スポンサーリンク

僕たちと駐在さんの700日戦争(映画)のネタバレあらすじと感想!続編はある?

邦画

原作が爆発的ヒットとなった僕たちと駐在さんの700日戦争、通称「ぼくちゅう」の映画化。
&nbsp
&nbsp
続編も期待されていますが、続編が製作されているのでしょうか。
&nbsp
&nbsp
この記事では、映画「僕たちと駐在さんの700日戦争」のネタバレあらすじと感想と続編はあるのかについて、お伝えいたします。

スポンサーリンク

僕たちと駐在さんの700日戦争のネタバレあらすじ

いたずらが大好きな高校生5人組


ママチャリ(市原隼人):作中では名前の由来は明かされていない。一人だけママチャリに乗っている。
 
 
西条(石田卓也):中学生のころから誰よりも喧嘩が強い流れ者。ある日、雨の中傘がなくて困っている女の子(ミカちゃん)を助けていたところで、ママチャリと親しくなる。
 
 
グレート井上(賀来賢人):井上医院の息子でお坊ちゃん。両親から医学部に進学するよう言われている。
 
 
孝昭くん(加治将樹):大家族の長男。姉とたくさんの妹弟がいる。
 
 
千葉くん(脇知弘):肉屋の息子
 
 
彼らは巨大な敵である駐在さん(佐々木蔵之介)と青春をかけた戦いをしています。
 
 
時は1979年、栃木県。
 
 
ある日西条が原付で坂を下っていたところ、新しく赴任してきた駐在さんに「速度超過だ」と取り締まられ、7日間の停学処分となってしまいます。
 
 
「あんなところ(坂下)で計測していたら超過するのは当たり前だ」と駐在さんに怒り心頭の西条。仕返しして面食らった顔が見たい、とみんなに話すも、「国家権力には逆らえない」とみんな乗る気でない様子。そこでママチャリが「自転車なら速度超過でも捕まらないのでは」とひらめき、自転車での走行を思いつきます。
 
 
50キロ超過した状態で何度も測定器の前の走行を繰り返し、さらに仲間を集め走行したところで、勝利をつかんだと思いきや、「自転車も立派な軽車両なので、速度超過は違反である」と注意されてしまいます。
 
 
そこから、5人組に西条の後輩ジェミー(冨浦智嗣)や、後に留年2年目で免許を所持している辻村さん(小柳友)も加わり、ぼくたち対駐在さんの青春をかけた戦いが始まります。

運命の出会い


様々な方法で、駐在さんへのいたずらを行うも、そのたびに駐在さんからしてやられる日々が続きます。いつものように井上の家(井上医院)で作戦会議を開いていたところ、「親から勉強するようにと言われた」とのことから、会議の場所を近所の喫茶店へ変更。そこでとても美人な店員さん(麻生久美子)に心を奪われてしまうママチャリ。
 
 
次の方法は、駐在さんの机の上や駐在所に成人紙をばらまく、というものでした。任務遂行にママチャリが任命され、完遂した際には喫茶店の君に告白するとみんなに宣言します。
 
 
いざ駐在所に侵入し任務を開始していると、喫茶店の君がやってきます。「主人に何か用ですか?」と言われ、ママチャリは混乱します。なんと喫茶店の君は駐在さんの奥さんだったのです。そこで駐在さんが戻ってきて、「成人紙が落ちていたので届けに来た」と嘘をつきますが、駐在さんに「本の名前を読んでくれ」と言われ、喫茶店の君の前で辱めを受けるはめになるママチャリ。
 
 
別の日、駅の前でママチャリと井上は駐在さんが見知らぬ美女といるのを目撃します。浮気を疑って許せないママチャリは、駐在さんにとびかかりますが、彼女は駐在さんの妻加奈子の妹、美奈子(豊田エリー)だということが判明します。美奈子は東京の大学で星を研究しており、姉から、栃木は星が良く見えるということを聞き、夏の休暇で姉のもとへ訪れました。そして今度は井上が美奈子に恋に落ちます。井上は星を趣味にしていたことから2人は意気投合。一緒に星を見に行くなど仲を進展させます。

最大の任務


その後も全面戦争を繰り返す日々でしたが、ある日西条が原付を運転中、事故にあいます。原因は走行中にランニング中の女子をよそ見していたためでしたが、入院するほどの大けがを負ってしまいます。お見舞いに訪れたメンバーたちは西条から次の任務の依頼を受けます。その内容は、まもなく開催される隣町の花火大会で花火を盗み出すというものでした。窃盗は犯罪の上、花火は危険物のためさすがにそれはまずい、気が引け賛同しないメンバーたち。
 
 
みんなと帰宅したママチャリでしたが、財布を病室に忘れたことに気づき戻ります。そこで、西条と同じく入院しているミカちゃんが会話しているのが聞こえてきました。どうやら、西条はミカちゃんに、花火大会の日に打ち上げ花火を見せる約束をしているようでした。隣町だからここから見えるはずがないけれど、もし花火が見ることができたら手術を受ける、と言うミカちゃん。その事情を知ったママチャリは看護師に「ミカちゃんを1日くらい外出させることはできないか」と尋ねますが、「あの子は元気そうだけど、生まれつき重い心臓の病気を患っていてすぐに手術を受けなければならない状況」と言われ、断られてしまいます。
 
 
帰宅途中、ママチャリは駐在さんの妻加奈子に偶然会い、一緒にソフトクリームを食べることに。加奈子から、自分は以前名の知れたレディースに所属しており、その当時やりあっていたのが駐在さんだったと明かされます。ある事件をきっかけに、駐在さんの助けがあり族を抜け出せましたが、駐在さんは駐在所に左遷されてしまいました。あの時の自分のように君たちのことを心配している、と加奈子から聞かされます。
 
 
その後ママチャリは自宅で西条とミカちゃんの約束のために花火を盗み出す方法を考え出し、計画書を同梱した手紙をメンバーたちに配ります。

最終決戦!仲間のために


当日、約束の時間にやってきたのは女装したジェミーのみ。それからしばらくして千葉くんも合流。ほかのメンバーは来ていませんが、作戦を開始します。
 
 
計画は、まず千葉くんがスタッフになりきり中へ侵入。次にママチャリとジェミーが新聞部として、花火師の親方(竹中直人)を取材。親方を取材中は現場がストップするため、その間に千葉君が導線等を盗み出し、尺玉はジェミーが盗み出す、というものでした。事前に取材を申し込んでいたママチャリが親方に取材をして時間を稼いでいる間、千葉くんは導線、ジェミーは尺玉をそれぞれ盗み出すことに成功。時間が迫る中、親方の話を切り上げ取材協力費を支払い、なんとかその場から離れることができた3人でしたが、駐在さんに計画がばれてしまい、足止めを食らってしまいます。所持品を見せるよう駐在さんに迫られたところで、実は応援に来ていた孝昭くんの協力によりその場を切り抜けることができました。
 
 
急いで病院前の河原に向かい、花火の準備をする3人。まもなく打ち上げというところで、またもや駐在さんに追いつかれ、「お前らがそんなことしなくていい」と言われますが「仲間と約束したからやらなければならない」と強行決行します。
 
 
約束の時間が迫り、井上と辻村さんも合流します。そしてとうとう、花火を発射。打ちあがった花火は病室のミカちゃんと西条のもとにしっかり届いていました。

結末、そして僕たちの戦いは続く

手錠をかけられ逮捕される7人。パトカーで連れられたのは西条とミカちゃんのいる病院でした。そこでさらに花火が上がり始めます。ママチャリたちが盗んだのは2玉のみのはずでしたが、実は駐在さんが自腹で花火師さんたちを雇い、用意していたのでした。そして駐在さんのもとへ連絡が入り、「花火師の親方が、ママチャリから花火の代金は受け取っている、と言っている」とのことで全員釈放されます。
 
 
そして駐在さんが全員を駅まで送ると、そこには東京へ向かう美奈子の姿が。最後に井上は美奈子に別れを告げることができました。
 
 
ここまでが僕と駐在さんの戦争の108日までの物語。
 
 
さらに戦争が続く日々の描写で、映画は終わります。

スポンサーリンク

感想と続編はある?

古き良き時代の描写と「ぼくたち」の青春の様子が絶妙にあっていて、見ていてとてもさわやかでした!キャスト群もとても豪華で、茶目っ気のある市原隼人さんや、硬派の中に優しさを持った佐々木蔵之介さんなど、役どころにあったキャスティングが映画をさらに引き立てています。そしてなにより満載のコメディ要素。くだらないのに見ていて飽きのこないやりとりに、くすっと笑え、心をほっこりさせてくれました。
 
 
題名の通り700日の内容なのかと思いきや、今作は108日で終了してしまいました。そのため続編も期待できそうですが、2019年8月現在その情報は出ていません。108日でストーリーは終えているため、続編を想定しての構成だった可能性はありますが、上映開始から10年以上経過した現在でも話が上がってこないことから、現実問題難しいのかもしれません。いつの日か、同じキャストで「ぼくちゅう2」が上映されるのを願うばかりです。


■オススメの動画配信サービス■


<FODプレミアム>

・シャーロック
・まだ結婚できない男
・モトカレマニア
・リカ
・あいのり

などが1か月間無料視聴できます


<Paravi>

・グランメゾン東京
・4分間のマリーゴールド
・G線上のあなたと私
・水曜日のダウンタウン
・パパジャニWEST

などが30日間無料で視聴できます


<U-NEXT>

・名もなき復讐者 ZEGEN
・おっさんずラブ
・娼年
・LDK
・アベンジャーズ/エンドゲーム

などが31日間無料視聴できます


邦画
スポンサーリンク
ムビチャンをフォローする
ムビチャン
タイトルとURLをコピーしました