スポンサーリンク

スカーレット第59話ネタバレ感想!男と女の痴情のもつれ

連続ドラマ

12月6日、NHK連続テレビ小説「スカーレット」の第59話が放送されました。
 
 
帰郷した直子に喜美子が事情を尋ねるも、直子は「男と女の痴情のもつれや」といら立ち、母マツにだけ真相を打ち明ける。その頃、常治は草間を連れて、飲み歩きの真っ最中。常治は草間から「台湾に行く」と明かされる。翌日、草間は喜美子の職場を訪ね、喜美子が初めてデザインした火鉢を目にする。
 
 
この記事では、12月6日放送の第59話のネタバレ感想について、お伝えいたします。
 
 

スポンサーリンク

前回までのあらすじ

片思いの恋に終わり、恋愛経験のない貴美子は、悲しいかな十代田の言う結婚を前提とした付き合いの意味が分からなかった。
 
しかし、十代田も一度は断ったものの、恋愛ぬきの見学を許した。
 
 
 
いっぽう大野雑貨店はいったん閉店し、喫茶店として改装することになった。
 
これで閉店かと忠信と陽子は物思いにふけっていた。
 
そこへ、どんな名目でも飲みに行きたい常治が、忠信を誘いに来た。
 
ふたりが子供のようにじゃれ合っているところに、宗一郎があらわれた。
 
しかも、直子を連れて。
 
喜美子が帰ったときには、直子はまだ夕方だというのにもう寝ていた。
 
 
 
結局、宗一郎もいつもの酒場で常治と忠信との旧交を温めることとなった。
 
そこへ、草間流柔道の教え子たちが集まって来た。
 
なんと身重の照子までが、敏春を連れてあらわれた。
 
 
 
そのころ常治の留守宅では、直子が目を覚まして空腹を訴えた。
 
喜美子が食事を作り始めたが、直子の様子が気になった。
 
 

スポンサーリンク

スカーレット第59話のネタバレあらすじ

起きてきた直子は、久しぶりに味わう貴美子の手料理に何杯もおかわりをした。
 
そして、常治がでかけている間に事情を説明すると言った。
 
しかし、おとなの話だから、百合子は奥の部屋に引っ込めと言った。
 
喜美子に促され、百合子はふくれっつらをして奥へ行った。
 
驚いたことに貴美子も奥へ引っ込めと言う。
 
直子は、喜美子も分からない男女間の話だと言った。
 
仕方なくマツひとりを残して、貴美子も退出した。
 
奥の部屋ではふすまのそばで百合子が聞き耳をたてていた。
 
百合子は、にんまりと笑い貴美子の場所を示した。
 
 
 
直子が好きになったのは、職場の指導係だった。
 
最初に好きになったきっかけは、直子が苦戦していた仕事の段取りを粘り強く丁寧に教えてくれたことから始まった。
 
そして上手にできるようになったらほめてもくれた。
 
マツは、それは指導するのが仕事だからと言った。
 
直子はむきになって、自分だけ特別に映画に誘ってくれたと言った。
 
だんだん直子の声が大きくなり、奥の部屋で盗み聞きをしている貴美子も笑みをうかべながら聞き入る。
 
直子は、面白くない映画だったので、眠ってしまった。
 
上司の肩にもたれて。
 
喜美子たちが盗み聞きしたところによると、直子が目を開けたら上司が顔をのぞきこんでいたので、どこかにキスをしたと言う。
 
喜美子と百合子が、顔のどこなのか互いに指さしては赤面する。
 
直子はその上司には恋人がいて、自分のことは妹としか見てくれないと言った。
 
それを知っているにもかかわらず、直子は好きになったのだった。
 
そして職場の誰かに、直子は子供のくせに、と罵られたようだ。
 
マツは直子に寄り添い、直子をむしろ正直で人を想う心を大切にした、とほめた。
 
直子は、お茶を一気に飲み干すと、気が晴れたから帰京すると言い出した。
 
そのあっさりとした態度にマツは驚いた。
 
そして母娘は顔を見合わせて笑った。
 
奥の部屋で盗み聞きをしていた姉妹も声を殺して笑った。
 
 
 
常治と宗一郎はふたりで酒場を出た。
 
いつものように常治は千鳥足だった。
 
その常治に、宗一郎は台湾へ行くと言った。
 
常治はすっかり酔いがさめて聞きなおした。
 
宗一郎は、旅立つ前にこの町に来たかったと言う。
 
たまたま直子の件で来ることができて良かったとも言った。
 
常治は、宗一郎に貴美子の火鉢を見てやってくれと頼んだ。
 
 
 
翌朝、喜美子は宗一郎を工房に案内し、喜美子が図柄を考えた火鉢を見せた。
 
宗一郎は、その火鉢にみとれた。
 
喜美子は絵画も好きだが、連続文様も好きだと言った。
 
宗一郎は、喜美子は創造が好きなのだねと感想を言った。
 
喜美子は、お茶をいれながら、同じ焼き物でも絵付けばかりではなく、造形も習っていると言った。
 
自分の世界を広げたいと言った。
 
宗一郎は、喜美子に集団見合いのことを尋ねた。
 
喜美子がため息をつくと、宗一郎は自分の妻の食堂へ行ったときの話をした。
 
結果的には他人に譲ることになったが、宗一郎は好きになったことを悔やんではいないと話した。
 
好きな人と出会って世界が広がったからだと言う。
 
その言葉は貴美子の心に刻まれ、宗一郎は直子を伴ない帰京した。
 
 
 
十代田は、喜美子が見学と言いつつ自分の顔ばかり見ていることが気になり集中できない。
 
そこで、喜美子にも作業をさせることにした。
 
十代田はまずは荒練りから、体を使って教え始めた。
 
さらには、ロクロまで教え始めた。
 
 

スポンサーリンク

スカーレット第59話の感想

直子の悩みは痴情のもつれ!
 
私は、ビックリしてしまいましたが片思いだったのですね。
 
そして、かつて貴美子が経験したように「妹あつかい」されたのですね。
 
マツが受け止めてくれて良かったです。
 
安心しました。
 
 
 
これで本当にマツが言ったように、川原家で問題なのは常治だけです。
 
その常治も、喜美子の仕事ぶりには心の底では感心しているようですね。
 
なにしろ、良く頑張っていると宗一郎に言ってしまうほどですから。
 
酔って本音がでたのでしょう。
 
 
 
喜美子は宗一郎の言葉に刺激されたのでしょうか?
 
あんなに見つめて。
 
十代田が好きなのかどうなのか見極めようとでもしているのでしょうか。
 
でも、ケガの功名で見学だけではなく作業もさせてもらって良かったですね。
 
喜美子の世界が広がれば良いですね。
 
恋愛面でも。

スポンサーリンク

スカーレットを見逃した!見逃し配信を視聴する方法

スカーレットを第1話から最新話までリアルタイムで見たいと思っていたのに、見逃してしまった方もいるのではないでしょうか。
 
 
朝という時間帯は忙しい人も多く、見忘れてしまうこともあると思います。
 
 
でも、安心してください!
 
 
スカーレットを見逃してしまった方のために、見逃し配信を視聴する方法について、まとめたので、見てみてください。
 
 

 
 
再放送やダイジェスト放送などもあるので、見逃した場合は、参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました