンサーリンク

ブレス あの波の向こうへの感想


メインキャラクターを演じるサムソン・コールターとベン・スペンスは、実は2人ともリアルサーファーであり、作品内のサーフシーンは全て合成なしの実物です。

迫力満点の緊張感あるシーンの数々は、サーファーの方も楽しませてくれるのではないかと思います。

 

物語のメインキャラクター、パイクレットとルーニーは性格も育ってきた環境も正反対の2人ですが、その対比がうまく描かれおり、若者の抱えている痛み、怒り、嫉妬心が2人違う形で見え、なかなか面白いです。

10代の葛藤や成長する姿がエモーショナルに表現されており、これからどう生きていくのか?本当の自分とは?など一緒に考えさせられました。

 

また、この作品では「水」が生と死の境界線として象徴的に描かれています。

波にのることは、下手をすれば死に至る可能性もあり非常に危険を伴います。

水の中で、もがき苦しみ死を感じ、必死の思いで水面から顔を出せば、めいいっぱいの空気を吸い込み、生きていることを実感させられる。

生と死の狭間を体験するようなスリルを、快感ととらえる登場人物たちは、ある意味変態的といえるでしょう。

しかし、私たちの心の奥深くにもそのような感情が埋まっているかもしれない、そう考えさせられる映画でした。


■オススメの動画配信サービス■


<FODプレミアム>

・シャーロック
・まだ結婚できない男
・モトカレマニア
・リカ
・あいのり

などが1か月間無料視聴できます


<Paravi>

・グランメゾン東京
・4分間のマリーゴールド
・G線上のあなたと私
・水曜日のダウンタウン
・パパジャニWEST

などが30日間無料で視聴できます


<U-NEXT>

・名もなき復讐者 ZEGEN
・おっさんずラブ
・娼年
・LDK
・アベンジャーズ/エンドゲーム

などが31日間無料視聴できます


洋画
スポンサーリンク
user10をフォローする
ムビチャン
タイトルとURLをコピーしました