スポンサーリンク

スカーレット第61話ネタバレ感想!常治が八郎にパンチ!

連続ドラマ

12月9日、NHK連続テレビ小説「スカーレット」の第61話が放送されました。
 
 
精一杯の思いを伝えた喜美子が八郎に抱きよせられたところを常治に目撃され、怒った常治が八郎を殴り飛ばしてしまう。喜美子は懸命に八郎への思いや陶芸のことを説明しようとするが、常治はまともに話を聞いてくれない。すると、信作の手引きで、喜美子は八郎の住まいを訪ねることに。
 
 
この記事では、12月9日放送の第61話のネタバレ感想について、お伝えいたします。
 
 

スポンサーリンク

前回までのあらすじ

やっと見学ではなく、造形をさせてもらえることになった貴美子は、造りながらも十代田の顔を盗み見していた。
 
十代田も貴美子の顔を見たりもしていた。
 
作業が終わって、喜美子が持っている古い陶片の話をすると、十代田はぜひ見せてくれと言う。
 
 
 
翌日、喜美子は十代田を自宅へ案内した。
 
自宅にはマツだけがいた。
 
マツは上がるよう勧めたが、十代田は集団見合いの日なので、すぐ失礼するからと、土間から上がるのを遠慮した。
 
貴美子は、集団見合いの日だということを失念していた。
 
十代田はマツに、良い相手がいればつきあいたいと言った。
 
貴美子が見せた陶片は、十代田が見たこともないものだったが、流れる釉薬はあとからかけたものではなく、自然に出たものだろうと言った。
 
きっと、焼成の方法に秘密があるのだろうと言った。
 
陶片を返してもらった貴美子は、これから十代田が集団見合いに行くということが気になって仕方がなかった。
 
 
 
十代田が退去したあと、喜美子はそのあとを走って追いかけた。
 
マツはその姿を見て微笑んだ。
 
 
 
貴美子は、家の近くで十代田に追いつき、好きだと告白した。
 
十代田も同じ気持ちだったので、喜美子を抱きしめた。
 
常治はその姿を見て激怒した。
 
 

スポンサーリンク

スカーレット第61話のネタバレあらすじ

貴美子が見知らぬ男と抱き合っている姿は、常治にとって衝撃だった。
 
常治は、持っていた荷物を放り出すと、奇声をあげて十代田に駆け寄り、思いっきり平手打ちした。
 
そしてすぐに貴美子の手を引っ張り、引きずるようにして自宅へ向かった。
 
貴美子は、十代田のほうを振り返り、話を聞いてくれと言ったが、運送で鍛えた常治の腕力には、とうていかなわなかった。
 
家に帰った常治は、戸を開けるなり貴美子を土間に投げ出した。
 
しかも大声でどなり合っているので、マツは貴美子に駆け寄りどうしたのかと聞いた。
 
貴美子は十代田のことを説明しようとしたが、常治は聞く耳を持たない。
 
常治は、十代田の名前をもじって口汚く罵る。
 
貴美子も同類だと言った。
 
常治は、喜美子にさっさと集団見合いに行けと言った。
 
マツが貴美子をかばったが、常治は喜美子も早く結婚して孫の顔を見せて欲しいとマツが言っていたと皮肉る。
 
貴美子は、常治が持ち出した結婚の話に乗じて反撃に出た。
 
十代田との結婚を考えていると常治に言い放ったのである。
 
それまでの常治の威勢は消失した。
 
マツが驚いて聞き返した。
 
貴美子は、十代田は女性とは結婚を前提とした交際しかしない真面目な男だと教えた。
 
常治は、何かを言おうとするが、言葉がでてこない。
 
喜美子は、陶芸家になるため必死になっている十代田の姿に感銘を受けて結婚したいと思ったと常治に言う。
 
そんな貴美子を誇らしげに見つめたマツだったが、常治のほうを見ると常治は顔をそむけた。
 
先ほどまでの威勢はどこへやら、常治の口調は友達っぽいものに激変した。
 
あれほど貴美子に迫っていた結婚もしなくていいと言う。
 
結婚しない約束も持ち出したあげく、幼い頃の話までし始めると、土間から茶の間へ上がった。
 
マツが追いかけて、何を言ってるのかと聞いたが、常治は自分の気持ちを説明できなかった。
 
ただ、喜美子の結婚は許さないと言った。
 
そこへ、百合子が常治の分の荷物も抱えて帰宅した。
 
まだ土間にいた貴美子に百合子が話しかけた。
 
 
 
いっぽう十代田の部屋では、信作が布団を敷き始め喜美子と出会った頃の話を始めた。
 
十代田が疑問を口にすると、信作は態度が大きくなり、向かい合って話を始めた。
 
貴美子の幼い頃のことを教えてやるのだと。
 
信作はまず自分に友達がいなかったことから話した。
 
しかし貴美子は出会ったときから友達扱いをしてくれたと言う
 
信作は自分が小心者から抜け出し外交的になったきっかけは、自分の祖母が亡くなったときに度胸を決めたと言った。
 
そして、十代田のこの部屋に貴美子が来ると告げた。
 
十代田は、絶対にだめだと抵抗したが、喜美子は来てしまった。
 
信作が貴美子を招き入れ、十代田がケガをしたから看病してやれと伝え、自分は集団見合いに行くと宣言した。
 
しかし、余計なことを言い出したため、喜美子は信作を追い出した。
 
 
 
十代田は礼儀を正そうとしたが、ケガをした足が痛かった。
 
追いかけて常治に謝罪しようとしたときにケガをしたらしい。
 
どうやら口元もはれているようだ。
 
追いかけようとした十代田を、常治の性格を知りぬいている信作がとめたらしい。
 
常治への謝罪も結婚もしなくてもいいと言う貴美子に十代田はなぜなのかと聞く。
 
貴美子は話をそらそうと十代田の足を冷やさなくては、と部屋を見渡した。
 
すると、掛け軸の絵と額に入れた貴美子の絵が目に入った。
 
ならんで掛けてある。
 
貴美子は掛け軸が深野の絵と聞き赤面した。
 
十代田は良い絵だと言い、もとの結婚の話に戻そうとした。
 
それでも話をそらそうとする貴美子に十代田はこの部屋から出てくれと言った。
 
会社から借りている部屋で、独身の男女が一緒にいることはできないと言う。
 
貴美子は、もう会えないかもしれない、ここにいたいと言った。

スポンサーリンク

スカーレット第61話の感想

常治は、あれだけ貴美子の見合いにこだわっていたのに、現実に結婚の話になると、反対するのですね。
 
今までの見合いの話も、どうせ喜美子が破談にするだろうと心の奥では思っていたことなのでしょう。
 
常治も親らしい面ももっていたのですね。
 
貴美子が可愛くて仕方がないのでしょう。
 
 
 
一見、無謀な試みのようにも見えますが、私は名案だと思いますよ。
 
妹たちは嫁に行ってしまうのに、毎回もめるようでは困るでしょう。
 
常治にも、いいかげん子離れを体感してもらわないといけません。
 
 
 
ただ、会社に借りてもらっている部屋というのはまずいですね。
 
う~ん、やっぱりふたりで常治に会いに行くしかないのですかね。
 
マツが、私たちも駆け落ちでしょとぴしりと言ってくれればよいのですが・・・無理でしょうか?

スポンサーリンク

スカーレットを見逃した!見逃し配信を視聴する方法

スカーレットを第1話から最新話までリアルタイムで見たいと思っていたのに、見逃してしまった方もいるのではないでしょうか。
 
 
朝という時間帯は忙しい人も多く、見忘れてしまうこともあると思います。
 
 
でも、安心してください!
 
 
スカーレットを見逃してしまった方のために、見逃し配信を視聴する方法について、まとめたので、見てみてください。
 
 

 
 
再放送やダイジェスト放送などもあるので、見逃した場合は、参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました