スポンサーリンク

ドラゴンクエストユアストーリーのオチやラストは?ネタバレあらすじと感想も

アニメ映画

誰もが一度は聞いたことがあるドラゴンクエスト。

ゲーム、漫画、アニメなどで大人気のあの作品が映画になりました。

物語の主人公はあなたです。

今回こちらのあらすじやネタバレなどをご紹介します。

スポンサーリンク

豪華キャスト&監督


リュカ(主人公):佐藤健

ビアンカ:有村架純

フローラ:波瑠

ヘンリー:坂口健太郎

パパス:山田孝之

他にも:ケンドーコバヤシ、安田顕、古田新太、松尾スズキ、山寺宏一、井浦新、賀来千香子、吉田鋼太郎

今回映画になったのはゲームの中でも人気がある「ドラゴンクエスト5 天空の花嫁」がベースになっています。

話題の人気俳優&女優陣がキャラクターたちに命を吹き込みます。

山田孝之は過去にドラゴンクエストシリーズで声優を務めたり、お馴染みの「勇者ヨシヒコ」の勇者として有名ですよね。

佐藤 健はアクション映画などで大変人気ですが、実際の声優としての実力はどうでしょうか?

過去、仮面ライダー電王にてスーツを着た後の声を担当したことなどがありましたが今回はどのような力を発揮しているか楽しみですね。

総監督は「ALWAYS 三丁目の夕日」や「アルキメデスの大戦」の山崎貴監督です。

そして音楽は「ドラゴンクエストシリーズ」の楽曲を担当している、すぎやま こういち。彼がいなければこのドラゴンクエストの世界観んはこんなにも色鮮やかにならないでしょう。

スポンサーリンク

あらすじ


このストーリーはゲームの流れに沿っており、少年リュカが父パパスと冒険の旅をしているところからストーリーが始まります。旅の目的はゲマに捕まったリュカの母マーサを助け出すことです。
 
 
その旅途中にお馴染みのキャラクター、ビアンカやフローラ、ヘンリー王子やベビーパンサーのゲレゲレと出会います。漸くゲマにたどり着いたリュカですが、ゲマの力は強く、圧倒的な力の差がありました。
 
 
そしてその力の差からパパスは頃されてしまい。リュカはヘンリーと共に囚われの身になり、ゲマの奴隷として働くことになります。そして後半で成長したリュカの息子が登場します。

スポンサーリンク

結婚相手(ネタバレあり)


ドラゴンクエストシリーズを愛してやまないファンからすれば、一番気になるところはフローラとビアンカのどちらと結婚するかというところではないでしょうか。
 
 
リュカが結婚相手に選ぶのは、想いを寄せていたフローラにプロポーズをします。このまま結婚する流れになるかと思いきや、リュカが泊まっていた宿で一人の老婆がリュカの前に現れます。
 
 
その老婆はリュカにある物を渡します。それは自分の本心を引き出す薬、リュカはそれを飲み気付きます。自分が本当に好きだと思う相手は普段から本音で言い合えるビアンカだったとリュカは気付きました。
 
 
フローラが可哀想ですがリュカはフローラにプロポーズをなかったことにすることを話し、フローラとの婚約がなくなったことでビアンカに改めてビアンカに想いを告げます。
 
 
そして二人は結婚しますが、この結末はフローラが望んだことでした。何故なら宿屋でリュカの前に現れた老婆はフローラだったからなのです。
 
 
リュカの本当の気持ちに気付いたフローラは、彼が自分の気持ちに気付けるように一肌脱いでの行動で、リュカを大事に想っているからこその行動だったと言えるのではないでしょうか。
 
 
原作にはないこの展開、ファンからすれば驚きの展開ですね。

スポンサーリンク

ユア・ストーリーののオチやラストは?(ネタバレあり)


この作品では実は意外な展開が待っています。
 
 
まずは「ドラゴンクエスト5 天空の花嫁」が映画になるということで、この作品が原作のまま物語が進むと思われた方は大変多くいたのではないでしょうか?
 
 
実は私もそう思っていた内の一人です。
 
 
クライマックスでリュカVSミルドラースの展開ではなく、まさかゲームプレイヤーVSウイルスというこの衝撃的な展開を誰も予想していなかったはず。このゲームの中で起きているストーリーと思いきや、これはプレイヤーがゲームにのめり込んでいるような話だったのです。
 
 
ウイルスは主人公に「大人になれ」と言いますが、その言葉には深い意味がありました。
 
 
あなたはドラクエ5をプレイしていた頃、どんな気持ちでプレイしていましたか?
 
 
ドラクエ5をプレイしていない人でも、どんな気持ちでゲームをしていますか?
 
 
現実に目を背けてゲームの世界にのめり込んでいた人、友達や家族と盛り上がったりした人、いろんな理由があってゲームの世界観に没入した覚えはゲームをしたことがある人には経験があるのではないでしょうか。
 
 
このドラクエシリーズに限らず、親からはゲームよりも勉強、大人がゲームばかりやっているだけで人間性を判断されたり、今も昔もよくあることでしたね。
 
 
でも、そんな中で楽しんだゲームに時間費やして得たものを「青春」と感じていた人も中にはいたのではないでしょうか。
 
 
自分が楽しんでいたあの頃を思い出させてくれるようなこの映画、副題となっている「ユア・ストーリー」はこの映画を観た方々のストーリーを表しています。

スポンサーリンク

感想

この映画の展開には本当に驚きが隠せませんでした。
 
 
ただドラクエ5の話が映画となり、主人公リュカの物語だと思っていたのでこの作品の「ユア・ストーリー」が観に行った方々のことを表していたなんて衝撃すぎて鳥肌立ちました。
 
 
ドラクエファンだけでなく、ドラクエをプレイしたことがない人でも楽しめる作品です。
 
 
私はドラクエをプレイしたことはありませんでしたが、こんなにも衝撃を受けた映画は初めてでしたので是非この映画を気になっている方は映画館に足を運んで頂きたいです。


■オススメの動画配信サービス■


<U-NEXT>

・娼年
・秘密
・チャイルドプレイ
・ナイトミュージアムシリーズ

などが31日間無料視聴できます


<FODプレミアム>

・アンフェア the end
・大奥
・踊る大捜査線
・ういらぶ

などが1か月間無料視聴できます


アニメ映画
スポンサーリンク
user11をフォローする
ムビチャン

コメント

タイトルとURLをコピーしました