スポンサーリンク

スカーレット第69話ネタバレ感想!初めてのキスはいつ?

連続ドラマ

12月18日、NHK連続テレビ小説「スカーレット」の第69話が放送されました。
 
 
喜美子は徹夜で10個の珈琲茶碗を作り上げる。初めての作陶に喜びを覚える喜美子は、八郎が作った分と併せて仕上げの作業を進め、最後の工程に入る。無事、茶碗が焼き上がるよう祈りつつ、完成を待つことに。肝心な陶芸展へ向けた作品作りはまだこれからだが、2人は結婚後の想像を膨らませる。
 
 
この記事では、12月18日放送の第69話のネタバレ感想について、お伝えいたします。
 
 

スポンサーリンク

前回までのあらすじ

忠信に許可をもらった十代田は貴美子にカップを造らせてみた。
 
電動ロクロを使わせてみたのである。
 
案の定、喜美子にはまだ使いこなせなかった。
 
結局、十代田が電動ロクロ、喜美子が手回しロクロで、仲良く半数ずつ製作することになった。
 
しかし、その手回しロクロでも、形をそろえることは容易ではなかった。
 
マツが電話を受けたとき、常治は直子と口論の最中だった。
 
直子が昇進したということで、常治は譲歩した。
 
しかし、常治の心配は貴美子のほうが重大だった。
 
作業場で、朝まで十代田と一緒にいるということだった。
 
常治は、夜食を届けようとするマツに、静かに行って様子を見て来いと伝えた。
 
マツが作業場へ行ったときには、十代田は床で熟睡していた。
 
そして、喜美子がひとりで器を造っていた。
 
 
 
夜が明け、喜美子は10客すべてを造り終えた。
 
十代田が目を覚ました。
 
 

スポンサーリンク

スカーレット第69話のネタバレあらすじ

今日はいよいよ素焼きの日。
 
本体に取っ手が付けられ、受け皿も出来上がった。
 
喜美子は、十代田の髪の毛を見て、冗談を言う余裕もできた。
 
十代田は、直子に会えなかったことを残念がっていた。
 
直子も同様で、喜美子が仕方なく十代田の絵を描いてやったと言う。
 
期待しながら見た十代田は、あまりにも簡単に描かれた絵を見て悲鳴をあげた。
 
 
 
・・・作業場の窓からは、雪がちらついているのが見えた。
 
カップは素焼きを終えて、まず十代田の造ったカップに施釉し、電機窯に入れられた。
 
本焼きをするのである。
 
十代田は、もうこれ以上なにもできない、神頼みするだけだと言った。
 
ふたりは、うまく焼きあがることを祈って手を合わせた。
 
十代田のカップが焼きあがるまでのあいだにもやることはあった。
 
喜美子のカップに施釉することだ。
 
十代田は貴美子のカップを見まわして、1個手に取ってみた。
 
電灯にあててしっかりとみる。
 
そしてもう1個これまた真剣に見る。
 
喜美子が気になって、何か問題があるのかと十代田に聞いた。
 
十代田は渋ったが、喜美子に責められて言わざるを得なくなった。
 
十代田は手に取った2個が割れる可能性があると言った。
 
喜美子があせりだし、今から造ると言った。
 
十代田は、喜美子にあとは神頼みしかないと言った。
 
大丈夫だと思って焼いても失敗することはある。
 
十代田は焼き物を造るということはそういうことだと貴美子に教えた。
 
待つ時間は、心配するより期待して待っていろとも言った。
 
しかし貴美子の不安は消し去れなかった。
 
喜美子は、忠信に連絡をしに行くと言い、出口に向かった。
 
十代田はまだ早いと思っただろうが、ただそのうしろ姿を見送るしかなかった。
 
そして、喜美子の造ったカップをまた手に取った。
 
 
 
喜美子が電話を終えて戻ってきた。
 
忠信は2個割れても問題ないと言う。
 
十代田が貴美子のいない間に、何かを描いている。
 
先ほどの十代田の顔の下に貴美子の絵を描いていたのである。
 
それを見て、やっと貴美子に笑顔が戻った。
 
喜美子が自分に話がありそうなので、十代田がそれは何かと聞いた。
 
喜美子は十代田に向かいあって腰かけた。
 
喜美子の話によると、忠信が値段を尋ねたという。
 
喜美子は十代田が決めたとおり、祝儀だから不要と答えた。
 
しかし忠信をはじめ、大野家のみんなが強硬に反対したと言う。
 
結局、喜美子が造ったぶんだけ、おカネをもらうという折衷案になったと言う。
 
喜美子は、十代田に相談せずに決めて悪かったと謝罪した。
 
十代田はかたい表情でそれ聞いていた。
 
喜美子は重ねて謝罪した。
 
 
 
十代田は貴美子のほうに向きなおり、一緒になっても家計はすべて貴美子に託すと言った。
 
ふたりとも、やっと笑顔になった。
 
すると、喜美子がデザイン画を描きだした。
 
もし割れてしまったら迷惑をかけるので、花の絵付けをするということだった。
 
陽子が、喜美子のカップは若い女性向けにと言ってくれたそうだ。
 
喜美子はデザイン画を描くので、先に握り飯を食べてくれと十代田に言った。
 
十代田は待っていてくれた。
 
喜美子は出来上がりが心配なので、元気づけてくれと言った。
 
十代田は、必ず展示会に入選し、その作品の発表会をやりたいと夢を語った。
 
喜美子は、ふたりの絵を描いた画帳にそれを書いてくれと言った。
 
十代田は調子に乗って、その翌月には結婚だと言った。
 
喜美子はそれも書いてくれと言った。
 
十代田が式場のことを口にすると、喜美子はあまり乗り気ではなく、十代田は常治に相談だと言った。
 
その前に十代田が自分の姉に相談だと言うと、貴美子ははじめてデザイン画から顔を上げ、振り返って十代田を見た。
 
喜美子はそれを聞き、また萎縮した。
 
固い話はやめにして、十代田は将来ふたりで工房を作り、自分たちの窯を持つとまた夢を語り始め、喜美子はそれも書いておけと言った。
 
喜美子が子供の数を8人とか突拍子もない話をする。
 
十代田は男女ひとりずつと記入した。
 
ふたりで、目標をかならず達成しようと誓い合った。
 
しかし、十代田が計画にはないことをしようとしていた。
 
 

スポンサーリンク

スカーレット第69話の感想

十代田も、思い切ったことをしようとしていますね。
 
喜美子が、十代田を挑発するから悪いのですよ。
 
一緒に寝たいなんて。
 
なんか、間が悪そうだから前に抱き合っていたときに常治に見られたように、誰かが来るのでは、とハラハラしますね。
 
 
 
2個割れそうだというのに、十代田は落ち着いていますね。
 
まさか、喜美子が忠信に連絡したときに何かしたのではないでしょうね。
 
こんなこともあろうかと、あらかじめスペアを造っていたとか。
 
もし、そんなことがバレたら大変ですよ。
 
全部きれいに焼きあがるように、私も窯神様にお祈りしています。
 
 
 
そうそう、十代田はこれから姉に連絡するのですか?
 
何か、もめごとがおきなければ良いのですが。
 
常治と。

スポンサーリンク

スカーレットを見逃した!見逃し配信を視聴する方法

スカーレットを第1話から最新話までリアルタイムで見たいと思っていたのに、見逃してしまった方もいるのではないでしょうか。
 
 
朝という時間帯は忙しい人も多く、見忘れてしまうこともあると思います。
 
 
でも、安心してください!
 
 
スカーレットを見逃してしまった方のために、見逃し配信を視聴する方法について、まとめたので、見てみてください。
 
 

 
 
再放送やダイジェスト放送などもあるので、見逃した場合は、参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました