スポンサーリンク

スカーレット第109話ネタバレ感想|受話器から見知らぬ女性の声が

連続ドラマ

2月10日、NHK連続テレビ小説「スカーレット」の第109話が放送されました。
 
 
武志の大学入学式当日、喜美子はマツと共に、武志との時間を名残惜しんで過ごす。心配する喜美子をよそに、武志が「大学中は帰らない」と宣言。喜美子は武志を送り出してから、八郎にこれまでの仕送りのお礼を兼ねて、連絡しようと考える。
 
 
この記事では、2月10日放送の第109話のネタバレ感想について、お伝えいたします。
 
 

スポンサーリンク

前回までのあらすじ

武志はいつもより早く帰宅すると、すぐに出かけようとした。
 
行き先を聞いても要領を得ない。
 
もしや、と思い「サニー」に出かけてみた。
 
陽子や忠信に探りを入れてみる。
 
信作がいつも何かを渡している。
 
武志に。
 
先日も水着写真だと言っていた。
 
それは、八郎が信楽を出て行ったあとまで続いている。
 
そこまで話したとき、忠信が口をすべらせた。
 
陽子があわてて止めたが手遅れだった。
 
 
 
その晩、武志の帰りは遅かった。
 
喜美子は、あきらかな嘘をつく武志を責めたが、深追いはしなかった。
 
武志は作業場に向かう貴美子を追いかけた。
 
進学を決めたと言った。
 
京都の美大だった。
 
喜美子は、八郎が後押ししたのだろうと思ったが、ここでも深追いをしなかった。
 
それ以後、武志は必死で勉強した。
 
そして、とうとう合格した。
 
喜美子もマツも大喜びした。
 
信楽から京都までは通えないので入寮することになる。
 
喜美子は、聞かなくても分かっていることを武志に聞いてしまった。
 
八郎のことを。
 
武志は、隠しても仕方がないと悟ったのか、八郎とのやりとりを話し始めた。
 
八郎は、はじめ京都に行ったが、それから愛媛へ、そこまでは貴美子も所長から聞いていた。
 
今は名古屋にいると言う。
 
八郎は、武志にたくさんの手紙を書いてよこしたとのことだった。
 
 
その手紙の最後には、こう書いてあったという。
 
「会いたい」
 
大事なものをまた失ってしまったのか、と貴美子は思いこんだ。
 
 

スポンサーリンク

スカーレット第109話のネタバレあらすじ

出発は明日。
 
友人たちが誘いに来た。
 
武志は、はなれ離れになる友人たちと、遊びに出かけることになった。
 
いつもは門限に厳しい貴美子も大目に見ると言った。
 
武志は、出かける前にマツの布団を敷いた。
 
まだ、日は高い
 
いつもの武志の仕事である。
 
しばらくはおばあちゃん孝行もできなくなるのだ。
 
武志は優しい。
 
翌日、武志はあわただしく京都へ出かけた・・・と思ったらすぐに戻ってきた。
 
言い忘れたことがあるのだ。
 
明日からマツの布団を頼むと言ったのだ。
 
喜美子に向かって。
 
明日からの布団のことを謝った。
 
マツに向かって。
 
喜美子は追いかけて、はなむけの言葉を口にした。
 
どんなことでも楽しめと。
 
武志は、喜美子の顔をしみじみと見つめた。
 
そして、何かを口に出そうとした瞬間、喜美子は武志をせかした。
 
想いがこみあげて来たのかもしれない。
 
声がふるえていた。
 
しかし武志は口に出した。
 
喜美子に感謝の言葉を。
 
 
 
喜美子は、八郎からの送金を貯めていた。
 
武志の学費にするために。
 
今回はそれを使った。
 
喜美子は電話した。
 
お礼を言うために。
 
番号は、マツが教えてくれた。
 
ダイヤルを回した。
 
何年ぶりだろう、八郎と話すのは。
 
呼び出し音が鳴る。
 
出た!
 
・・・しかし女の声だった。
 
 
 
作業場に照子が来た。
 
なにやら野菜をいっぱい持ってきた。
 
自宅で菜園を始めたらしい。
 
照子は、礼を言ったかと聞く。
 
喜美子は、照子に何でも話す。
 
しかし、喜美子の言葉に凍りつく。
 
八郎に女がいると言ったのである。
 
照子はあわてて野菜の話に戻す。
 
そして、出て行くふりをする。
 
喜美子は引き留めない。
 
べつに慰めて欲しいわけではない。
 
いて当然だ。
 
離婚してから何年も経つ。
 
照子が戻ってきて尋問が始まった。
 
いかにも冷淡に女が話し出したと言う。
 
しかし、よく聞いてみると笑い話だ。
 
喜美子は、留守電の声を勘違いしたのである。
 
「ピー」を聞いてくしゃみが出たと言う。
 
本気で怒っていた。
 
照子は内心喜んだ。
 
これは、井戸端会議の話題になりそうだ。
 
 
 
妹たちが遊びに来ていた。
 
留守電は、格好のからかいネタになってしまった。
 
喜美子は、照子の話を信じられず話してしまったのだ。
 
次は本物がでるぞと。
 
お礼はしっかりしなければいけない、と百合子が言う。
 
直子はそれもからかった。
 
百合子が洋菓子を切ってきた。
 
「サニー」もメニューが充実したようだ。
 
それとも練習台か?
 
直子が飲み物を淹れようとした!
 
あの直子が、それぞれの好みを聞く。
 
みんなが、笑い話のネタが増えたと内心喜んだ。
 
どうやら、直子夫婦は羽振りがいいらしい。
 
各地に旅行をしている。
 
しかも、みんなが冗談で言った、うな重を鮫島が注文してくれた。
 
もちろん、支払いも。
 
喜美子までが、「鮫島~」と感謝した。
 
 
 
その鮫島は、いい気分で茶の間で寝ていた。
 
縁側では姉妹が話している。
 
しかし、話題が尽きた。
 
マツが参戦した。
 
いきなり縁起でもないことを言い出す。
 
自分の理想の死にざまを話しだしたのである。
 
こうやって、みんなと仲よく話しているときにと言ったのである。
 
そんなことを言いながらも、マツは幸せそうだった。
 
編んでいるセーターも袖を付ければ完成だ。
 
あるいは、ベストかもしれない。
 
色は、スカーレットだった。
 
 

スポンサーリンク

スカーレット第109話の感想

武志もとうとう大学生になりましたね。
 
喜美子は、幸せに慣れていないせいでしょうか?
 
留守電を間違えるなんて、笑い話ですよ。
 
むしろ、女のひとがでたら、元妻ですくらい言えるくらいになればいいのに、と私は思いました。
 
武志も、心配いらないと思いますよ。
 
素直に育っています。
 
肩肘はらずに、楽に生きれば良いのにと思います。
 
直子の半分も。
 
 
 
一番幸せに縁遠そうだった直子が、一番輝いて見えました。
 
この輝きがいつまでも続くよう、祈っています。
 
 
 
久しぶりの縁側トーク、いいですね。
 
マツもそろそろ常治が恋しいのでしょうか。
 
まだ、早いですよ。
 
もう少し・・・

スポンサーリンク

スカーレットを見逃した!見逃し配信を視聴する方法

スカーレットを第1話から最新話までリアルタイムで見たいと思っていたのに、見逃してしまった方もいるのではないでしょうか。
 
 
朝という時間帯は忙しい人も多く、見忘れてしまうこともあると思います。
 
 
でも、安心してください!
 
 
スカーレットを見逃してしまった方のために、見逃し配信を視聴する方法について、まとめたので、見てみてください。
 
 

 
 
再放送やダイジェスト放送などもあるので、見逃した場合は、参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました