スポンサーリンク

スカーレット第70話ネタバレ感想!常治は何を隠している?

連続ドラマ

12月19日、NHK連続テレビ小説「スカーレット」の第70話が放送されました。
 
 
それぞれ10個ずつ作った珈琲茶碗を納品して、喜美子は自分の陶芸作品が売れたことに喜びを爆発。陶芸展に出品する八郎の作品も完成する。喜美子は2人の結婚条件の入賞は間違いないと確信して、早くも結婚後の生活に思いを巡らせる。その様子を眺める常治にはある秘密の計画が。
 
 
この記事では、12月19日放送の第70話のネタバレ感想について、お伝えいたします。
 
 

スポンサーリンク

前回までのあらすじ

コーヒーカップ造りもいよいよ佳境に入った。
 
取っ手を付け、受け皿も完成した。
 
素焼きを済ませてまず十代田の造ったカップに施釉し、本焼きに入った。
 
あとは神頼みである。
 
そして、喜美子のカップを点検した十代田の表情が曇った。
 
喜美子の造ったうちの2個が割れてしまう可能性があると十代田が言った。
 
喜美子はあわてたが、もう手遅れである。
 
忠信は寛容に許してくれた。
 
そして、喜美子の造ったカップの代金を請求することで合意した。
 
十代田は、開店の祝儀として無償で提供するつもりだったため、喜美子を責めた。
 
しかし、喜美子が言うには大野家全員の意志だということだった。
 
 
 
喜美子は割れてしまう可能性があるのならと、喜美子が造ったカップだけ絵付けをすることにした。
 
陽子はそれを若い女性専用にするという。
 
喜美子がデザインを描いているあいだ、十代田は将来の計画を立て始めた。
 
しかし、十代田は、計画にはないある行為をしようとしていた。
 
 

スポンサーリンク

スカーレット第70話のネタバレあらすじ

十代田が、口づけの時期を貴美子に尋ねた。
 
喜美子は驚いて振り向いた。
 
いつだろうと貴美子が悩んでいたところへ十代田が近づいてきた。
 
喜美子は十代田が顔を近づけてきたときに、アイデアが浮かんだ。
 
カップの中に絵を描くというのだ。
 
十代田は同意したが、衝動はそれでおさまるわけではなかった。
 
喜美子のファーストキスだった。
 
幼い頃の照子とのことを除けば。
 
 
 
十代田のカップの窯出しは無事に終わり、いよいよ貴美子のカップの番だった。
 
電気窯に並べ、蓋を閉め、スイッチを入れた。
 
十代田のときと同じように、ふたりは窯神様に手を合わせた。
 
焼きあがった貴美子のカップのうち2個は縁の部分にひびが入っていた。
 
十代田の言った通りだった。
 
落胆する貴美子に、反省はあとだと言った。
 
窯出しが終わり、十代田は貴美子をほめて頭をなでた。
 
喜美子は絵付けの難しい茶だまり(底の部分)に花の絵を描いたのだった。
 
 
 
新装したカフェにはなんとアルファベットで『SUNNY』と大きな看板が出ている。
 
忠信は十代田の造ったカップをベタ褒めしている。
 
隣りのボックスでは、喜美子と陽子が価格交渉をしている。
 
売り手の貴美子が値下げを提案する変な交渉だった。
 
忠信は十代田のカップでコーヒーを淹れると言った。
 
陽子は貴美子のカップで頼むと言った。
 
「若い」女性に出すと言っていたにもかかわらず、陽子は貴美子のカップが気に入ったようである。
 
忠信と陽子は上機嫌で、喜美子と十代田を送りだした。
 
陽子は貴美子に、信作とよし子がダメになったと伝えた。
 
ダメになった人数を聞いて、喜美子は驚いた。
 
 
 
帰り道、十代田は貴美子にカップ代の金額を尋ねた。
 
十代田が金額を知りびっくりした。
 
そして、貯金箱に入れようと言った。
 
喜美子も同意して、喜びを体で表現して周辺を走りまわった。
 
子どものように・・・
 
 
 
十代田の出品作が出来上がった。
 
喜美子が敏春の評価をもらおうと作業場へ出かける準備を始めた。
 
常治が早く帰って来るなと妙なことを言う。
 
百合子も映画を見に行かせたらしい。
 
喜美子が不審に思うと、マツが絶妙なタイミングで当落の発表はいつかと聞く。
 
喜美子は、発表は3月末で、決まったらすぐに結婚をすると言う。
 
そして、しばらく会社の寮に住むと言った。
 
常治は、この家に住む約束だと言ったが、喜美子は部屋が無いので無理だと言って出かけた。
 
 
 
喜美子が出かけると、常治は大野雑貨店の改装を手掛けた大工を呼び、増築の相談をした。
 
どうしても、喜美子たちを住まわせたいようだ。
 
その大工は3月末だと工程が厳しいと答えた。
 
そのうえで、倍額出すつもりなら、人手を増やして何とかできるかもしれないと答えた。
 
常治は、川原運送のトラックを売って、長距離トラックの運転手になろうとしていたのである。
 
マツが心配した。
 
常治は会社勤めが苦手だからだ。
 
そして、年齢的な体力の衰えも心配した。
 
しかし、常治は大丈夫とばかり筋力を見せつけようとした。
 
ダメだった。
 
 
 
そのころ、信作は作業場の床に座り込んでいた。
 
十代田の作品をいち早くみたかったからだ。
 
しかし、よし子との別れのシーンが頭に浮かんだ。
 
酒を顔にかけられたことを思い出し、頭をかかえた。
 
うしろから悪魔が声をかけた。
 
喜美子である。
 
喜美子は、陽子から聞いたばかりのよし子の話をした。
 
しかも、信作が今まで付き合ってきた人数まで言い当てた。
 
喜美子は含み笑いをしながら、照子と自分だけは信作を愛していると気持ち悪いことを言う。
 
そこへ、照子が子どもを抱いてあらわれた。
 
照子は信作にも抱かせてやると言い、子どもを放り投げる。
 
信作はあわてて抱きとめたが、毛布を丸めたものだった。
 
ここにも悪魔がいた。
 
 
 
信作が十代田に泣きつくと、十代田が子どもをあやすように慰めた。
 
照子は貴美子に出産すると夫婦関係が変わると言った。
 
喜美子が詳しく聞こうとすると、そこへ敏春があらわれた。
 
みんなが立ち上がって敏春をむかえた。
 
照子を除いて。
 
敏春が十代田に作品を見せてくれと言った。
 
そう言ってから初めて照子に気づいたふりをする。
 
照子と敏春は他人の前で言い合いをはじめた。
 
結局、照子は自分の意見を通した。
 
十代田が持ってきた作品に、みんな心を奪われた。
 
見事な赤色の大鉢だった。
 
モチーフは、喜美子だった。
 
 

スポンサーリンク

スカーレット第70話の感想

良かったですね。
 
作品もコーヒーカップも満足できるものができて。
 
宗一郎は貴美子に向けて世界が広がると言ったのですが、十代田の世界も広がりました。
 
あとは展示会を待つばかりですが、きっと大丈夫でしょう。
 
 
 
これで、不幸なのは信作だけですね。
 
喜美子のことをミッコーとか、からかっているからそんなことになるのでは。
 
 
 
常治も気が早いですね。
 
長距離なんて大丈夫でしょうか?
 
そして、少し結婚を待ってもらえば、倍額払わなくて済むのに。
 
まあ、父親としての、おとこ気を見せたいのでしょうが。

スポンサーリンク

スカーレットを見逃した!見逃し配信を視聴する方法

スカーレットを第1話から最新話までリアルタイムで見たいと思っていたのに、見逃してしまった方もいるのではないでしょうか。
 
 
朝という時間帯は忙しい人も多く、見忘れてしまうこともあると思います。
 
 
でも、安心してください!
 
 
スカーレットを見逃してしまった方のために、見逃し配信を視聴する方法について、まとめたので、見てみてください。
 
 

 
 
再放送やダイジェスト放送などもあるので、見逃した場合は、参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました