スポンサーリンク

Diner ダイナー(映画)のロケ地は?宙吊りの撮影場所は、さしま環境センター?

新作映画

7月5日(金曜)に公開となる藤原竜也さん主演の映画「Diner ダイナー」
 
 
監督は、日本サスペンス界の女帝とも言える蜷川実花監督。
 
 
映画「Diner ダイナー」の原作は、過激なシーンが多いことから映像化不可能とまで言われた小説「Diner ダイナー」で、殺し屋が集まる会員制ダイナー「キャンティーン」が舞台となっています。
 
 
この記事では、映画「Diner ダイナー」のロケ地や撮影場所、キャストについて、お伝えいたします。

スポンサーリンク

Diner ダイナー(映画)の作品情報

映画「Diner ダイナー」は、小説家・平山夢明氏によるサスペンス小説「Diner ダイナー」が原作となっています。
 
 
監督は、「さくらん」や「ヘルタースケルター」などのサスペンス映画を手掛け、9月に小栗旬さん主演の「人間失格」の公開も控えている蜷川実花監督です。
 
 

『Diner ダイナー』ストーリー特別編 2019年7月5日公開

 
舞台は、殺し屋たちが通い詰める会員制ダイナー「キャンティーン」
 
 
ごく普通の一般人であるオオバカナコは、お金欲しさにバイトに応募し、会員制ダイナー「キャンティーン」のウエイトレスとして売られてしまいます。
 
 
カナコは、ダイナーのシェフであり元殺し屋のボンベロやお客である凶悪な殺し屋たちとの生活を始まります。
 
 
毎日が極限状態の世界で働き、ボンベロや殺し屋たちの人間模様に触れていきます。
 
 
殺し屋たちが多く、登場し、マシンガンで連射したり、ナイフを飛ばしたりするシーンがあり、「Diner ダイナー」は、映像不可能とまで言われた作品でした。
 
 
それだけに、どんな表現をしているのか注目が集まっています。
 
 
蜷川実花監督は、インタビューでこのように話しています。
 
 

私にとっては初の男性主人公であり初のアクションシーンで初のサスペンスと新しいことにたくさん挑戦した作品となっています。撮影している最中から”何かすごいものが撮れている気がする”というかすかな予感があったのですが、それは現場の雰囲気がとても素晴らしかったからです。

 
 
現場の雰囲気もよく、蜷川実花監督が作る世界観で、どのように表現されているのか、見どころとなりそうです。

スポンサーリンク

Diner ダイナー(映画)のロケ地や撮影場所は?

映画「Diner ダイナー」のロケ地や撮影場所が気になりますね。
 
 
予告編動画では、カラフルで独特の世界観がありますが、まだ、公開前というということで、ロケ地について、情報は出回っておりません。
 
 
現時点で分かっているロケ地は、この3つです。
 
 

・茨城県境町
・東京の東宝スタジオ
・さしま環境センター

茨城県境町

境町フィルムコミッションがロケ協力をしているので、茨城県境町がロケ地となっている可能性が高いです。
 
 


 
 
場所:茨城県境町

東京の東宝スタジオ

元殺し屋の天才シェフ・ボンベロが店主を務める「殺し屋専用の食堂」にあるゴージャスな貴賓室のシーンは、東京の東宝スタジオで撮影が行われています。
 
 
VIPのみが使用できるゴージャスな貴賓室は、セットで組み立てられているようです。
 
 


 
 
場所:東宝スタジオ
住所:〒157-0066 東京都世田谷区成城1丁目4

さしま環境センター

玉城さん演じるオオバカナコがなんと、高さ20メートル以上の場所で宙吊りにされるというシーンがあります。
 
 


 
 
このシーンが撮影された場所は、境町フィルムコミッションのツイッターによると、「さしま環境センター」です。


 
 
場所:さしま環境センター
住所:〒306-0404 茨城県猿島郡境町長井戸1746

スポンサーリンク

Diner ダイナー(映画)の主題歌

『Diner ダイナー』予告(主題歌ver.)2019年7月5日(金)公開

映画「Diner ダイナー」の主題歌は、DAOKO×MIYAVIのコラボ曲「千客万来」です。
 
 
MIYAVIさんのノリノリの演奏にリズミカルなメロディーが特徴的ですね。
 
 
DAOKOさんは、作詞家としても活躍する女性ラップシンガーです。もともと、動画配信サービス「ニコニコ動画」に投稿し、話題を集め、2015年にメジャーデビューしました。3rd シングル「打上花火」はオリコンランキングベスト10入りし、2018年の紅白歌合戦に初出場しました。

スポンサーリンク

Diner ダイナー(映画)のキャストや出演者

映画「Diner ダイナー」のメインキャストについて、お伝えします。

藤原竜也


藤原竜也さんが演じるのは、ボンベロ。元殺し屋で、現在は殺し屋専門のダイナーのシェフとして働いている。
 
 
ダイナーに来る殺し屋と比べると常識があり、冷静ですが、怒らせると元殺し屋のある能力を見せる。

玉城ティナ


玉城ティナさんが演じるのは、オオバカナコで、母に捨てられ育った一般人。
 
 
日給30万円という怪しいアルバイトに応募し、裏社会に入り込んでしまいます。
 
 
ダイナーのウェイトレスとして働くことに。

窪田正孝


窪田正孝さんが演じるのは、スキンで、凄腕の殺し屋。
 
 
見た目は怖そうですが、紳士的で優しい性格。ボンベロしか知らない大きな秘密を抱えている。

本郷奏多


窪田正孝さんが演じるのは、キッドで、幼い子供のような可愛らしい容姿だが、実際は大人。実年齢は誰も知らない。
 
 
性格は残酷で子供が遊ぶように人を殺すのを楽しむサイコキラー。

スポンサーリンク

まとめ

映画「Diner ダイナー」のロケ地と撮影場所について、お伝えいたしました。
 
 
現時点でロケ地として分かっているのは、東宝スタジオと茨城県境町のさしま環境センターです。
 
 
映画公開後、ロケ地が判明したら、他のロケ地について、追記したいと思います。


■オススメの動画配信サービス■


<U-NEXT>

・娼年
・秘密
・チャイルドプレイ
・ナイトミュージアムシリーズ

などが31日間無料視聴できます


<FODプレミアム>

・アンフェア the end
・大奥
・踊る大捜査線
・ういらぶ

などが1か月間無料視聴できます


新作映画
スポンサーリンク
ムビチャンをフォローする
ムビチャン

コメント

タイトルとURLをコピーしました