スポンサーリンク

スカーレット第67話ネタバレ感想!東京から直子が帰ってくる

連続ドラマ

12月16日、NHK連続テレビ小説「スカーレット」の第67話が放送されました。
 
 
正月、川原家に東京で働く直子が帰ってくる。喜美子は久しぶりの再会もそこそこに、陶芸展に出品する作品作りに励む八郎を手伝うため会社へ。陶芸展での八郎の入選が、常治の出した結婚を認める条件。しかし、期限が迫る中、八郎の創作は思うようにはかどらない。
 
 
この記事では、12月16日放送の第67話のネタバレ感想について、お伝えいたします。
 
 

スポンサーリンク

前回までのあらすじ

十代田の作品が焼きあがり、まず敏春に見てもらった。
 
敏春は批評する前に、作業場は休日や年末年始にも使って良いと答えた。
 
この出来栄えでは落選するからだという。
 
十代田は、自分でも感じていたが、やはりそうかと落胆した。
 
 
 
雑貨店から模様変えしたカフェのなかから、喜美子の知らない女性が出てきた。
 
その女性は、陽子と信作に挨拶して、帰ろうとした。
 
その前に、信作に体をよせてセーターのゴミを取った。
 
その姿を目撃した貴美子は信作をからかった。
 
一緒に来た十代田を陽子は大喜びでもてなした。
 
その理由は十代田に業務用のカップを造ってもらいたかったためだ。
 
貴美子は、運ばれてきた湯のみを十代田が造ったとそのとき知った。
 
十代田は照れくさそうにしていたが、喜美子はうれしかった。
 
しかし、造って欲しいと言われた数に驚いた。
 
15客も欲しいと言うのだ。
 
貴美子はやんわり断ろうとしたが、十代田は引き受けてしまった。
 
 
 
貴美子は作業場に帰ったあと、自分が断って来ると言った。
 
しかし、十代田は作品もコーヒーカップも造ると宣言した。
 
 

スポンサーリンク

スカーレット第67話のネタバレあらすじ

今日は元日。
 
直子が帰って来た!
 
川原家のしめ飾りを見た直子は声をあげて驚いた。
 
玄関の戸を開け、元気に挨拶した。
 
次の汽車だと聞いていたので、喜美子たちは驚いた。
 
さらに、手ぶらではないことを貴美子がからかった。
 
マツが駅から知らせてくれれば良いのにと言い、直子はそれに対して呼び出しを頼んだらその前に到着してしまうと言った。
 
常治が直子に残念な報告があると言うと、直子はカネがないのかと早合点した。
 
しかし、次の報告は直子をもっと驚かせた。
 
ふすまを開くと電話機がそこにあった。
 
 
 
百合子から、箸置きが貴美子の造ったものだと聞いて直子は感心した。
 
直子に聞かれて喜美子は、陶芸は修行期間が長いから無理だと答えた。
 
話はもっぱら十代田のことだったが、食事が出来た頃合いを見計らって常治が出てきた。
 
直子は久しぶりの川原家の味に舌鼓を売った。
 
しかし、喜美子だけは箸をつけない。
 
新年早々、喜美子は作業場へ向かった。
 
 
 
作業場に忠信が来て、カップの意匠を選んでいる。
 
2案のどちらにするか迷いに迷っている。
 
決めかねている忠信に十代田が両方造ると言い出した。
 
どうせ一度には造れないからと。
 
忠信が製作費はしっかり請求してくれと言った。
 
十代田が何か言いかけたが、喜美子がしっかり請求すると言った。
 
忠信は直子や電話のことにも触れながら、機嫌よく帰って行った。
 
喜美子は十代田に文句を言った。
 
なにしろ2種類、各10客に増えたからである。
 
しかも十代田は、代金を請求しないと言い出した。
 
貴美子は、十代田との溝を感じ、暗い顔をした。
 
自宅から持ってきたみかんの包みから1個取り出す。
 
 
 
貴美子は意を決して、十代田に言った。
 
いくら、開店の祝儀と言っても、無料で大量のカップを造るのはおかしいと言った。
 
休日に作業場を借りている謝礼や材料費を考えたら、喜美子にとってはとんでもないことだった。
 
しかし十代田は、自分は半人前だから代金を受け取れないと言ってゆずらない。
 
貴美子は仕方なくあきらめたが、十代田は笑った。
 
気が強いところも貴美子の魅力だと言った。
 
貴美子は怒って、みかんを投げつけた。
 
十代田は軽く受け止めて、なだめようとした。
 
しかし、喜美子は衝撃的なことを告げた。
 
常治は、今度の展示会に入選しなかったら、十代田との結婚も陶芸も認めないと貴美子に言っていたのである。
 
喜美子がそのことを伝えると十代田は急にうろたえ始めた。
 
そんな十代田の様子を見た貴美子は、落選しても次回がんばれば良いと考えていたのではないかと、十代田の痛いところをついた。
 
あせっている十代田に、喜美子はカップを自分が造ると言い出した。
 
十代田は技術的に無理だと言った。
 
深野が、基本が重要だと教えなかったかと言う。
 
そう言われては、喜美子も口を閉じるほか無かった。
 
 
 
十代田が、電動ロクロで次々と器体を造りあげていく。
 
目を貴美子に向けると、喜美子が涙ぐんでいるのが見えた。
 
十代田は手を止めて貴美子にどうしたのか聞いた。
 
喜美子は十代田が言う通りだと分かっていた。
 
分かってはいたものの、自分が何の助力もできないことが恨めしかった。
 
 

スポンサーリンク

スカーレット第67話の感想

喜美子の涙は、単純に十代田を助けてやりたかっただけなのでしょうか?
 
もしかして、喜美子は自分自身の創作意欲に火がついたのではないでしょうか。
 
むかし慶乃川が言っていたように、陶工ではなく陶芸家になりたいと思いはじめているのかもしれません。
 
絵付けを否定するわけではないですが、火鉢の場合は造形までは量産化されているものです。
 
いわば製品です。
 
しかし、陶土から造形し施釉、焼成となると、そこで作品となるわけです。
 
陶工から陶芸家になるわけです。
 
何も展示会に入選した人のみが陶芸家ではありません。
 
出来上がった焼き物が売れて、生計が立てられて初めて陶芸家と言えるのです。
 
その意味で、十代田が無料で忠信たちに譲ることは、私は貴美子同様、賛成ではありません。
 
いっぽう、喜美子が造るということは、十代田同様、私は賛成ではありません。
 
なにしろ十代田が請け負った仕事(?)なのですから。
 
いずれにしても、喜美子と十代田の溝が深まらないように、ただただ祈るのみです。
 
 
 
・・・常治は、本当に今回落選したらあきらめろと言ったのでしょうか。

スポンサーリンク

スカーレットを見逃した!見逃し配信を視聴する方法

スカーレットを第1話から最新話までリアルタイムで見たいと思っていたのに、見逃してしまった方もいるのではないでしょうか。
 
 
朝という時間帯は忙しい人も多く、見忘れてしまうこともあると思います。
 
 
でも、安心してください!
 
 
スカーレットを見逃してしまった方のために、見逃し配信を視聴する方法について、まとめたので、見てみてください。
 
 

 
 
再放送やダイジェスト放送などもあるので、見逃した場合は、参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました